広トレ-ブログ

広島トレーニングセンター&プロショップの気になる出来事、情報、トレーニング論、管理人日記、監督のぼやき(-_-メ)(笑)・・・などを随時更新いたします。
やっぱ執念か・・・<(_ _)>
二日前の日曜日、ホームコースの会員様が
ホールインワンを達成され、その祝宴に顔を出した。

何でも・・ゴルフ歴40年で、初めてのホールインワンということなので、
お顔を拝見しただけで、喜びに満ち溢れていることは、
はっきりと伝わってきたのですが(^O^)/

何と・・(*_*;その方・・・今までのラウンド数を数えていたんですよね・・
(初ラウンドから今までのすべてのスコアカードを捨てていない<(_ _)>)

ちなみに記憶によると4500回?(久しぶりにビールをコップ1杯飲んだので
あまり正確には覚えていない<(_ _)>)

ラウンドをして、やっと出たということ・・・・

これを嫌らしいけど(@_@;)金銭に換算すると、1Rを約12,000円と考えて
12,000×4500〓約54,000,000円ということになる・・
(家が買えるじゃん・・・(笑))

また、職業が保険屋さんだから、
今まで散々他人のホールインワン保険の手続きをしていたのに
本人は一度も出なかったことにもなるよね(笑)

でもね、ホールインワンが出ないというと
俺っちがゴルフ歴33年で、未だに一度も出ない(;_:)
(何故だ?何故だ?(+_+))

本当に今まで、カップの縁10㎝以内というのは
多分数えきれない位、記憶にある・・・・

でも、入らん・・・

そういえばね、この間の岐阜合宿の2日目。
7番ホール、打ち降ろしの150yのショートホールにて
打った瞬間、ピン筋まっしぐら・・・・

思わずキャディさんや同伴ジュニアらに、
「これ入ったは、入った」と空中に飛んでいる内に宣言。
(これはショートホールに来ると、必ずホールインワンを意識しながら
打っている癖で・・・(笑))

ところがね。やっぱ・・・・ピン奥2mに無情にもにオン・・・(;_:)(;_;)
同伴者やらキャディさんの「ナイスオン」と言われる言葉が
何故か、虚しい・・(笑)

また、次回にお楽しみは持ちこされたのではあるが

今回、このNさんの祝賀会に参加して
まだゴ歴40年には達していないし、ラウンドも数えてはいないけれども
4500には達していないとも思う・・

だから、まだまだ修行が足らないということだと思う・・

でもね、今までで一番ショッキングなホールインワン目撃現場はね。

多分、初心者のプレーヤーだと思う方が
前の組で周られていて、とあるショートホール。
ティーショットがスライス・・・(;_;)

でもね、そのドスライスが右の山(OBゾーン)の木に当たり
跳ね返ったボールは何と、グリーン方向へ・・・

それが、ピン方向にころがっていき、
何とカップイン!・・・・(-_-;)
(ホールインワンなの??そうこれもホールインワン(@_@;)(笑))

まあ、負け惜しみは言うまい・・・<(`^´)>

今も、ショートホールに上がると
常に狙っている俺っちだけど、
いつ出ることやら・・・(笑)

気長に、楽しみに待つしかないよね・・・・(;_;)(^O^)/





permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
何が?一番って・・(笑)
梅雨、真っただ中の日本列島・・

蒸し暑さは本当に不快ですよね(-_-;)・・・

でも、この時期になるとビールなどの宣伝広告が頻繁に流れ
酒通の方には一番いい季節になるのではないでしょうか?

ちなみに私も、20代~30代前半までは、よくいう“晩酌”というやつを
嗜んでいた時期もあったんですが、

今は、もうほとんどと言っていいほど、
“酒類”は飲んでいないんです。

まあ、飲み会やら祝い事に出席する時は、付き合い程度には飲むんですが、
(ちなみに、明日はホームコースのメンバー様が
生涯初めてのホールインワンが出たので(^O^)/ご招待の祝いの席に参加する※なんで俺っちは出んの??(-_-;))

でね、飲まなくなったきっかけは
夜にやることが増えて、酔っていることができなくなったことなんですよね。

ゴルフの練習やら、原稿書きなどを
その当時は自宅に帰ってからやっていたので
段々と飲めなくなったという訳なんです。

で、そんな期間が続くと
別に飲まなくてもよくなってきて、今ではまったく飲みたいとも
思わなくなったということなんです。

只ね、当然暑くなってくると、お酒はまだしも
水分は欲しいですよね。

だから、朝起きがけに“麦茶”を一杯!

これがたまらなく“美味い”(^O^)/

で、普段の水分補給はミネラルウォーターなんですが
まったく冷やさない(冷蔵庫に入れない)常温状態で
飲んでいるんです。

これはね、身体を冷やさない為・・・

身体を冷やすってことは、絶対にいけないこと!

