母親の愛・・・
CIMG0870.jpg
先週末(日曜日)は、素晴らしい晴天に恵まれ、
無事に長女の体育祭が終了いたしました(^O^)/

運動会(体育祭)というと
私ごとになるんですが、数々のドラマ?(-_-;)が思い出されるんですが
今回は何とか?無事に・・(*_*;じゃあないが、まあもういいや(笑)
(今回の事件については心の中に留めさせておく<(`^´)>(笑))

でも、全校生徒が一堂に結集して
一つの催しを開催するんですから、本当に関係者様の
気苦労や労力を考えると頭が下がる思いで一杯ですね<(_ _)>

そんな中で、今回まず感じたことは
様々な個性というか、みんな顔も違うし、趣味や考え方も
人それぞれ・・・

運動部に所属するもの、文化部、帰宅部、
理数系、文系、本当に“個性”ってみんな違うってこと。

その多くの中で、考えを纏めたり、
ベクトルを一致させるように導くことは
本当に大変なことだと感じましたね。
(国会でも総理大臣は大変だ(*_*;(笑))

但しね。
この体育祭で最後に心から思ったこと・・・・

それはね、母親の子供に対する“思い”っていうか
母性愛の深さ・・・

父親よりも、もっと深い愛があるような気がしましたね<(_ _)>

まあ、勿論個々の考えや思いの大小はあるのは当然だと思うんですが
とにかくそう感じさせて頂きました(-_-)

そういえば、この間の13日は奇しくも“母の日”

その日に、こんな思いを感じたことは、
やっぱ何か?の因果があったのかと思いますね。

とにかく、まだ母親が生存?・・(こういう表現って適切か・・(+_+))
している若い連中は

母親を悲しませるようなことをしたら
俺にぶっとばされるってこと!

この世の中で、無償の愛情をかけてくれる存在は
母親しかいないんだからね。
(私もよい報告が、いつも墓前でできるように頑張りたいと思う)

そんな思いを心から感じた“体育祭”でしたね<(_ _)>

スポーツジムは広トレ!
















努力!
昨日までの二日間、アマチュアの県王者を決める戦い
通称“県アマ”が開催されました。

前にも語ったように
少年の強化選手達やジムの会員様も多数出られているので
昨日は現地で観戦をさせて頂きました。

で、一日付いて周った組はというと
過去14回・・(-_-;凄いな)の優勝回数を誇るT選手に
今年から大学生として参加しているH君、

それに、今年からやっと力を発揮し始めている
少年の強化選手H君の組について周ってみました。

勿論、その前後には強化選手のジュニア達もいたのですが
前の組を周っている選手は、昨年のブロック大会に出場済みで
試合のラウンドも見て周っているし、

後ろのジュニアは、昨年の同大会のチャンピオン。
(去年は優勝争いを見て周っていた)

ですから、今回はそのH君が、社会人実力No,1やジュニア時代には
敵わなかったH君相手に、どんな戦いを見せてくれるのかと
思いながらの観戦だったのですが

まあ、もったいないミスは多々ありましたが
大きく崩れることもなく、よく踏ん張ったんじゃあないかと思いますね。
(でも浴を言うと、もっと頑張ってほしいのは本音ですが(笑))

また、次の中国アマで頑張ってほしいと思いますね。
勿論、レギュラー争いをしているライバル選手も巻き返すことを
期待しています。

そんな中で、優勝された方は45歳の社会人。

この方とは、最近、私が試合を休止していることもあり、
面識は無いんですが、2年前の県アマで3位に入賞した時に
仕事が終わってからホームコースに上がり

アプローチやパターの練習を“毎日”されているという噂を耳にしたことがある。

まあ、今現在やられているかは?分かりませんが
そんな猛練習の噂が耳に入って来るということは、
ゴルフへの情熱やら取り組み方には、やっぱ人一倍じゃあないのかと
思いますね。

