親の本心とは・・・
とあるスポーツ競技に励む高校生会員がいる。

広島県では県総体といって、高校生のNO1を決める
大会がこの5月~先週末まで熱戦が繰り広げられていたんですが

自分でも思った成績が挙げられず、なおかつ父親に
激しく一喝されて、失意を感じている選手がいる・・・

その選手に「実は・・・・」といった相談を受けたんですが
私が彼に言ったことは
「親が言うことの多くは、真反対の意味だから」ってことをね・・

親が言った言葉で、傷つき、やる気を無くしてしまう学生が
いることも多々あると思う・・

しかしながら、親の本心は
(もっとやれるだろ! 頑張れ!)の裏返しが
きつい言葉に表れるのである。

私にも経験がある。

それこそ「●●!」って言われたこともあるし(笑)
(※放送禁止語句)
今でも忘れないのが、それこそ試合に行く直前に

「どうせ、予選で落ちてくるのに何でいくんか!
金がもったいないやろ!」って言われたこともある(笑)

でも、この言葉の裏返しが分かるのは
自分が所帯を持ち、子供が生まれ
同じような立場になって、初めて“親の本心”が分かるようになった。

親が言うことは”真逆”だということ!

裏を返せば、親しか言えないことだとも思う・・・

そのお陰かも知れませんが
今は、どんなにきつい言葉を聞いても
逆境になっても、カエルの面にしょん●●だ!になってしまった(笑)

親に鍛えられたというべきだと思う!

でもね、結果に対して過剰に親が怒ってしまうと
ゴルフで言えば、スコアを過少申告したり、
ボールマークをずらしたりというような悲しい話が

今でも耳に入ってくる・・

勿論、親にも責任はあると思うが、実際にやるのは選手だから
ここだけは自分で責任を持って貰いたいと思うよね・・

話は変わりますが「どうせ予選で落ちる・・・」って、
言われた試合の結末は、言われたことで心に火が付き、
攻め達磨に転じ

右に日本海が広がる恐ろしいホール(-_-;)も
全ドラ(すべてドライバー)で、日本アマに行けたもんね(笑)

やっぱ、程度もんにもよるけど
親の檄は有難いものです(笑)

親って、摩訶不思議な生きものだということですね!

頑張って貰いたいね(^O^)/

facebookページへはこちら
(ミス健康美アップ中!)

スポーツジムは広トレ!












俺は無理だな・・・(笑)
先週の末、米子から帰り
今日で4日目、やっといつもの生活に戻りました・・・

やっぱ、普通に仕事して
自宅で寝起きするのが一番だ!と感じている(笑)

何がって?一番は寝ること。
ナイーブで繊細な俺には、いつもの寝具が一番いい!

ホテルだと敷き布団の固さも違うし
何といっても“枕”が違う・・・

でもね、今回宿泊した所は
枕がやたら選べて(^O^)/その点はいつもより快適でしたね。

また、部屋が面白い構造になっていて
簡単に言えば、2段ベットの変形系で
下のベットはやたら広い(キングサイズか?)が

上は本当に横幅が狭く
なおかつ、2階は部屋の天井に近いので
空間がやたら狭く感じるのだが、

試しに、上がってみると
そこは俺の好む空間だと感じた・・・
(何せ?ホームコースも狭いから慣れているのか(笑))

まあ、今回は選手ではないので
広いフェアウェイはプレーヤーに譲って
ギャラリーはラフを歩くのが観戦の原則だからね・・(-_-;)

只ね、早起きして
2階のベットから垂直のはしごを降りなければならないのは
結構辛かったよね・・(笑)

本当にもう若くないんだ・・と
朝一で感じながら、4日間過ごしたんですが

結論は、
俺には毎週遠征続きのプロ稼業は無理だということ(笑)

本当にどこでも寝れて、何を食べてもOKで
すぐに嫌なことは忘れる・・(笑)

こんなんじゃあなければ厳しいよね(@_@;)

この歳になって、こんなこと再確認するのも変だけど
すべての面で“タフ”じゃあないと生き残れないね(笑)

やっぱ、若いもんには
メンタル面に限らず、スーパータフマンになって貰いたいよね!

なにか?健康飲料の名前みたいになったけど
“ST”が今後の流行りだと思います(笑)











涙って・・・
先週末に、中国アマチュアゴルフ選手権が終了した!

