広トレ-ブログ

広島トレーニングセンター&プロショップの気になる出来事、情報、トレーニング論、管理人日記、監督のぼやき(-_-メ)(笑)・・・などを随時更新いたします。
実力差・・
今日はゆっくりとシリーズ観戦と思っていましたら、
もう終わってしまいました(-_-)zzz

ご存知の通り、
日本シリーズはソフトバンクホークスの
2年連続9回目の日本一にて終了した訳ですが
下馬評では、もう少し接戦になるような予想でしたが

やはりこの10年の間、パリーグ球団が8回制覇。
セは巨人が2回日本一になっただけで
(実質1球団のみ)
実にパリーグチームの日本シリーズ優勝確率は
8割という事実があるのです。

その昔から人気のセ、実力のパと言われ、
最近の交流戦でも、日本シリーズでも
圧倒的にパが強いのは2つの違いがあると感じます。

まずは近年のドラフトで有力選手は
パ球団が指名権を獲得している現実があります。

その有望選手が活躍し、パの知名度が上がれば
昔のようにパリーグ球団から
指名を受けたら入団拒否し、
セの人気球団から指名を待つということも
無くなりつつありますよね。

また、もう一つはDH制の可否です。
パリーグは投手は打席に立つことがシーズン中は
全くありませんので投球に専念できますが

セでは投手が送りバントを失敗したら
翌日以降バント練習を課せられる実情があり、
やることがやたら増えw

本来、投手に要求される投球練習に
専念出来ないことになります。。
(二刀流はほんの一握りの才能の塊)

また、DHがあれば
打者ももう1人、レギュラーになれることになり、
実戦を積むことによりチームの得点力も上がり

パリーグに対抗できる投手、野手ともに
レベルアップが見込まれる気がします!

セリーグの覇者が12球団順位を付けると
2位?ではない気がするのは
この10年の日本シリーズの制覇球団が
圧倒的にパリーグであるという事実を見ても
悲しいですが頷ける気がしますね(._.)

やはり、まずは甲子園のスターはセリーグが獲り、
一刀流に専念できることも必要な気がしますが・・

スポーツジムは広トレ!












permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<少し忘れとったな(^_^;)w | プロは見てみたいと思わせること! >>