まあ、ゴルフ場にいったり、自販機で買う場合は
しょうがないんですが、普段、ジムにいる時はぬるいお水を飲んでいます(笑)

これから、本格的な夏になり
益々“水分”が必要になってくる時期になっても
頻繁に冷たいものばかり飲んだり、食べたりすることは

なるべく避けた方がいいと思います。

まあ、お酒は嗜む程度ならokだとは思いますが、
飲み方やら飲む時間も考慮して、楽しんで頂きたいと思いますね。

只、若い頃と同じような飲み方だけは
絶対に避けた方が無難だと思います。

身体の機能は、自覚がなくても
低下しているのは間違いありませんからね・・・・!

スポーツジムは広トレ!
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
岐阜強化合宿!
先週末に、県代表少年男子チームは
今年度の国民体育大会ゴルフ競技の会場となる“岐阜関㏄”にて
強化合宿をさせて頂きました。

岐阜関㏄は昭和39年の開場で、過去には‘90日本女子オープンや
日本女子プロ、日本アマ、日本学生等などプロ・アマのビッグゲームが
開催されている名門コースで、

西コースの7番ホール、フロントエッジ100Y地点には
このコースで故井上清次プロの指導を受け、トッププロへ登り積められた
森口祐子プロの‘90女子オープン優勝記念プレートが埋め込まれていました(^O^)

会場となる西コース(少年男子)は ※ちなみに東コースは成年男子
適度にアップダウンがありながらも、フェアウェイは全体的に広く
結構伸び伸び打てるレイアウトで、要所のティーショットを考えて攻めれば

後はグリーン攻略が鍵になるんではないかと感じましたね。

そんな中で、初日は大雨のラウンド、2日目は天候は回復したんですが
風が吹くといった状況でのラウンドは、選手達にとっては
本当にいい練習になったんではないでしょうか。

選手達には、いつもの個人戦とは違い、国体は“団体戦”
それも学校単位ではなく“県の代表”として戦う訳ですから、
県民の皆様の期待や声援に応えられる様、心構えや気持ちの持ち方など

勿論、プレーの攻め方などは熟考して貰う必要があるということを
伝えさせて頂きました。

また、他の2名(3名の合計ストロークの2日間)と力を合わせ
同じ目標に対し、気持ちを高め、なおかつ多くの方の思いを胸に
(県代表3名といっても、一次選考、二次選考と勝ち上がってきた3名)

残念ながら、惜しくも選ばれなかった他の選手達の気持ちをも思いやり、
一緒に戦ってほしいという願いで一杯です。

でも、今回の合宿では
参加した4名の選手達は、懸命にプレーしてくれたと思っています。

ラウンドが終り、宿舎に帰る車中や、駅に向かう車中では
ご覧の通り・・・(笑)
CIMG0881.jpg
(もう、死ぬように眠っています(+_+)それだけゴルフ場では全力ってこと(笑))
※でも若いって素晴らしいよね・・こんなに眠れるし、食べれるし、よく喋るし・・
おじさん、もう結構つらい・・(*_*;(笑)

今回の合宿終了後、
ブロック大会のレギュラー選手を選手達に伝えたんですが
できれば、みんな出させてやりたい気持ちを抑えつつ

最終的に選ばれたこの3名には
全力を尽くして貰い、昨年度に続き“中国地区連覇”を果たし
この岐阜の地に戻って来たいと思っております!!

県民の皆様や多くの関係者様、保護者様ならびに
他のジュニア選手の為に、全力を尽くして参りますので
選手に温かいご声援をお願いいたします<(_ _)>


平成24年度 “ぎふ清流”国民体育大会 中国ブロック大会ゴルフ競技
      平成24年7月11~13日・広島カンツリー倶楽部・八本松コース

広島県少年男子チーム
      監督  金澤 武津生(広島トレーニングセンター代表)
      コーチ 里 太介(広陵高教諭)
          森 健太郎(国際学院高教諭)
      選手  小西 健太 (瀬戸内高3年) 
          保山 有生祐(広陵高3年)
          関藤 直熙 (駅家中3年)



permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ご質問にお答えします。
5歳というと、幼稚園の年中位ですかね・・・?

まあ、一番可愛い時期で、今の時期を充分に楽しまれていた方が
いいと思います(^O^)/・・(-_-)・・(*_*;・・(-_-;)・・(;_:)
(今にこうなる(笑))

本題に戻すと、3歳位からゴルフをやっても
別に球数とかをべらぼうに打さない限り、問題はないと思います。

しかしながら、幼少からゴルフばかりというジュニアに
見受けられるのは、
例えば“逆上がり”が中学生になっても出来ないとか(*_*;

懸垂が出来ないとか、壁倒立が出来ないというように
様々な運動の基本が出来ていないジュニアが多いということです。

なぜ?幼稚園やら小学校に
登り棒やら、鉄棒、ジャングルジムなどがあるのでしょうか?