優勝したのは、大学2年になった長谷川祥平君で
実に7回目の出場で、悲願のタイトルを獲得しました(^O^)

また、我が少年男子チームは6名が参加し
中学生2名が日本アマの出場権を獲得しましたが
残念ながら、県代表3名全員が日本アマ出場選手という
念頭に選手たちに伝えた希望には届きませんでした・・・

まあ、勝つものもいれば、破れるものもいる・・

これは、いたしかたないと思うんですが、
勝ったものに対しては、多くの皆さんが羨ましがると思うし、
幸せだと思われるのでしょうが、裏には苦渋の思いが存在するって
ことを2名の実話で感じて頂きたいなと思います・・

祥平は小6でゴルフダイジェスト主催の全国大会に優勝!
中2、中3と日本ジュニアにも出場し、3年次には3位に入賞!
日本アマにも中3で初出場し

順風なゴルフ人生のスタートを切ったといってもよい成績を
収めていたんです・・が

高1、高2とスランプ状態に入り
日本ジュニア選手権の出場権さえ獲れず、
裏番組の高校対抗に出場していた時期もあったんです・・

何といっても極めつけは“大山の悲劇”と呼ばれる
中国ブロック大会での逆転負け・・

初日、トップに立った広島県チームは
逃げ切ること間違いなしという状態から、最終日に祥平が大乱調・・

右に左に、どう打っても曲がりまくるボールに
何発暫定球を打ったことか? 最後はアイアンでも曲がりは
抑えることができずに、多分本人も頭は真っ白だったと思う・
17番ホールで(こいつ、今悔しいやろな・悲しいやろな)と思ったら
見ている俺も涙腺が緩んだことを思い出す・・・

試合終了後、コーチと選手3名で
大山GCから大山に上る牧場に立ち寄り、5名で解散会をやった時の
ソフトクリームの味は苦かった・・

多分、祥平はしょっぱかったとも思う・・・

翌年の山口国体でも、最終日に大乱調・・・
ちょうど、ご両親が観戦にこられていてお母様は
本人のゴルフを直にみるのは、小学生以来だと言っておられた中での

大乱調に、お母様のお気持ちもを考えると
これも切なかったね・・・

勝負所で、その当時は弱さが出ていたんです。

もう1名は私の長男。
小5の時に格上の上級生相手に、健闘するも2位タイになり
マッチングで全国小学生の出場権を逃し、

最終年こそとはとの思いは
よもやの下級生2名に1打負け、4位に沈み
3位までの出場権をまたもや逃す結果に・・・

また、5年生では出場できた福島で開催された全国大会も
6年生では出場できず・・・さぞ悔しかったろうと思う。

その証拠はね、6年次に出場した参加賞にシューズケースが
あったんですが、そのシューズケースは絶対に使わなかった・・

ついこの間まで、5年生の時に貰ったボロボロのシューズケースを
使い続け、新品があるのに絶対に使わなかった・・・

多分、意地だったのだろうと思う・・

中1、中2とも日本ジュニアの出場権も獲れずに
日本協会の主催試合には縁が無かったんですが
我慢して頑張っていたから、

中3の今回、日本アマの出場権を獲得できたのは、
悔し涙の数のお蔭かも知れませんよね・・・

この試合の最終日、例の牧場に立ち寄った・・

最終日、祥平のノーボギーの気迫に満ち溢れたプレーを真近かに見
物凄い成長を肌で感じ、長男の永い思いも感じ、
また、祥平と同じような思いをしているだろうな
という選手のことを思えば、切なかったり・・・

今回のソフトの味は、甘しょっぱかったかと思う・・・

境港の弓のように曲がった海を見ながら
悔しい思いをするから、いつかは伸びるんだろうし、
今回悔しい思いをした選手には、必ず反骨してほしいよね!

それには涙って、必要だと思う・・・

涙を流せる人生って、これが生きている証拠だし
涙が流れる位に、必死に頑張っているってことだからね・・・

今回の大会では、偶然かも知れないけれども
涙を目にすることが多々あった・・・

けど、それだけ必死に生きているんだから
必ず福は訪れる!

それだけは間違いないと思いますね!!

facebookページへはこちら
(祥平の雄姿アップ中!)





洗濯王子…
現在、長男の試合で米子に来ている…

ところが時期は梅雨真っ只中…
でも、頭の中には梅雨はもっと後って
感じだったので

持ってくる服の数を間違えた(T_T)

さすがに同じウェアを着せるわけには
いかないので
(多分、俺だったらそれでもOk(笑))

連日普段やったことの無い洗濯の嵐だ…!Σ(×_×;)!

