それぞれの五輪!
ロンドン五輪も始まり、日々熱戦が繰り広げられています(^O^)

まだ序盤戦ですが、日本は下馬評どうりの展開になっていませんね(-_-;)

これが、やはり“これがオリンピック”なのかも知れません・・・

マスコミの多くは、前回の北京五輪で不成績選手に終わった選手に
「4年間の思いをぶつける」と表現することをしばし
耳にすることがあったんですが、

それは、その日本選手の思いには間違いないとは思うのですが、
他国の選手にも、同じ気持ちの選手は一杯いると思うんですよね・・

それぞれの選手にはご家族がいて、
周りでサポートしてくれる方々や応援して頂ける方が
沢山いらっしゃるんだと思います。

そんな思いを背負って
戦っている選手だから、必死にもなるし、
絶対に勝ちたい気持ちはどの国の選手も変わらない。

だから、勿論
金色に輝くメダルを国民が期待するのは、しょうがないとは思うんですが、
獲れなかったからといって

罵声や罵倒を浴びせるのは
これは違うと思うんですよね・・・・・

誰もが勝ちたい・・
でも、そこには実力だけではない
“運”や“流れ”など様々なことが噛みあわないと

実力が拮抗しているだけに
絶対っていうものは無いんだと思う。

4年に一度・・・・

これは出たことがある選手でなければ、分からない重圧だと思う・・・

だから、勝っても負けても
国を代表して、戦った選手達には
“お疲れ様でした”っていう思いでいいと思う。

この時期になると
にわか評論家(~_~メ)が増えて、
心ない言葉やそれこそ非国民的な態度を表わす方もいると聞くが

全力を尽くした選手には、心より労いの言葉を掛けてあげたい・・

例え、負けても、それでどこかの国の選手のご家族達が
喜んでいるんなら、それはそれでいいんじゃあないかと思う。

結果よりも“全力を尽くし”挑んだことが
誰よりも素晴らしいことだと思うから!




やっとライバルになったね(;_:)
昨日、開催された中国小学生ゴルフ大会にて、
あっちゃん(大石敦也君・小5)が2位に輝き、
全国大会の切符を手にいれました(^O^)/

この少年が、内に初めて親御さんと尋ねてこられたのが
今から約1年半前で、まだ小3の冬だったんですよね。

その当時、この子の同年代には
全国でも“超有名な隣県のS君”がダントツな成績を残していたんです。
(まあ、今でもそうですが)

でもね、その時から、今はそれこそ到底かなわないかもしれないが
目指すは追いつき、追い越せで、頑張ってきたんです。

当面、技術では敵わないかも知れませんが
体力とその体力をつける為に、継続する精神力を課題に頑張ってきた姿
CIMG0883.jpg
これはね。
スポーツの基本である、体幹を自然に強化し、
全身の筋群を効果的に鍛える効果があるんですが
簡単に見えてこれが出来るものは少ない・・・

※ちなみにこれは見本:ぶら下がって頭上より上につま先を挙げる動作
CIMG0884.jpg
(撮影者:敦也(笑):やっぱモデル(俺っち)がいいからね)

(これが俺っちの場合、20回は連続で出来るから
ゴルフ歴33年で、腰に痛みが出たことがないんです(^O^))

これもね。彼が毎回手抜きをせず
一生懸命に頑張ってきた成果だと思う。

敦也の最大の長所は、目が輝いていること・・
(ゴルフが好きだって心が訴えているよね)

当然、そんな目をしている子は
ゴルフが上手くなるためなら、努力を惜しまないから、

昨年の同大会は92で順位は21位・・

それが、今年は72で第2位と、S君に2打差まで追いついてきました(^O^)/

まだまだ彼との差は大きいとは思うんですが
でも“ライバル”っていえるとこまでは来たんじゃあないかな(^O^)

