広トレ-ブログ

広島トレーニングセンター&プロショップの気になる出来事、情報、トレーニング論、管理人日記、監督のぼやき(-_-メ)(笑)・・・などを随時更新いたします。
箱の中・・・(笑)
内のベテラン<(_ _)>女性会員様同士の会話。

定年を迎えると、今まで仕事に行っていた旦那様が
外出するような趣味が無い限り、
家(箱)の中で過ごすことが多くなる。

そうするとね・・
今まで目に付かなかったことが、目に入るようになり
言わなくてもいい事まで、
つい、言ってしまうことが頻繁に起こるらしい・・・

で、必然的に“口喧嘩”に発展し、
非常に困るという内容だったんですよね(*_*;

確かに、普段仕事で離れているから平和な?
家庭のように見えるが、たまに,
本当に偶に・・・家に休みの日にいると、
もの凄い小言を言われることがある(;_:)

まあ、これは仕方ないことだとは
思うんですが、その会員様同士の会話を聞く限りでは
“旦那、元気で留守がいい”っていうのがベターみたいだ(笑)

只ね、そんな険悪な状況に陥りそうになると、
最悪の状態を回避するのは
奥様が避難するのが一般的みたい・・・

それが、公園であったり、映画館であったり
ジム(笑)であったりとそれぞれが避難場所を
持っているみたいなんですが

内に限っては、私が早々に避難するようになっている・・
(緊急●●速報)

これは、家での番付が横綱と十両みたいな
力関係だから、まったく反論の余地は無い・・(+_+)

仕方ないね。これもメンタルトレーニングの
一環として捉えているんだから・・・・(-_-;)

まあ、どこにいても
楽しいことばかりでは無いっていうの証明だね。

但し、その先には
少しばかりか?いや、素晴らしく嬉しいことも
待っているのが、人生っていうもんだから

口喧嘩もまた、生きる上では必要なことだと思いま。

でもね、せめて前頭筆頭位には
俺の番付上げてみたいよね・・(-_-;)

だって、あまりにも力の差があり過ぎて
戦う気力も失せてしまう今日だからね・・・・・(笑)

スポーツジムは広トレ!











permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
コーチングの重要性・・・
例えば、調子が良かった選手がいたとする。

でも、数日後には何かが微妙に狂いが生じ、
自分で多分“これが”って感じで修正するとしよう。

それが的を得ていたら、何の問題はないんですが
もし、真逆の修正をしていたり、直さなくても
いい所まで、手を付けていたとしたら・・・

しかし、こんな方って結構多いと思います。

練習って嘘をつきません・・・

しかしながら、間違った練習って時間と“結果”っていう
一番求めなければならない事が無駄になってしまいます。

これはスポーツには、すべて当てはまります。

自分のやっている練習が本当に正しいのか?
今の反復練習が果たして効果を出すのか?って考えることから
始めてみることです。

この話を聞いて、自分に目を向けた方は
何かにしろ?自分の結果に疑問を抱いている方だと思います。

だとしたら、やることは2つの事柄です。

一つ目は、もう一度自分を冷静に観察することです。

自分は正しいことを本当に実践しているのか?!と・・

もう一つは、助言をしてくれる方を見つけることです。

自分では感じないことや動作やフォーム等を
他の方に意見をして貰うことです。

但し、的を得ていないことを言われる方もいるということは
頭の中に入れておかなければなりません。

私にも経験があります。

高校時代に、自分で練習していて
あることに気が付きました。それを所属していたコースの
上級者の方に聞いてみた所、

はっきりと「それは違う」ってアドバイスされました。
しかしながら、その後、ゴルフというものが自分で理解できるように
なった時、私がその時の感じていたことは正しかったと
思う日がありました。

でも、それはその後の為の貴重な勉強になりました。
(すべての方の言うことが正しいのではないのだ)と・・・

これを見抜けるのも、一つの才能なのかも知れません

ですから、まずは
自分でやってみる!それでどうしても改善できない、
結果が出ない場合は、信頼できる方にコーチングして貰うことです。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥・・

出来の悪い私が、学生時代に
落第することもなく、すんなり上がれたのは
勿論、恩師やら他の方のお力があってこそですが

その方々に、何の躊躇いも無く、
平気で頭を下げていくことが普通に出来たのが、
私の最大の長所だったと思っています(笑)
(だって、ある教科で前期●点、後期●点で、
ある学生は前期5●点、後期5●点で、私はc判定で卒業、
彼はD判定で留年・・・・これってなに?)

