広トレ-ブログ

広島トレーニングセンター&プロショップの気になる出来事、情報、トレーニング論、管理人日記、監督のぼやき(-_-メ)(笑)・・・などを随時更新いたします。
34年の月日・・・
今朝の錦織選手、惜しかったというか
残念でしたね・・・・

日本人初のグランドスラム優勝という
テニス界のみならず、日本のスポーツ界にも
もの凄い影響をもたらす快挙は成りませんでしたが

つくづく考えると
34年の歴史を思い出させて頂きました。

34年?と思う方もおられると思いますが
今から34年前、ゴルフ界にも
4大メジャーに後一歩を迫った選手がいたんです。

今は解説等でご活躍の青木功選手!

バルタスロールの死闘と呼ばれた
“帝王”ジャック・二クラウス選手との激闘の末
惜しくも“2位”・・・・・

競技は違えど
全米オープンという舞台も一緒だし、
何か不思議なご縁を感じましたね・・・・

よくよく考えると
日本人が再度準優勝に輝くまで34年の月日が
流れていることになりますよね・・・

ここからなんですよね!

また、ここから34年掛かるんじゃあ無くて
歴史をあっさりと塗り替えるのは錦織選手か?
松山選手か?・・・・

この二人に今後、目が離せません!

何とか4大メジャーを制覇する場面を見たいものです(^O^)

しかし、この月日を考えると
名を永遠に刻める世界王者になるって
本当に大変なことがよく分かりますよね。

今はお疲れ様でしたということしかできませんが、
是非とも必ず優勝して頂きたいと思っております。

スポーツジムは広トレ!


permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
???
昨日は顧客様御二人と長男とで
早朝ゴルフラウンドをしたんです。

快調にラウンドは進み、4H目に差し掛かった時に
ふと、前の組の方が横になっている光景が目に入った・・・

最初は、こけたのかと思う程度だったんですが

どうやら、そうでは無いみたいな雰囲気が伺えたのが
ツーサムの同伴者の方が、前の組に走られている様子だし、
通報している様子は伺えなかったので
まずは119番に通報し、救急車両を手配の上と思い

「現場は●●ゴルフ場の4番ホールですが、人が倒れているので
至急お願いします」という通報を入れると
信じられない返答が返ってきた。

「クラブハウスまでしか行けません」という
内容であったのは間違いない・・・?

「人が倒れているのに現場まで来れない??」と言って
こんなことで時間を取られている場合ではないので

とにかくその方の所まで走り寄ると、不幸中の幸いで
何とか意識はあるし、
救急蘇生は行わなくともよい状態だったので、
ホッとしたのと同時に

その消防の対応に怒りが込み上げてきた。

まあ、たちまち横になって頂き、グローブやベルトを緩め
安静にして貰っていると
かなり時間が経ったのち、緊急車両が現場に到着したのだが

その隊員3名が機敏な対応や懸命な姿を見せて頂ければ
それはそれで事は収まったと思うのですが
いかにもやる気が感じられない態度や作業を見ると

この問題は今現在でも片付いてはいない・・・

もし、心肺停止状態だったり
それこそ深刻な状態であったなら、いかにも
この対応の遅れはその方の命に係わるし
「分かりました。4番ホールですね。今しばらく
お待ちください」と伝えられたなら・・

こんなに到着時間が遅くとも
(仕方ないのか・・)と思うかも知れませんよね・・
(同時に多数の出動が重なるかも知れないし)

昨日はそれから3~4回ほど
消防の方から連絡があったけれども
時間は掛かっても、今後、変わって頂けないと
また、こんな思いをされる方がおられると思うので

きっちりと反省して頂き、今後に起こらない為にも
対応して貰いたいと思いますね。






permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
夏短かったね....
夜、何かいきなり寒くなりましたね…

この間までは、蒸し暑くて
寝苦しい夜が続いていたのに
窓を開けて寝ていたら、
寒くて布団をかぶる位になりました…

この7、8月は雨が多くて
梅雨のような気候が続き、
夏が短かったです(@_@;)

御客様に言わせると
「子供達の色黒くないと(笑)」

早く秋が来るのは
嬉しいことですが子供達には
罪が無いので

子供が可愛そうでしたね(@_@;)
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
素晴らしいと思います<(_ _)>
昨日、ご入会のとある顧客様は
ある道(芸事等)を幼少の頃から続けていて
何とその年数は“60年”(*_*;・・・

半世紀以上に亘って、
一つのことを続けていることになる。

凄いよね(@_@;)

一般に試合に勝つとか負けるとか
とかく勝負の世界に入るとそのことばかりに
思考がいってしまう傾向がある。

まあ、それはそれで悪くはないと思うんですが
もっと勝つことよりも
難しく、大変なことは“続ける”ことだと思う。

誰でも最初は新人!