昨日の中国ジュニア・男子12歳~14歳の部のプレーオフでも
最終的には、同学年の2名が8Hに及ぶ激闘の戦いをしたんだけど
やっぱ、同学年ってのは燃え方が違うよね(@_@;)

今後も勝ったり負けたりしながら
お互いに“負けたくない”って思いながら、伸びてほしいと思います。

同世代の“ライバル”って、
本当に尊いもんだと心から感じた彼らの戦いぶりでしたね<(_ _)>














定期健診!
内の会員様で、ご職業が歯科衛生士をされている女性がいる。

その方から、歯について様々なお話を聞く機会があり、
まあ、段々を歳をとっていくと歯、目、●●という(笑)
老化を示す基準からいうと、歯は真っ先に弱る部分だから
やっぱ気になりますよね。

最近ではインプラントという治療も盛んに
行われているんですが、
その方曰く「自分の歯に越したことは無い」とのお言葉には

やっぱ、説得力がありましたね((+_+))

で、その歯が自然に抜ける、歯ぐきが退化する一番の要因が
“歯周病”

その原因というのが、歯垢なんですって・・・・

勿論、食べたら磨くっていう習慣が大切なんですが
どんなに磨いてもすべて取り除ける訳では無いらしいんです(-_-;)

そこで、お薦めされたのが
歯の定期検診!

理想は3ヶ月に1回、少なくとも6ヶ月に1度は
掛かりつけの歯科に通って、歯垢を取り除くことが大切らしいんですよね!

それをしっかりやっていると
歯も抜けないし、自分の歯で一生噛めるというのがやっぱ理想です。

インプラント治療も高いし、
また、トラブルも多いと聞くし、
やっぱ、自分の歯を守ることを考えた方が得策ですね。

なるほど・・・・

やっぱ、3ヶ月に一度は歯科に行くしかないよね。

歯科って、虫歯にならないと中々通えない所なんだけど
実は日々の手入れに管理が大事なんだってことが
また実感いたしました(^O^)/

何の分野でも一緒なんですよね。

起こってからよりも、起こる前にしっかりと管理しておくことが
大切だってことがね(^O^)/

スポーツジムは広トレ!

初心に返って・・<`ヘ´>
先週の試合以来、また初心に戻って
脚を虐めている・・・

テーマは膝の粘り!

まあ、当然すぐには結果は出ないんだろうが、
今回ばかりは性根が入って取り組んでいるんですよね<`ヘ´>

昨日は親子で、夕方からホームコースへ!

今年から長男もメンバーにしたから、一緒に練習をしようと思ったんですが
やっぱ、練習を気を入れてやるには、一人がいい・・・

だから、あいつは2番ホールで、
俺っちは3番ホールでの練習になった。

まあ、もう一度筋力を回復した時を目指し、シュミレーションしながらの
球打ち・・・・中々楽しい(^O^)/

やっぱ、ゴルフが好きなんだって感じた時でしたね。

来春からは
親子で予選から挑戦予定。

俺も負けないように、頑張るつもりです。

親の威厳を見せんとね(笑)

・・・・・反省
昨日、今年の私の個人戦が終了した。

試合のスコアが現在の実力であるのだから、
今回の結果は真摯に受け止めるしかない・・

反省する所は反省し、改善する所は改善しないといけないと思う。

今年、5年ぶりに試合にカンバックした。

自分では不安感よりも期待感の方が大きかったが、
実際にこの5年の間に失っていたものを今、実感している。

誰もが試合になると、気の入れ方や緊張感で普段通りの
スイングをこなすことが
厳しくなる(これがメンタルゲームと言われるゴルフ所以である)