頭を下げられることが出来るのが“情熱”で
そんな方が傍に居られる方が“最大の財産”だと
思いますね<(_ _)>・・・ありがとうございました(?_?)

















permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
考えられんね(-_-;) 
とあるコンビニの駐車場に車を停め
中に入り、買い物をしようとしていた所、携帯が鳴った。

で、そのまま車中で話をしていると
100m位向こうから、見知らぬ“おばさん”らしき人が
歩いて来ているのが目に入った。

段々近づいてくると
左右の手にペットボトルらしきものを持っていたんですが
コンビニの前に差し掛かると

店舗の前に設置してあるゴミ箱に
その2ℓ入りのペット2本に、500mlが4本位を入れ、
そのまま店舗にも入らずに

元の方向に戻っているではないか・・・(@_@;)

間違いなく、ゴミをコンビニに捨てにきているだけなんですよね。

凄い・・というか
考えられんことをする方がいるもんなんですね(~_~メ)

最近では、ゴミ箱を店内に設置しているコンビニもあるし
本当にこのゴミ処理だけで、コンビニ経営者は
大変だろうと感じます。

でも、この習性?というかずうずうしさは
どこから出てくるんだろう・・・苦笑

まあ、誰でも店内で買い物する時に
些細なゴミ等は捨てることはあるとは思うんですが、
手一杯のものだったり、遙々自宅から歩いてきて

わざわざ捨てることはないよね・・・

人の振り見て我が振り直せ!っていうように
常識が無い方もいるのもこの世の中だから
モラルを持った生き方を

自らはしないといけないと再度思いました!

久しぶりに凄い光景を目撃し、
すっかり℡の内容を忘れている自分がいることも
反省いたします・・・・

何を話していたんだろう・・・??<(_ _)>(相手に失礼だ。。)






permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
東京国体を振り返って②
初日首位で、最終的には5位。
さぞかし残念ですねって、思われているかと
思うんですが

私は今まで3回の入賞の中でも、今回が一番嬉しいんです!

その理由はね、順位では無くて、3名で“パープレー”という
今までクリアできなかったチーム目標スコアを
初めて今年クリアしたことなんです。

過去の国体、少年男子ではパープレーで周れば
まず9割以上の確率で優勝。近年はアンダーで無いと
優勝には届かないんですが、入賞は最低間違いないんです。

強いジュニアを揃えても、越えられなかった
“壁”を雑草軍団と言われた彼らが超え(笑)
なおかつ1アンダーとアンダー圏内もクリアした。

これは大きいと思います。

実際に中国ブロック大会では、3名で29オーバー(-_-;)
(※1名が一人で19オーバー(笑))

それが、本番では3名トータルで“1アンダー”
でもこれって、楽にやらせるだけでは達成不可能な数字だと思う。

拓は安定感抜群だから大丈夫!
大ちゃんも昨年から精神的に成長し、大叩きは無い!

問題はミスター19オーバーだ・・(-_-;)

春先は県アマ2位に、中国アマでも末席ながら
日本アマの出場権を獲得。

ところがだ、ティーショットにぶれが出始めたのが
日本アマの2日目から・・・

夏の中国ジュニアでも初日69で首位から
最終日に80・・・・

その傷心の状態で挑んだ中国ブロック大会では
あの伝説の“大山の悲劇”の主人公“祥平”(笑)の
85を上回る86・・・(@_@;)(コースレコード?)

これは“和木の自●●●”と名付けた・・

但しね、練習量はそれ以降もの凄く増えた・・・・
(責任を感じていたんだと思う)

でも、一向に上向かないティーショット・・・
(コースでは左右に曲がりまくりだ)

そして、運命の9月22日(日)試合の1週間前が訪れる。

土曜から、最終合宿に入り
普通なら土、日とラウンドして帰広する所を日曜日が
そのコースの倶楽部競技と重なり、

ラウンドが出来ないので、その日は練習場で調整し
祭日の月曜日に再度ラウンドして帰る予定になっていた。

練習場は、前もってネットで調べていた青梅にある
対面から打てる広大な練習場で
そこで朝から3名には練習させていた。

前日の土曜のラウンド、やはり突然曲がるティーショットを
目のあたりにして、藁をも掴む思いで
後方から見守っていたら、

左脇の動きが目に付いた。9月に私が自ら試合に出場し、
身を持って、体験した持ち球の重要性・・

片一方のミスを頭から消しさえすれば・・

彼も1ヶ月位前から右に曲がるボールを
必死に練習していたんですが
それが小手先だけで操作していることに気がついて
そこから、上半身の動きと下半身の動きを別に考えて

