広トレ-ブログ

広島トレーニングセンター&プロショップの気になる出来事、情報、トレーニング論、管理人日記、監督のぼやき(-_-メ)(笑)・・・などを随時更新いたします。
スリー(3)アイアン考・・
ゴルフの日本アマチュア選手権に出場すると
某ゴルフ雑誌社が発刊する専門誌に、出場全選手のクラブが紹介される。

それは、俺っちが出ていた頃にもあったから
もう何十年も続いていると思うんですが、

今年の特集号を見ていたら、
あることに気がついたんですよね。

それはね、ベスト4に勝ち上がった4名中、3名の若手ゴルファーの
キャディバックの中に、3(スリー)アイアンが入っていたこと・・・・

また、世界アマチュアランクでもNo,1に輝く(※最新ランクは?だが)
M選手も同様に、バッグには3アイアンが入っている(^O^)/
(マキロイもタイガーもね)

実はね、今はアイアンセットというと
5~9、Pwまでの6本セットが今の標準であり、
3、4番アイアンは単品販売、もしくはユーティリティかウッド系が

その替わりをしているんですよね。

でもね、俺たちはもう古い人間なのかも知れませんが
やっぱ、3番から入っているのが
当たり前の時代だったんで、この若手達が3アイアン
(5番と変わらないモデル)を使っていることに嬉しさを感じてしまいました。

まあ、時代が違うって言われれば
それでしょうがないんですが、3番アイアンはそれなりに
物語があるんです。

あの伝説のマタドール“セべ”がゴルフを始めた時
手にしていたのが、3番アイアン。

そのクラブで、高低の球、曲がる球を駆使しながら
技術を磨いたのは有名な話だし、この間、中四国オープンで
並み居る若手を退け、9度目のローアマに輝いた

中年の星、田村選手もお父さんが
初めて渡したクラブが、レディスの3番アイアンを短く切ったもので
その後、あの?な“究極の我流スイング”を極めた・・・(笑)

(でもね、本当に不思議なもので、この1ヶ月間、海外出張で
ろくにクラブも握れず、1週間前に練習ラウンド1回しただけで
中国ジュニアやらで散々周っている白竜湖㏄で
ジュニア・学生、若手プロ達を一蹴するのは、やっぱ七不思議である・??)

余談ではあるが、
昨日の彼のトレーニング中に秘密を聞いてみたが
「クラブフェースを真っすぐに出すためには、手元は身体の中心に入れ
右手は左手より下にあるのだから、普通に構えたら右を向く。
だから、それを修正することを考えたら、
今のアドレスやスイングになったし、
物理学や力学から考えても、それでいいと思う」と・・・・・(-_-;)

(やっぱ、理科大学を出ていないとこの物理学的解説は理解し難い(@_@;))

難しいので、話を元に戻そう・・・・

そんなことで、やっぱ3アイアンは俺達世代には
欠かせないクラブなんですよね
CIMG0992.jpg
今年になって、アイアンを一新したんですけど、
やっぱ、すべてクラブは同一モデルの3アイアン。

これでワンバウンドで止まる球を打てなくなったら、
もう引退だね(本当に打てるの・・多分ね(;_;))

まあ、次代を担う若手達が
このセッティングにしてくれていたから、只嬉しかっただけなんだけど

やっぱ、身体に力を付けて
目ん玉が飛び出るような3アイアンを打てる
若手が増えることを祈りたいよね。

それが、また次世代への継承になってくれたら最高だと思う。

古き良き時代のゴルファーだからね(笑)





permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<男泣き・・・(;_;) | 来客きたる・・・・(^O^)/ >>