これは技量に限らず、誰もが経験する現象である。

素振りと本球・・・

この違いを一言で言うと、膝をいかに柔らかく使えるかに尽きる。

一度、何も考えずに素振りをしてみて下さい。
誰もがフィニッシュまでバランスを崩すことなく振り切れますよね。

これは左膝にゆとりがあるからなんですが、球を前にして
いざ打とうとすると、膝にゆとりを失う・・・・

昨日、ラウンド中に初めて左膝に違和感を覚えた。

この5年間で失ったもの・・
この膝のゆとり・・すなわち粘りを欠いている。

今までも緊張感から、球を曲げた記憶が若い頃から多々ある。
しかしながら、ミスは右へのミスだけだった。
(今までチーピンと言われる左へ急激に曲がる球は打ったことがない)

なぜなら、試合で緊張しても左膝が我慢してくれて、
フェースの極端な開閉が
少なく、フェース軌道も保てていたと思う。

ところが、昨日は左膝が我慢できずに、
左サイドが伸びあがるとフェースが
返らず、右へ・・また左の股関節が割れるとフェースがかぶって入り、
左への真っすぐなひっかけが出るようになった。

ゴルフで左も右も意識しながら打つというのは一番厳しい・・

また、メンタルと肉体面の因果関係はこういう関係もある。

精神的に緊張すると、心拍数や呼吸は早くなり、
いつものリズムがとれなくなりやすい。
これは一般的によく知られていることだ。

もう一つ、精神的に緊張するとその反応は下半身に表れる。
特に膝や股関節周辺が暴れだすから
バランスよくフィニッシュがとれなくなる。

昔、ドラコンに出ていた頃は、ヘッドスピードを上げるために
左膝とわざと伸ばして振っていた。

これは筋力を身体の動きで補う反応なんです。
筋力に衰るジュニアゴルファーが、
ジャンプアップスイングってこういう理由があるんだ。

試合に出続けていた頃は、
多分その反応を強靭な膝周りの筋力で抑えられていたのだ。

でもね、
上肢の筋力は落ちていないんです。
上肢の筋力がはっきりと表れるのがアイアンの距離。

アイアンは上肢の筋力が、結構飛距離や球の高さに関係する。

但し、ウッド系は下半身が衰えると如実に低下する。
実際に3wの距離は5年前より15ヤードは低下している。

只ね。この距離に対する心の拘りって
左膝にも出てくるんですよね。
タイガーも一度膝を手術したことがありますよね。

よく、老化は脚から始まると言われる。
事実、運動生理学からみてもそのデータは事実である。

勿論、膝周りは定期的に鍛えているが、
試合の中で、粘れなくなっていることを今回初めて実感をした。

今からシニアになっていくんだから
緊張しても上肢の筋力に耐えられるだけの
膝や股関節の筋力を維持していくっていうことが大切だってことに
気がついた。

これも、試合に出なければ、得られなかった貴重な体験だと思う。
今後の中・高齢者のスポーツ愛好家の皆様に
また、様々なことをご提供していけると思っている。

やっぱ、試合から学ぶものは本当に大きかった(^O^)/

でも、
初代王者どころか・・(+_+)
なにをやってんだろうね・・・こいつは(笑)

でもね、昨日はまだ残念な結果もあったんですよね。

表番組でね(はっきり言ってミッドアマは裏番組だった(笑))
中国ジュニアが行われていたんですが
また、悲喜交々なドラマがありましたね。

全国大会に初めて出れる選手に、惜しくも残れなかった選手、
最後の高3の夏に、日本ジュニアに行けなかった選手・・・・

まあ、私も最後の夏だけは涙を飲んだだけに、気持ちが分かるだけに
行かしてやりたかったですよね・・

ジュニアや学生はその時期だけだから、なおさらね・・・

まあ、この悔しさをまた次に生かして貰いたい!
としか言いようがありませんが・・

えッ、お前もって声が聞こえそうですが
私は全然大丈夫です(笑)
Nextゲーム目指してさらに頑張ります。

私のJGAの紹介ページには、書いてはいませんが
目標とする人
“ターミネーターの相手役”って書きたい位です(笑)

本当にひつこいもんね(笑)












1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284