学生時代、何が一番苦手だったかというと
炊事、掃除は気合いで
やっていたけれど

洗濯は干すのが、しんどいので
大の苦手だったんです…

まさか…この時期に洗濯に汗を流すとは
人生とは予想できないことばかりである。

でもね、他の保護者様に聞くと
「洗濯は長期遠征では当たり前」らしい…

いやぁ~、勉強になったけれど
今度から余る位、ウェア持ってこ(笑)

でも、久しぶりにやった洗濯は
懐かしさもあって
新鮮な感じさえありましたね(^o^)

災い転じて福と成す…

果たして、洗濯の御利益はあるのか!?

無事に帰れることを祈りたいね(笑)








オリジナルの確立・・
ゴルフ場で働きながら、上での活躍を目指している
とある若者がいる。

彼は広島のとある高校に、越境入学して
高1の時に今は無き、中四国グランドチャンピオン大会に優勝。

将来を嘱望された若者であった。

この中四国グランドチャンピオンの歴代王者には
故中部銀次郎氏や倉本昌弘プロら早々たる面々に
タイトルこそ獲れなかったが、現在ツアーで活躍中の
谷原君や上平君もこの大会で腕を磨いていた。

私はこの大会に何が何でも勝ちたかった。
中国アマよりも、この大会の方が私には大事だった。

だけれども、確かベスト10には5回位は入っていたのだが
彼が優勝した大会でも6位に終り、

翌年こそは!って思いは、残念ながら
その年が最後に大会が消滅した(;_:)

理由は勿論、主催者様の都合でいた仕方ないのですが、
一節によると、その大会で高校生が上位5位の内4名を占め、
社会人中心に行っていた趣向が変わったということも聞いたのですが

いつも彼に会うたびに「試合を消滅させた伝説の選手」と言って
彼を冷やかすんですが(笑)間違いなく実力はあった。

彼の出身県からはその当時、有望なジュニア達が沢山出ていた。

大学2年時に中国アマに勝ち、ナショナルチームで活躍していた選手や、
中3で日本アマベスト16、高1で中国アマ優勝など
将来はどうなるんか?という逸材が輩出されていたが

未だに、未完のままというのがもどかしい現状である。

その彼と、彼の所属するゴルフ場の練習場で話す機会があった。

短い時間だったのですが、いろんな話をした時に
前の方でジュニア達が球を打っていた・・

それを見ながら「昔はそれこそピンしか見てないし
思い切って振っていたんですが・・・」と

確かにいろいろな失敗経験を積んでくると
怖い気持ちが頭の中に入ってくるようになる。

でも、それを克服するのは
自分を信じるしかないし、信じ切れるまで練習するしかない。

また、信念の塊がスイングに籠もっている
田村選手の話もしたんですよね。

昨今、様々な情報、スイング理論がリアルタイムで入ってくる
この世の中で、誰が何と言おうと“俺はこれでいい”って
信じて疑わないだけのものを持っているのか

いないのかが成績を分けるような気がする。

誰かの言葉で?自信というコーティングを何層も何層も
重ねて塗り上げるしかない!という話を聞いたことがある。

私がこれまで見ていて、スイングの前段階から
流れがあり、見ているだけでリズムというか
(これいい!)って感じさせて貰った選手は2名。

一人は当時日大の学生で、アジア大会個人優勝に輝いた横尾プロ。
(広島アジア大会で、弟分が代表で出ていたので
観戦に行ったら、その流れを一目見ただけで
ずっとそいつほったらかしで(笑)横尾君について周った・・)

もう一人は田村尚之君。

儀式とも言える、プレショットルーティンからの
流れから続く雰囲気は目が釘づけになる・・・(笑)

多分、明日からも彼を見る・・(笑)

この2名の共通点。

自分のスイングがあるってこと!!

誰が何と言おうと、絶対に変えない信念があるから!

最終的には、そこまで辿りつくかつかないか(変えて分かんなくなって)
が生涯成績を決めるような気がする。

明日から、中国アマ!
信念が感じる若者がいるのか?

俺の目が釘付けになる若者がいるのかは
俺がストーカーになっている選手は間違いなく
いいものががあるってことだ(笑)

健闘を祈りたいね!

facebookページへはこちら
(侍ゴルファー田村尚之選手スイング動画アップ中)

スポーツジムは広トレ!




















1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288