上半身のドリル、下半身の正しい動きを
徹底的にアドバイスしたんです。それこそこっちも
これが最後だと思うから、語気も強くなるし

彼も必死だったと感じる。

ボール追加、追加で、何とかきっかけをという思いの練習で
“これ”っていうもの掴んだみたいなんです。

またね、広大な練習場だから視界が広がり
しっかりと振れるようになったことも今考えると大きかったね・・・

その汗まみれの猛特訓の後ろで、
拓はかき氷を美味しそうに食べている(笑)
(美味そう)

これも良かったね(笑)
同学年で、いつも仲のよい彼の存在は多分、心の拠り所になっていたし
ホテルでも門限まで部屋で一緒に過ごしていたりと
不調で落ち込む気持ちを

彼の存在がほぐしてくれたこともかなり大きいと思っています(^O^)

大ちゃんもチームを纏めて
部屋で3名集まって気持ちを高めてくれていたから
今年のチームは一番纏っていましたね。

翌日の最後のラウンド。
圭祐は1オーバーでスコアを作ってきた(^O^)/

最後のミーティングの時、3名を前にして
「圭がやっと間に合ったな」って

ほぼ、暗示に近いものだったけれど、何とかなる!って
思った瞬間でしたね・

寸前までこんな状態だったから、
3名で“1アンダー”って凄いと思います。
(30ストローク縮めたんだからね(;_;))

だって、来年に繋がるでしょう!

彼ら二名がこのオフにやらなければならない課題も見つかったし
この中3の経験は大きいと思います。

国体はね、県体協の方も来られるし、報道、ギャラリーも多い。
スタート前には選手紹介もある。
ましてや高校の団体戦と違い“コメ”がない・・

もの凄いプレッシャーなんです。
これに耐えられるメンタルの強さって、
一番出たい大会“日本アマ”予選の中国アマで
4日間耐えて、自分の殻を破ったものじゃあないとダメなんです。

これが私が日本アマ出場選手に拘る理由。
(だから、大ちゃんも頑張れ!成年は日本出た位では×ね(笑))

もう一つのご要望、選考についてですが
これは来年度からは3部門ともに、統一した
選考基準を明確にするように、話し合いで決まっています。

ですから、私個人はあくまでも
選考試合の結果で、選手を今まで通りに選びたいと思っていますが
強化委員さんの意見をまとめた基準が出来ると思いますので

それは来年度の強化練習が始まるまでには
選手達には伝えられると思います。

誰もが納得する選考は、一番大事だと思っております。

来年はそろそろ、田を耕し、タネを蒔き、芽が出て
“花が咲く”っていう感じになってきました。

私の思いは、全国大会で2日間共アンダーで周れる力がある選手を
3名選びたいと思っています。

1日は出来るようになった!あともう一日!
それもローカルじゃあだめなんだ!全国、日本という舞台で!

だったら、やるべきことは決まってくるよね!

東京が終り、来年、長崎のメンバーは白紙に戻りました。

この冬は、これらを頭に入れて
各自(高校生・中学生)が課題を持って取り組んで貰いたいですね。

長くなりましたが、選手達に温かいご声援、ご支援を頂きました
多くの皆さまに心から感謝を申し上げます。

また、県体協の皆様、県ゴルフ協会の皆様、各連盟の皆様、
保護者の皆様には、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

また、頑張ってくれた選手3名には、心より労いたいと思います。

慰労会で焼肉を腹一杯食べて下さい(笑)

ありがとう!

第68回国民体育大会スポーツ祭東京2013
ゴルフ競技・少年男子の部

団体成績
優勝福岡県421
2位福井県423
3位神奈川県、鹿児島県424
5位広島県、三重県425
7位宮城県、沖縄県427

個人成績
優勝和田章太郎(福岡県)133
2位金子直矢(福井県)136
3位佐藤太地(北海道)138
4位金澤圭祐(広島県)山田大晟(神奈川県)
蛭川隆(鹿児島県)139
7位横田竜成(宮城県)呉司聡(神奈川県)小木曽喬(福井県)
北村聡馬(三重県)宇都宮鋭多(大阪府)葛城史馬(大分県)
富本虎希(沖縄県)140

以上、入賞分




















permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
東京国体を振り返って ①
1日の夜遅く帰広して、昨日まで沢山の方からメール、℡
さらには直接お越し頂いて、労いの御言葉を
お掛けして頂き、誠にありがとうございました<(_ _)>
心より感謝を申し上げます。

その際に、様々なご質問や要望も含まれていたこともあり
せっかくですから、
その内容等に従ってお書きしてみたいと思います。

まずは、2年前などは絶対に勝つ!っていう気持ちが
ブログ等でも伝わってきていたんですが、
今回はそんなでも無いような・・と(笑)

これについては、本音を言いましょう。
監督就任4年目にして今年が一番結果を出そうと思っていました!

