来月はリニューアルを(^O^)/
明日から11月に入りますね。

そこで、来年に備え
さらなるトレ―ニング環境改善に向けて、
来月にリニューアルを予定しています。

今のフリーウェイトゾーンを充実(新台にチェンジ)し、
一部マシンを入れ換え
顧客様のさらなるご要望にお応えしたいと思っております。

予定は11月中・・

搬入の際には、ご迷惑をお掛けするかも知れませんが
何卒、ご容赦の上宜しくお願いいたします。

搬入後には、またお知らせいたします!

スポーツジムは広トレ!




よい思い出になるね・・(^O^)
昨日、長男がホームコースでクラブ選手権に優勝した。

今年、開場60周年になる広島ゴルフ倶楽部で、
親子でクラチャンになったのは、初めてのことらしい・・・

思い出せば、このゴルフ場には本当に
お世話になりっぱなしである。

私が両親に、
このゴルフ場の会員にして頂いたのが16歳の時。
もう、32年前のことになる。

そして今年の2月、13歳の誕生日になった時、
長男をメンバーにした。

男親としては、生まれてきた子供に何かを継承したいという思いがある。

その時、脳裏に浮かんだのが
私がのめり込んだゴルフというもの。

ゴルフは一人でも出来るし、
プレーする時は必ず2~3名が一緒に空間を
共にし、会話やらコミュニケ―ションしながら
周るのは本当に楽しいし、
将来の仕事にも必ず役立つという思いで

小1の冬から、軽い気持ちで始めさせたのである。

そんな時、ジュニアの子を持つ親御様達から、
俺達の時代とは違い、
今は小学生の試合もあり、全国大会まであることを教えて頂いた。

試合になると、当然スコアによって表彰される。

俺の勝手な思いだったけれども、
どうせやるなら一番最初に名前を
呼ばれた方が嬉しいし、この思いは体験した者でなければ
分からない充実感がある。
(※CMで“お金で買えないものがある”っていうフレーズがあるが
正にそれである)

だったら、上手い方がいいっていう親の勝手な思い(笑)で、
このゴルフ場で小2から練習が始まった。

それこそ早朝、俺は4時半に起きて長男を連れ、
霜が芝生を覆う冬場にも、
真っ暗の中で懐中電灯と湯たんぽ(笑)を手にし、
練習したり、たぬきやキツネ?やらが練習中出てくることもあった。

男の子だから、高いとこから飛び降りて
足首を骨折していた時も、おぶってゴルフ場に行き
椅子に座らせながら、球を打たせた思い出もある(笑)

それこそ、晴れ、雨中、雪でもね(@_@;)

多分、俺もこいつも一生忘れない思い出だと思う(笑)

いや~、多分今やれっていったって
多分もう出来ないと思う・・・だって寒いし、辛いし、眠いし
それともう衰えたし(笑)

でも、それで得たものは、
続けていれば必ず成果はいつか出る!
続けることが一番簡単そうで、一番難しいことだということ。

勉学だって何でも一緒。

会長だってそう、日本一は一番続けた人間がなるもんだと思う。
(この道56年である)

でも、そのお陰かも知れないが、今は俺の手を離れ
一人で自転車に乗って練習場に通い、
このゴルフ場にも自転車で来て練習をしている。

そのお世話になっている広島GCで、
形に残る成果を挙げたことは
本当に嬉しいし、将来、ゴルフ好きな上司に
「中学2年の時にクラチャンになったことがある」って言ったら

多少、出世に役立つかも知れませんよね(笑)

まあ、これも会員の皆様がよくして頂いたお陰様であり
これからも鍛えてやって頂きたいと思っております

9年ぶりに我が家に帰ってきた優勝トロフィー!
CIMG1034.jpg

ここに親子の名前が刻まれることが、
今は何より嬉しく思いますね!






















