広トレ-ブログ

広島トレーニングセンター&プロショップの気になる出来事、情報、トレーニング論、管理人日記、監督のぼやき(-_-メ)(笑)・・・などを随時更新いたします。
一からやり直す!
CIMG0610.jpg
昨日のこと。
広島は梅雨に入り、昨日も雨が降り続けていた。

知人と約束があったので、目的地まで車を走らせていると
とある文字が目に入った。

“日本一●●”?(監督は今年、全国優勝をしたいのでこの文字に反応する(笑))

そう、この雨の中を自転車に乗り、走り続けている若者らしき自転車を発見。

まあ、その時はその横を通過したんですが、
何か気になって、その先で車を停め
その自転車を待つことにした。

しばらくすると、自転車が迫ってきたので、
窓から手を挙げ「ちょっといいですか?」と自転車を停めさせて
話かけてみた。

「ところで、何をしているの?」
「実は・・」

なんでも、福島から福岡まで自転車で行って
また福岡から福島を目指す途中らしいのだ。

彼の話によると「東日本大震災で家も仕事も失った多くの方は
また一から再出発をしなけらばならないですよね(;_:)」

「まあ、僕は福島に住んでいましたが
幸い被害は無く・・でも僕も一から立ちあがろうと
仕事も辞め、福島から福岡に自転車で旅をしよう」と決意したらしい。

「泊まる所は?」「公園などのテントを張ったり、ベンチなどで」
「飯は?」「何とか・・・・」
「・・・・・」
(確かに痩せとるな)

その時間、3分位の短い話だったんですが、
(約束の時間に間に合わないため)

まあ、仕事を辞めてまで、こんな旅をするということは
もちろん、震災のあった方達に対する励ましや思いはあるのでしょうが、

多分、少しばかりは人生の岐路に起っていたのかも知れませんよね。

人間関係や仕事・・家族や恋愛等
様々な思いや悩みを抱えて、人生は過ぎていくもんです。

でも、どんなに苦しくても、せつなくても
必ず助けや味方になって頂ける方はいるもんで、
そんな方がいらっしゃるからこそ、人は生きていけるのかも知れませんよね。

私は彼のやっている行動については
様々な意見が人それぞれあると思うんですが、仕事を失ったわけでもないのだから
そこまですることはないのでは・・・とか

甘いとか思われる方も、いらっしゃるのではないかと思うんですが、
なんか、陰ながら努力(努力?)するとか
誰もが出来ない行動を行う勇気というのは、私は評価してあげたいんですよね。

自分探しの旅って
誰もが出来るわけでは、ありませんよね。

だから、彼には何かを伝えたかったので
別れ際に旅の足しにしてくれ、と言って
小額ながら志を差し出した。

彼は最初は遠慮していたんですが、私が
「何か、やっぱ一生懸命に努力していたり、陰に隠れて懸命に生きていると
誰かは必ず見ていてくれるものだし、それがいずれは“信頼”とか“信用”を
勝ち取り、次第に認めてくれると思う。それまで頑張れと・・・」と

まあ、まだ27歳。
時間はたっぷりとある。

旅の思い出に、広島に変わったオジサンおったなあ・・と思ってくれるだけでもいい

おせっかいかも知れないけれども、
人生は捨てたもんでもないからね。

誰かは必ず見てくれるものだからね・・・・

頑張ってやれよ(^O^)/なあ!



permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<志を高くもって! | ●原さん・・・(*_*; >>