ですから、この優勝には心より祝福したいと思っています(^O^)/

また、試合内容とは別にこんな光景もありました。

あるホールのティーグランド上(最終組)で、
その組の大学生が4番目に打たれた社会人アマのヘッドカバーを
拾い上げ、さりげなく渡している姿を(^O^)/目撃。

まあ、私は隣ホールグリーン近くにいたんで、
200m位は離れていたんですが、そんな光景を見て嬉しく思いました。

彼は四国の高校に進学し、強豪大学に今年入学したばかりなんですが
そんな中で、先輩やらの上下関係を経験しながら、
こんな気使いが出来るようになっていたんですよね・・・

中学時代は、内にも来ていたし、
県の強化選手でもあったんですから、当時よりもそんな心の成長ぶりを見ると
試合よりもまた感じることがありました(^O^)/

悲喜こもごもの戦いではありましたが
また彼ら若いものの成長を感じることが出来るような
試合を度々観戦したいと思うのが、今の正直な気持ちです(^O^)/

次の試合(中国アマ)が楽しみになりましたね\(^o^)/

スポーツジムは広トレ!
















掟破りの・・・・(笑)(-_-;)
広トレ会員様の通称マー君(24)が今、ダイエットに挑戦している。

目標は4ヶ月で“-30㎏”(-_-;)である・・・

まあ、この事を彼が決意した背景をここで説明すると
一日中、この文面を書かなければならない複雑な理由があるので(+_+)
省略したいと思うんですが、

彼の他愛の無い“一言”がこの運命を背負ったといってもよいと思う。
(そこまで深刻ではないが、若干優柔不断さが多少出た・・(笑))

で、彼から相談を受けた時には、はっきり言って私は反対した。

これは月に2~3㎏以上の体重減は、絶対にお薦めはしないし、
落としてはいけない“筋肉”を犠牲にしてしまうからである。

でも、彼の決意は何故か?固かった<(`^´)>・・・
(外見は柔そうだけどね・・)

そこで、掟破りの彼の決意に加担することにしたんですが(*_*;

まあ、-30㎏だから、これを4ヶ月で落とすとすると
1ヶ月ざっと約-8㎏ということ。
(これをカロリーで考えると1ヶ月約56,000KCal消費ということになる
※絶対にお薦めはしない。よい子の皆さんはまねしないでね((+_+)))

でもって、4月1日から始めて“-9.4㎏”
(88.8㎏~現在5月8日79.4㎏に ※今までは順調だ)

で、まずは何をやったのかというと
彼の基礎代謝を計測し、この目標を達成するための道筋を明確にすること。
(一日の摂取カロリーと運動による消費カロリー+基礎代謝を計算)

そして、実際に減量する場合、
食べるものでも調節はするんですが、まず一番考えなければならないのが
“彼の代謝”を上げること。

そう、摂取カロリーを落とす前に
消費しやすくなるような身体の代謝を上げるのが第一なんです。

で、落とすとこまで落としてから
次、また次、というように、手を残しておかないと
いけないんですよね。

これを多くの方は、まず運動量を増やしたり
食べる量を落とすことを一辺に始める・・・

食べる量を落としたら、はっきり言って空腹感は我慢できないし、
気持ちが続かなくなりますよね(-_-;)

マー君の今の心境は、食べたいと思わないらしいんです。
(代謝が上がり、自然に落ちているから空腹感がない)

食事の内容は
普通の食事が3回とサプリ中心と果物の食事が4回位。(計7回)

代謝を上げるには、基本食事の回数を増やすことと
運動、並びに適切なタイミング(サプリメント)で栄養素を摂取すること。

で、お薦めは早朝のL-カル二チンの摂取と
良質な油(オメガ3)+毎食後のマルチビタミンミネラル、CLAは
代謝を上げ、なおかつ脂肪燃焼を高めるのです。

一例を上げましょう。
CLA(共役リノール酸)は身体の褐色脂肪細胞が活発に働くようになり
これに運動を加えると、脳から分泌されるアドレナリンや成長ホルモンが

脂肪分解酵素リパーゼを沢山作り出し、この分解酵素は血液によって
全身に運ばれ、白色脂肪細胞に溜めこまれた脂肪を
遊離脂肪酸に変えて、血中に放出する。

これをカル二チンによって、燃焼工場のミトコンドリアへ運んで
より燃焼を加速するということ。

また、減量中は油ものは誰でも控ますよね。

でもね、油は必要なんです。欠乏するとホルモンが作れなくなったり
肌がかさかさになってしまいます(-_-;)

