広トレ-ブログ

広島トレーニングセンター&プロショップの気になる出来事、情報、トレーニング論、管理人日記、監督のぼやき(-_-メ)(笑)・・・などを随時更新いたします。
技量とは取り組み方次第!?
今まで長い間、試合に出て来て感じることがある。

エリートレベルの試合になるほど
試合会場の雰囲気、コース内での静寂さ等の
違いに気づく・・・

これは、どういう違いかというと、
ローカル(県大会)レベルの試合では
各ティーグラウンド、グリーン上での
歓喜の声、笑い声、逆に落胆等などの声が大きく聞こえ、

昔キャディをバイトでやっていた頃の
趣味、娯楽、楽しみ、遊びといった部類に入る
雰囲気を感じる・・

逆にエリートレベルの試合に出る方は
調子良ければ、そのペースを維持するために寡黙になり、
悪い展開の時は耐えるために
これまた寡黙になるw

要は真剣に取り組めば、人は寡黙になるっていう
傾向に傾きやすいということになる・・

また、ミスや嬉しい事に一喜一憂すると
ペースを乱すことにも繫がるとも思う。

これは各種スポーツでの練習にも共通する。

勝つ意欲に溢れる方はやはり寡黙に練習し、
意識の低い方は会話をしに来ているのかw
練習をしに来ているのかが
区別が付かない取り組み方に見える。

自分が、もしなぜ?自分は成績が出ないのか?って
思っておられる方は
今一度、取り組む姿勢を見つめ直すことも必要だと思う。

やはり、練習は嘘をつかない。

但し、練習時間だけではなく、いかに集中し、
クオリティの高い時間を過ごしているのかを
考えることは大事だと思います。

やはりエリートレベルの試合は何とも言えない
雰囲気がありますし、
せっかくやるならそこで戦うことが目標であることは
間違いありませんね(^o^)/

スポーツジムは広トレ!








permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<タイトル獲って貰いたい! | 長丁場!(^o^) >>