当然、上手くはいかないし、失敗の連続だ。

しかしながら、そこを乗り越え
日々の努力を怠らなかったら、少しづつではあるが
進歩をいうご褒美が貰える。

でも、多くの方はそのご褒美が貰える前に
その歩みを止める方が多いのではないかな・・

続けることが出来たなら
一番大切なことが身体に身につく。

これは一生の財産にもなる。

だから、一つのことを続けている方の多くは
“魅力”がある。

言葉では表せないが、独特の魅力を感じる!

それが人生というものなのかも知れない・・

やはり、自分磨きの為にも何かを続けて頂きたい。

そうすれば、何かが充実してくるだろうし、
この道50年、いやそれ以上出来たなら
こんな幸せなことはないかも知れない。

続けることの大切さを昨日学ばせて
頂いたことに感謝したいと思う<(_ _)>

半世紀まで後15年・・(*_*;

スポーツジムは広トレ!




permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
気持ちに訴える・・<(_ _)>
27日のこと。

夕刻を過ぎ、忙しくしていると
田村尚之プロが訪れた・・・・

下関GCでの山口県オープンで2位タイに入り、
その脚でその日の内にトレーニングを
当たり前のように遂行する・・・・

先週は日曜まで静岡でのファンケルシニアに出場後
月は移動日、火・水と試合で勿論優勝争いに
加わっているのだから

肉体は勿論のこと、精神的にも
くたびれていても仕方ない・・・なにせ50歳だから(*_*;

でも、その日帰ってすぐに家族と過ごす訳でもなく
すぐにトレーニングを開始する・・・

アマチュアで無敵の頃から
こんな姿勢を見せていた彼だが、プロとして当然?
という意見もあろうが

プロとしての覚悟を持っている選手がどれだけいるだろうか?

ましてや、アマチュアで将来その世界に
飛び込もうとしている若者の中にそんな気概を持った
若手がいるだろうか・・と思うと

残念ながら、ほんの少数だ・・・・

いや、私の周りにも
一人二人位しかいないのが現実だ。

心から応援したくなる追い込みを見せる若者は
今の世相を反映してか、ほんの少数だし
淡泊な若者が多いのも特徴である・・

努力はしない、人に隠れてやる気概もない、
孤独に耐えて黙々・・ってことはしないが
負けたら一人前に口惜しいとは言う・・・

しかし、行動に現れなかったらその言葉を疑う。

この間、昔から知る若者が相談があるって
わざわざ来た。

「今後どうすればよいのか・・」っていう問いに

「最終的に人生の勝者になればいい」と答えた。

例えば、子供の頃から特定のスポーツだけを始めたとする。

当然、上を目指すのは本能だと思うんですが、
誰かは冷静な目で見て(この子は何に向いているんだろう、
何に才能があるんだろう)って少し冷めた目で
観察することが必要だと思うんです。

でも、多くは一番の適任者である親御さんまで
熱くなり、そればかりに熱中する傾向にある・・

だから、ある歳までは夢や希望に満ちているけれど
現実は厳しい・・(抜群の成績が出ない)

実際、その道で活躍・成功するものはほんの少数・・・・

現実は厳しいのである。

でも、もう後には引けない。
なぜなら他の見込みがあった才能を
見過ごしていたのだから・・・
(欧米の選手は他のスポーツも盛んにこなし、
勉学も両立する選手も多数いる)

だから、彼らに伝えたのは「やるんだったら、
後に引けないんだったら自分を変えろ」って・・

みんなそのスポーツで、勝つことがすなわち
すべてだ!人生だ!って考え方の方が多い。

でも、少なくても私の考えは違う。

いろいろ選択肢がある中から
一番自分が生かせる道を最終的に“自分”が選んで、
その道で人生の勝者になることを考えればいいと思う。

でも今さら、後に引けないんだったらやることは分かるよね。

田村プロのような気構えが無いと
この先,どう進むというのか?

人に言われるよりも
自分で冷静に考えることも必要だと思います。

人を感動させるような頑張りを見せる選手には
誰もが応援したくなるってものです。

そんな選手が沢山出たらなら、ツアーももっと活況に
なるような気がしますね(^O^)/

日本オープンには是非、応援に行きたいね(^O^)/

スポーツジムは広トレ!

















permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322