だから、良質な油を摂取して
身体の機能を正常に保つこと。ならびにビタミンミネラルは
誰もが「私は野菜や果物を摂っているから」と変に自信を持たれていますが

そんなに、奥様が身体のことを考えて食事を作っている家庭は
稀だと思うし、一人暮らしでほぼ外食の方などは
欠乏しているといってもよいと思います。

第一、“太る”ってことは
ある意味、栄養状態が偏っていますよって身体が教えてくれているサイン。

必要な栄養素を必要なだけ
毎日、摂取していれば、例え運動をしていなくても
太ることはまずありません!

他には運動前・中のBCAA(こまめに飲まんと筋肉が分解)に2種類のプロテイン。
(2種類はたんぱく質の含有量が多いタイプと若干糖分が含まれているやつ
※味やタイプが一緒じゃあ、飽きるもんね(^O^)/)

サプリはCal計算しやすいし、減量を楽に成功させるためには
今の時代、必須のような気がしますね。

でも、幾らサプリを飲もうが運動をしようが
最後は自分の気持ちが一番の成功の秘訣を握る訳ですから

最後の最後まで、頑張り抜いてもらいたいですよね(^O^)/

只、彼は案外、楽しんでやっているように見えるのは、
やっぱ、太っていた自分に決別する思いなのかも知れませんね(^O^)/

若者に幸あれ!

スポーツジムは広トレ!


















 





同窓会(^O^)/
ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたが(笑)
皆様方に於かれましては、どのような休みでしたか?・・

この期間中、ほとんどが仕事だったので
とりわけ感想という感想はない(-_-;)んですが(笑)
5日に中学校の同窓会に行ってきましたよ(^O^)/

いやァ、懐かしいというか
様々な奴(笑)がいましたね・・・・

すっかり変わっているもの、全く変わっていないもの、
声が昔のままだったり、顔の特徴が残っている奴とか
また、全く記憶にもない奴(*_*;(笑)とか

様々な再会があり、大変楽しい時を過ごさせて頂きましたね!

でも、当たり前のことなんですが
それぞれが今の仕事は千差万別。

但しね。この中学校から巣立って
いろんな紆余曲折がありながら、みんな今現在に至っている訳ですよね。

道のりは違えども
ここから出発したのは、みんな同じ。

そう考えると、人生っていろいろっていうような
歌の題目のような、思いがしみじみとしました。

でも、その中で思い出すのは
やはり楽しいことよりも、苦しかったこと、
辛かったようなことばかり。

これはね。その当時で言えば、野球部の練習だったんですよね。

公立中学だったのですが、野球の練習はかなりきつかったんです(-_-;)

暑い真夏に、水も飲ませてもらえず
(今だったら、大変だ・・(笑))

まあ、本当に地獄のような練習だったような気がしますね(;_:)

只ね。そんな中でも三年間最後まで
続けたことは頑張ったと思いますし、この経験は多分
今まで起こった逆境の時に、

間違いなく、役に立っていたのかな?という気がしましたね(^O^)/

よく言うでしょう。
若い時の苦労は金を出してでもしろ!ってね(笑)

今回はその時の顧問の先生にも
再会できましたし、勿論三年間同じ釜の飯を喰った同輩ともね(^O^)/

でもね(;_;)
そんな中で、小学校から同じ子供会で
よくキャンプやら何々会やらに参加していた幼なじみの女の子・・は

もう亡くなっていたんですよね・・・

これもまた、人生って・・ことをつくづくと実感いたしました。

同窓会では、このように様々な思いや感慨にふけることもありましたが
やっぱり今後、起こりうるすべて事柄に対し、
精一杯の努力を惜しんではいけないと心から感じました(-_-)