流れが無い・・<(_ _)>
昨日、中国インタークラブが終了し
我が広島GCは、出場27チーム中10位に終わってしまいました。

内容は若い2人が頑張ったのですが、私は79を打ってしまい
チームに貢献することができませんでしたね<(_ _)>

表彰式の前、女子プロツアーで今季も1勝を挙げ、
賞金ランキングでもトップ10以内をキープしている
トッププロのお父さんにこう言われました。

「お前、流れが無い、流れが無くなっているんだ。
一目見て、お前はゴルフをしていないと分かった」
とのご指摘を・・・・

これは、スイングとかじゃあ無く
ショットの間合い、歩き方、雰囲気が試合に出ていないって
一目で分かるって・・・

先週の練習ラウンドが、約2ヶ月半ぶりのラウンドだって
言わなくても見抜かれるんです・・

実際、今回の自分のゴルフって、
ヤ―デ―ジブックで距離を見て、歩測もして
間違いなく距離は正しいんだけども、目で見たら

何か?近く感じることが度々で、それで間を作ってみたり、
恐る恐る打ったりしていたことが多々あり、

今回はギャラリーがコース内に入場禁止だから
上がりホールで見ただけで、私の心の様子を見抜かれて
いた訳なんです。

元々、自身もトップアマとしてご活躍され
娘さんがツアーに出てからは、自分は試合に出るのを止め、
ほぼ毎週ツアーに応援に行っていたんですから、

試合で結果を出せる選手と出せない選手などを
実際に自分の目で見て、感じている方だからこそ
この言葉には感じるものがありましたね。

「昔はそんなんじゃあ無かったろう(-_-メ)
お前、試合に出なきゃあダメだ」って最後にもこのお言葉・・

有難いと思いましたね<(_ _)>

実はね、あの田村尚之君もこの方のことを
「ゴルフの恩人」って言っているように、彼のみならずに
私も若い頃から、本当に厳しい言い方をされたことばっかり・・

元々、口は悪いから(失礼)散々ぼろ糞に言われていたことは
多々ありました。

只ね、こいつを良くしてやろうとか、こうやったら
もっと上手になるって、いう思いは感じるから
俺達にとっては感謝するしかないんです。

今回も、そうやって気にかけてくれていて
さらに貴重なアドバイスをして頂いた・・・
頑張らないといけないと感じました<(_ _)>

でも、今年になって試合に少しばかりカムバックして
今回主催の中国連盟様の試合は、
多分平成18年の中四国オープンが
最後だったから、6年ぶりに出たことになりますね。

何となく、懐かしさというか
いろんな思いがありましたね。

で、その連盟の美人職員様に、こんなお言葉を頂きました。
「監督として、何て書くんですか(-_-;)」

多分、散々厳しいことを言っている手前、
どうやって弁明するのかというような・・
顔は美しいのだが
結構核心をついてくるおきついお言葉・・・(-_-;)(-_-;)

それを受けて今、言えること!

とにかく、まだまだ私の力不足!
だからもっと気を入れて日々精進したいと思う。
努力が足らない、練習が足らない、我慢が足らない。

只、今は下手だけど、必ずもっと上手くなって
選手達より絶対に上手くなりたい気持ちを持ち続けたいと・・

それは俺だけの問題ではなく、応援してくれる方がいる限り
全力を尽くすのが筋だと思うからね。

今回のインターでは、様々な方にお世話になりました<(_ _)>
心より御礼を申し上げます。

また、心が籠ったご助言を頂いた方々には、
再度御礼申し上げます<(_ _)>

追伸:
早く病気を治されて、元気な姿が見れることを心より願っています!
頑張ってください(^O^)
























禁じられた捲り・・とは
ぎふ国体で、現地練習をした際、名古屋までは新幹線で移動し
そこから尾張一宮駅までJR沿線で移動したことがあったのだが

そこでの車中で、中吊り広告に面白いものを発見した。

地元競輪場の広告だったんですが、
男女のカップルが会話形式の内容で題名は“禁じられた捲り”
(多分、男性は競輪選手役)

女性「地元の記念で本命背負って、師匠と兄弟子と同乗なんて
どんだけプレッシャーなのかしら?」

男「勝つレースもしなくちゃあいけないが
多少、強引でも早めにかますしかないよね・・(-_-;)」

これはね、競輪競争が力勝負だけでは無く
いかにも人間関係が絡んでいる一面を表わしている内容で
思わず吹き出しそうな内容なんですよね。

これを解説してみましょう。

地元の記念とは、開設記念競輪・GⅢグレードで
まあまあ大きな大会で
しかも、本命を背負うってことは、この若手から車券が売れる
つまり、多くのファンが彼からお金を掛けるってこと。

だから、勝たないとレース後に
ファンから「●●▼×<`ヘ´>」「×●▲・・<`ヘ´>」というように
虫に例えられたり、
または聞くに堪えない罵声が浴びせられるのである・・