それは、その年代に
様々な刺激というか、その時期にマスターしておかなければ
ならない運動機能があるからなのです。

回転感覚、位置感覚、バランス感覚・・・

ですから、小学生になったら
体育の時間にやる、マット運動、跳び箱、鉄棒、逆立ちなどが出来るのか?

もし、できなかったら
学校に頼るのではなく、親が教えてやる必要があると思います。

または、他のスポーツ(野球、サッカー、水泳など)も一度は
経験させることも大切だと思います。

その中から、本人が選んだものが一番であり、
それをサポートすることが親としての務めだと思います。

ジュニアの中には、自分は絶対にプロになる!
ゴルフ以外には考えられないと言い切る子供もいれば、

何か?親の希望に乗せられているような子供もいるのも事実・・・

でも、親は自分の人生は自分の生き様で
表現する方が、自分にも子供のためにもなると思います。

子供に期待を掛ける!、または子供が人生!という親がいても
いいとは思うのですが、

あくまでも、子供にも自らが選ぶ人生があるということは
理解する必要はあると思います。
permalink | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
願い!
昨日、地元新聞社様からとある題材への取材を受けました。

何でも、昨今のゴルフ競技に於ける
中国地区(広島勢中心)のジュニアや学生の活躍の背景を
記事にしたいという内容だったのですが、

それに対し、
私は3つの要因をお答えしたんですよね。

まずは一つ目。始める時期の若年化傾向。

石の上にも三年という言葉がありますが、
芸事や習い事、スポーツなどは“十年”という単位が
一つの目安になると思うんですよね。

例えば、私達がジュニアの頃は
中学生から始めても、決して遅いことはなく、きわめて普通だったのですが、
それから十年経ったら23~24歳。優秀な選手でも大学卒業後に
優勝するパターンだったんです。

でも、今は3~4歳(*_*;または小学1年生から始めることも多い。
とすれば、十年経ったら13~17歳・・・

これから考えると、体力的には劣るかも知れませんが、
技術的には高校生がツアーで活躍しても何ら不思議ではないと言える。

二つ目には、今は小学生を対象とするジュニア競技がめざましく
増加したということ。

彼らはゴルフ協会主催の試合、県連盟主催競技に各ゴルフ場主催競技、
並びにジュニアゴルフ団体の競技など、
小学生の内から、数々の試合や全国大会を経験しており、

言ってみれば、若いのに“百戦錬磨・・・・(-_-;)

場数が格段に私らの頃より違うのである・・・
(ちなみに、私らの頃には小学生大会などあるはずもなく(+_+)
全国大会に出るには、中学・高校と春は大阪のくずはpでの関西予選、

夏は滋賀の瀬田まで行って、関西ジュニアと
中国地区は関西に遠征するしか、試合が無かった訳なんです。

ところが、今は予選は広島ではあるは
中国でもあるは、四国でもあるは、勿論全国大会も連盟主催を入れても
二桁に達する位に試合があるんです。

幾ら練習をしていても、やっぱ試合から学ぶものは
何物にも代え難い貴重な“肥やし”。

その豊富な試合経験が、彼らが活躍する要因になっているとも思う。

それに3つ目は、多くの試合で出会った
同世代や同学年に好敵手やライバルの出現!

これは、普段の練習からモチベーションが上がりますよね。

やっぱ、試合で勝ったり負けたりしながら
負けた悔しさ(;_:)勝った嬉しさ(^O^)/を感じながら
日々次の試合に対し、挑むのはライバルの存在は欠かせませんね。

この3つが大きいのではないかとお答えしたんです。

但しね、あまりにもスコア重視、結果重視になり過ぎて
その陰には不正なプレーをしたり、スコアを誤魔化す(-_-)プレーヤーが
いるもの現状なんですよね。

だから、私的には
勿論、技術の指導や戦術などの指導は大切だと思うんですが

一番大切なのは、挨拶、マナー、目上の方に対する礼儀等を
中心に指導する役目があると思っているんですよね。

将来ゴルフで活躍することは多いに結構・・

でもね、ゴルフをしない時間の方が長いし、
現役を辞めてからの時間の方が、もっと長いと思うんですよね。

ちょうど、今日の午後から
広島を発ち、岐阜にて週末は少年男子強化合宿を行うんですが、
選手達には時間を割いて、こんな話を行うつもりなんです。

誰からも可愛がられ、好感の持って頂けるような
ゴルファーになって貰う方が、
強いゴルファーになるよりも、嬉しく思うのは私だけではないと思います
・・・(^O^)/




















permalink | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274