また、いつかこの仲間で再会した時には
さらにお互いによい近況報告が出来るように
みんなが頑張っていきたいものですね。

今回、この会を企画し、
会を成功裡に終わらせた世話役の同級生に
心から御礼を申し上げたいと思う<(_ _)>

大変、お疲れ様でした。と同時に本当に有難うございましたと<(_ _)>






















厳しい争い・・・
この前、大学時代のリーグ戦の思い出を語らせて頂いたんですが、
よくよく思い出してみるとね。

1年生に入学した時、上の学年には3学年の先輩がいる訳ですよね。
で、4年生になったら
下の後輩はこれまた3学年いることになるんですが、

この七学年中、関東学連の他大学を合わせて、
卒業後、プロに転向し、
一流と言われるような成績を残した人数が何人いたか?ということ。

で、思い出したらざっと4人・・・・
(10年以上シードを保持し、ツアー優勝も複数回が基準)

これは、本当に少なくないだろうか・・・・

この4名とは、同学年で日大出身の米山剛君。
二学年下に同じく日大出の川岸良兼君、鈴木亨君に
三学年下の日体大の伊沢利光君ぐらいである。

確かに、私が入学した時代は“日大”王国の様相で
(今の東北福祉大と同じ感じ)
リーグ戦で、日大の1学年上の選手と対戦した時には
高校時代に関東高等学校に2連覇していた
Kさんがフォアキャディー(-_-;)をしていた記憶があり、
日大の選手層の厚さを肌で感じていたものである。

でもね、プロ入りして活躍したのが同輩以下ばかりだから
私から上の三学年は、そんな強い選手がいないのか?と言われれば
実はそうでもない。

それこそ、高校時代には全国トップレベル。
大学でも日米対抗の代表やら、関東学生なども連覇している方も
いるのだから、リーグ戦でも歯が立たなかったというのが実際。

で、そんな実力だから
当然、プロテストも難なく受かる。

だったら、そこから何故?ということになると

ワンチャンスを生かし切れなかったということになるんだと思う・・

誰でも必ず一回はチャンスというか、流れが来ている時がある。
(例えばQTファイナルで出場権を掴み、その翌年のシーズン。
それがあと一歩でも、その勢いのある翌々年に何が何でもレールに乗ること)

で、これを度々逃していると
普通に出来ていたことが、出来なくなってくる・・・

普通にやりさえすれば、何てことないことを考えるようになり、
それをミスしてくるから、段々と“自信”が無くなる。。

自信が無くなるから、自分が揺らぐ・・

揺らぐから、変えなくてもいいことまで変える。
聞かなくてもいいことまで聞くようになる。

最後には何が何やら分からなくなるというスパイラルだと思う。

だから、本当は実力的には変わらなかったものが
こんな思考で差がついてくるというのが実情だと思う。

“普通(普段通り)”にやること。
(自分のスイングのテンポ、リズム、間合い、プレショットルーティンなど)

これは、私が少年男子チームで一番言って聞かせるアドバイスである。

それは、こんな実例が多々あることだから・・・

強い選手には、個性的なスイングの持ち主が多い(@_@)

だから強いんだと思う。

自分の考えがしっかりとあり、自分に自信があるから!

迷わない、考えない、単純にそれをやり抜くだけだから!

書籍にも、著名レッスンプロの言葉にも
難しい表現やら神格化するような言葉が多いような気がする。

でも、実はもっと簡単なことだと思う。

誰よりも少ない数で周れるような
自分にしかできない“こと”を自分で作れればね。

だから“信念”という言葉はこの世の中で
一番大切な言葉だと思っている!

それが私の周りにいる“信念”の塊のような人達から学んだ哲学である。

スポーツジムは広トレ!


























1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265