なぜなら、周りの雰囲気で
今年の少年男子は一番期待されていないことを
肌で感じていましたからね・・

その理由は実績がある選手が、序盤不調で選考で漏れたこと、
そして、ブロック大会でも通過3県中、最下位通過・・・
さらに経験の少ない中学生2名が代表メンバー・・・・等
(これは無理だと!<(`^´)>)

だからね、勝負の世界は結果が出なければ
様々な雑音が入ってくるのは必須なんですが・・

一番闘志に火が付いたのは、
そのブロック大会で叩いた選手の交代論まで
私の耳に入ってきたことが・・・一番でしたね。

今年の春先、全選手を前にして「日本アマに出場した選手の中から
選ぶ」って言っていた経緯もあり

6月末の時点で、それを満たした2選手には「東京で戦って貰う」って
はっきりと申しておりました。

それが、一度失敗した位で交代させていたら
育つものも育たんし、私も彼らに嘘をつくことなる。

子供は敏感だから、この大人はぶれるとか
言うことが毎回違うって思われたら、それこそ統制は取れんし
選手の気持ちを考えれば、納得する選考をするのが絶対条件!

だったら、本番では絶対に“結果”を出そうと
マックスで思っていましたよ!!

但し、2年前の全国で実績のあるスタージュニアを揃えて、
勝つんだ!絶対に勝つ!って、前面に押し出したら
結果、入賞するのがやっとの成績・・・・

ましてや、今年は1名は全国でもトップ中学生ですが
他の2名は全国では主だった活躍は無いし
しかも1名は大スランプ・・(笑)

それこそ、奇跡でも起こらんと上位は難しい状態であったのは
間違いないんです。

けれども、彼らには能力はある!
その潜在能力を発揮させることが出来れば、ひよっとしてって
いろいろ考えた挙句、思いついたのが

“優勝”やら、“勝つ”って言葉や文章で封印して
いかに楽な気持ちでプレーさせてやろうと思ったんです。

何故なら、彼らは3名とも真面目な性格、
練習場でも他県のジュニア達はワイワイガヤガヤ練習(-_-メ)して
いるのに、彼らは全く無言・・・・

それぞれが、自分で練習器具を使ったり、課題を持って
必死に取り組んでいるのが分かるんです。

そんな彼らに「絶対に優勝」っていったら
間違いなく必死に頑張るし、一生懸命にプレーすると思うから
それだったら、2年前の過ちを再度繰り返すことになるのは必至。

目標設定だって、昨年から少年男子はアンダー圏内に突入。
多分、今年も3名でアンダーが要求されるのは分かっていたけれども
私が彼らに言った目標スコアは3名で“パ―プレイ”

少しでも、やる気にさせないで
頑張らせないのが、最善と考えたわけです。

だから、初日の夜の最終ミーティングで言ったことが
「お前ら、明日から頑張るなよ」って(笑)
(指導者で頑張るなっていうの俺だけじゃねえかな(笑))

だってさ、頑張るのは“練習”なんだよ。
練習は人一倍必死になって、集中して、誰も近寄れないような
練習するからレベルが上がるんですよね。

実際、ジムでも練習場でも結果を出せる方と出せない方の違いは
一目見たら分かる
練習の密度や時間、内容で分かってしまうんです。

でも、彼らは練習は頑張っているんだから、
潜在能力にインプットされているわけ。
それをいかに発揮するかだけを考えればいい。

実際に、スタート前に「頑張るなよ」って言っていたら
他の方に「えっ、頑張らないんですか?」(笑)って顔を見られた。

そう、頑張らないんですよ。

そういえば、49歳プロルーキー田村選手の
連載記事の題名も“がんばらないからうまくなった”だっだよね(笑)

そしたら、初日3名でトータル6アンダーで単独トップ!(^O^)/

ここまでは良かったんですが、2日目は少し頑張ったね(笑)(-_-;)

続きは次回に(笑)

facebookページへはこちら
(国体での雄姿アップ中)




























permalink | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272