でも、同乗するのは師匠と兄弟子・・(-_-;)

日頃、お世話になっている師匠や兄弟子と同乗すると
自分が捨て石になっても、このご両人に勝たせるため、
早めに主導権をとって、先行するのが人の道・・・(笑)

※でもね、本来は自分が本命だから勝つために、
2角、3角で捲りを打って
一気に駆け抜ける戦法が得策なんだが、

それでは足が衰えつつある
師匠がダッシュに付いていけず、ちぎれる(離れる(-_-;))から、
師匠に勝ちもプレゼントできないし、
師匠にファンから容赦ない罵声が飛ぶ(笑)

だから、競輪を知っているファンは
こんな時は彼から買わないのが一般的なんですよね。

でも、多分彼の実力が凄いから
それでもファンは彼から買ったとしたら!・・・・

で、この広告にある彼の究極の選択とは、早めにかます!

最終ホームで、師匠がちぎれない程度に
後方集団から先頭グループを追い抜かし、
あわよくば自分も残れるし、師匠か兄弟子も
ゴール前で差せて貰ったら、
ハッピーエンドってことになるんだ(笑)

何か、思わず笑ってしまいましたね。

まあ、人生を生き抜くって実力よりも
人間関係の方が大切だっていうことを、よく表現してある
ブラックユーモア溢れる広告でしたね。

でも、本命を背負って勝つってことは
やっぱ、凄いことだと思いますね。

この試合は、多分彼が勝つだろうって
みんなが思っている中で、
勝てる選手がやっぱスーパースターだと思う。

それこそ、全盛期のジャンボ氏なんかは
トップに立っても逃げ切る、後方にいても大逆転で勝っていたからね。

でも、この間の日本オープンはBSで見ていても
何か・・(._.)痛々しかった・・・ん~っ

シニアに行かないのは、プライドと意地なのかも知れませんが
もう一度、あのジャンボ氏の独特の口調での優勝インタビューを
聞きたいのは多分、俺っちだけじゃあないと思う。

いつの時代でも、
第一人者は“強気な口調とプラス思考”が似合うと思う。













時は過ぎゆく・・・(-_-;)
最近、コンビニのガラスに貼ってある宣伝文句に
クリスマスケーキや年賀状の予約を・・と書いてある。

もう、そんな時期になったのか・・と思うと
本当に時が過ぎるのは早いものであるとつくづく感じる(-_-;)

時は過ぎるというと
最近、我が家ではこんなことがあった。

長男がラウンドに行くので
ウェアに着替えていたんですが、ちらっと見たら
何か?違和感を感じた。

確かに、白のスラックスを履いているのだが
どう見ても見覚えがある。

よく見ると
何と・・・私のスラックスではないか(@_@;)
(本人は間違えてきていたのだが)

でも、別に見た感じもおかしくも無く、
腰周りも若干大きいだけで
全く違和感を感じない。

只、裾が若干短いと思った位だろうか・・(;_;)

(裾が短いということは、まだ俺っちの方が背は高いのだから
脚の長さが誰かが(-_-;)短いということだろう・・)

ついこの間、
靴のサイズが一緒になり、いつの間にという感じだったのですが
まあ、知らず知らずの間に
成長しているということなんでしょうね。

でもね、このスラックス探しは小学生の頃、
探すのに苦労した記憶があるんですよね。

まず、腰が小さいのでサイズが無い・・・

大人用はそれこそ数や品ぞろえも多いので、
今は苦労しないんですが、
その当時はネットなどでいろいろ探し、
苦肉の策では、大人用を買って裾を切ったのはいいんですが

足回りが不自然でよく
「まあ、こんな不格好なもの履かせて<`ヘ´>(怒)」って
家一番の権力者によく怒鳴られたもんです。

※選手達にいっておく。
いつも小言を俺に言われているだろうけれども
実は俺もかなり言われているので、同じ境遇だということ・・(;_;)

只ね、つくづく今思うことは
時が過ぎるのは、本当に早いということ・・・

だから、一日一日を大切に
頑張っていかなければならないってことだと思いますね。

でも、足が誰かが短いって
こんな証拠を見せられては、何かショックだよね・・

短いのは、ロングパット位にして貰いたいと
思う今日この頃です(;_;)(-_-;)








1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284