集中してこそ発揮される潜在能力!
振り返ってみれば、うちの家族(私を除くw)の
共通点は”集中力”が
群を抜いているということだ。

たかが集中といっても本当に”集中”できるってことは
中々できない・・・

でもね、いざ!っていう時に
集中できる方って自分の持っている能力、
はままた、それ以上の”力”を発揮することが
出来るんですよね・・

会長は「トレーニングの時は一人になりたい」って
若い頃から一人ぼっちで没頭していた時代があるから
今でも集中をもの凄く大事にしています。

また、よく言われるご質問の中に
「何で息子さん、東大に合格したんですか?」って
聞かれることがあるんですが、
(※まあ、お父さんがこんなだから、
なぜ?って思う気持ちも分かるが(*_*;)

一つだけ優れていた点があるとすれば、
今やることだけに”没頭できる”能力は
幼少時からあったと思うんですよね。

例えば、今の若い方はほとんどの方が
スマホ等からイヤホンで音楽を聴きながら、
スポーツしたり、〇〇したりとか
”ながら族”っていうのかは知りませんが、
これは多く見受けられるよね。

でも、子供は何かをやりながら
他のこと(音楽に限らず)っていう
姿は一度も見たことないんですよね。

勿論、禁止していたこともありません。

会長も音楽聴きながらトレーニングするのは
「まったく集中しとらん(-_-メ)」と完全否定派です。
(※あくまでも競技者限定です!趣味で楽しく
競わない方は勿論ご自由ですw)

会長曰く、「今やるべきことに集中していたら、
他のことは完全にシャットアウトすべき」という
考えなんです。

集中したら、自分の能力が最大限に発揮されます!

子供は昔から勉強でも、ゴルフでも追い込まれ、
もう後には引けないっていう状態になったら、
もの凄い力を発揮できる能力は群を抜いていました。

要は集中することにより、潜在能力が発揮できると
いうわけなんです。

小学校の時から、授業に集中し、
先生の言われることをその都度理解し
その繰り返しを6年間、3年間、3年間やっていた結果が
そうなったということだと思います。

スポーツでもよく”ゾーン”に入るっていうこと
ありますよね。

これは集中がよい方向に発揮されると
他のことが全く気にならなくなり、今やるべきこと以外、
無になれるということに近い感覚です。

これを一度体験できた方なら、
この状態を再度体験したいから、試合に出ると
言っても過言ではありません。

本当に不思議な世界で、
自分の潜在能力が発揮できるので気持ちいいです!

もし今現在、子育て中の方で
子供様に身につけてあげるとしたら
難しいことは言わなくてもいいので、
”ながら族”の習慣は身に付けさせないようにすることです。

今、やるべきことに
脇目も振らず、没頭する!これが中々大変なんですが、
一番大切な”こと”だと思っています!

スポーツジムは広トレ!




















<<赤門軍団の快挙(^O^)/ | 基本に忠実に!なおかつオリジナルを貫く! >>