広トレ-ブログ

広島トレーニングセンター&プロショップの気になる出来事、情報、トレーニング論、管理人日記、監督のぼやき(-_-メ)(笑)・・・などを随時更新いたします。
最後の夏?!
野球ファン注目の早実のK選手は
残念ながら東京都大会決勝にて敗退し、
3年生の夏は甲子園出場はなりませんでしたね・・

よく言われる最後の夏っていうやつです!

そう言うと、
実は私も最後の夏は同じ思いを経験しています(+_+)

高2の夏に日本ジュニア、高3の春に
オールジャパンジュニア(今でいう全国高等学校春季大会)に
出場し、

3年生の夏は残念ながら、日本ジュニアの出場権は
逃してしまいました・・・(*_*;

それも中国大会では、優勝候補として
スポニチにも名前出ていた関係で、それを見て期待していた
会長の怒りは大きかったのでw

相当怒られたことを覚えていますw
(そのお陰で精神的には恐ろしい位タフにならせて頂いたw)

まあ、当時はそれは口惜しいし、
落ち込みましたが、
今となってはよき思い出となっていますね!

よく言う“最後の夏”って
高校で野球を辞めるのなら、最後の夏なんでしょうが、

それ以降続けるのなら、別に最後ではありません!

暑い夏は毎年来ますしw、
一番大切なのは、それを続けていくことだと思います。

よくこの時期になると
大会で歴代王者の名簿を目にすることがありますが、
その中で今現在、何名の方が
現役で試合に出続けておられるのでしょうか?

ほぼと言っていいほど、跡形もなく消えてしまっているか、
昔の面影はない位に当時を維持できていないと思います。

一番難しいことは、それをいつまでも続け、
自分を磨き、後進の方にも
よき影響を与え続けられることだと思います。

その点、会長は私にとっては
鬼に近い存在でしたがW、
(あの口調で毎日ライブで嫌みを言われたw)

でも、そのお陰で
何が起こっても全く気にしなくなりましたし、
少々のことでは動じなくなりました(^O^)/

お陰様です!

最後ではありません!続けている限り(試合に出ている限り)は
リベンジの機会は幾らでも訪れます!

だから、何かをずっと続けていける人が
一番幸せですし、一番生きている実感がある方だと思います。

皆様もどうせ生きていくなら、
燃えること見つけて、それを最後まで続けていく
人生を実践されてはいかがでしょうか!

会長も私もいつでも皆様の“鬼”になれますよw

スポーツジムは広トレ!










permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
アマ時代は関係ない⁉
最近、感ずることがある。

スポーツの世界では(それに限らんが)アマチュアを経て
プロに転向するのが道筋なんですが、
アマチュア時代に活躍したからといって、
決してプロで活躍するとは限らないということなんです、、

勿論、アマで抜群に強くて、
プロでも大活躍する選手も沢山いますが、
意外とそうでもないケースも多いんです。

その理由の一つに
勢いがあるときにプロになり、
早めに大きな波に乗る活躍をみせれば
そのまま安定というパターンはあるんですが、

勢いのある時に転向を躊躇して、
下がった時に転向せざるを得ない場合には
こんな現象が起こって来やすくなりますよね💧

勿論、勢いのある時に
自分がスランプに陥るなど、考えもしないはずで
それが難しいといえば難しいとも言えますが、

やはり、何が起こるか分からないのが
人の人生なんですから、
(今、波来てるな)って思ったら、

後先考えず、飛び込むっていう
気概は持つべきだと思います!

また、波が下がった時に
考え過ぎる性格が拍車を掛けることも考えられます。

(偶々だろうw)と楽観的に考える性格ならまだしも
なぜ?💧なんで?💧頑張らんと‼💢と思う性質なら
要注意ですね。。

考え過ぎるといいものまでも
無くなってしまいますし、必死になればなるほど
女性と一緒で逃げてしまいますよw

ある意味のいい加減さと
一番大切な自信を失わないように
日々精進するしかありませんね。

但しね、私が若い子らを見て来た経験上、
自信があるからとそれが過信になった場合は
厄介なことになりますね。。

「練習してもあまり変わらない」とか
「練習嫌いです」って思っている子は
上にいく手段がありませんよね。

世界チャンピオンになったらまだしも
実際、上には上が幾らでもいるわけですから、
少しでも野心があれば、

人よりも練習、練習って実践出来る者は
必ず波が来ると思います!

その気持ちが無くなったときが
潮時だということだと感じますが、
さあ、貴方はどうでしょうか!w

スポーツジムは広トレ!


















permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
よくお気づきで(^O^)/
先日、女性の顧客様が
「最近、女性増えました?」とのこと!

よくお気づきになりました!w

そう、午前、昼、夜と様々な年代の女性顧客様が訪れ、
今年の新規ご入会者様の約半数が女性様に
なっているんです(^O^)/

これはやっと、思うような事になってきた感じです<(_ _)>

前から言われていたことに
広トレって
ボディビルジムだから!スポーツ選手専門のジムだからという
認識を数十年前からされていたんです・・・

でもね、私が望むことは
どんな年代の方でも、どんな運動経験が無い方でも、
どんな運動が苦手な方でも、

誰でも敷居が高くなく、誰でも出来る日々の運動を
皆様のご希望を叶えるように
ご提供したいということなんです。

だから、それに対して永年対策も打ってきました。

多くの方が利用する所では
自己中心的な行動は許されません。
(大きな音、声、不快に感じる露出、
他人への干渉等)

マナーの悪い方で改善が見られない場合は
辞めて戴くこともありました。

重い重量を挙げるのだから、大きな音・声は仕方ない?
でも、これは大きな勘違いです。

他の方への気遣いがなければ、世の中渡れません!

それが訂正できないのなら、
誰もいない個室で行なうか、それが容認される場所で
行うことがいいと思います。

会長も同じ考えです。

大きな音、奇声、常識外れの方を
異常に嫌います。

それは競技者なら何をやってもいい!という考え方ではなく
競技者こそ、スポーツマンとして
他の方より立派な態度が求められるということです。

そんなわけで、変革が少しづく浸透していくと
やはりそんな変化が表れてくるということだと思います。

広トレの看板に書いてあるように
“いつでも、気軽に、どなたでも”を
さらに推進して参ります!(^O^)/

スポーツジムは広トレ!











permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
31年前も(-_-)
この光景は確か31年前に
テレビで見たのを覚えている・・・

昨日終了した全英オープンゴルフにて、
日本期待の松山選手が最終日、
スタートホールにていきなりのトリプルボギー・・

この瞬間に追い上げを期待した本人も
応援する周りも相当なダメージを受けたのは
間違いないですね・・・

実はね、31年前の全英オープンの最終日にも
首位と1打差!という絶好のポジションで迎えた中嶋プロ!

その期待は同じくスタートの1番ホールにて
ダブルボギー発進となり、
今年と同じような光景を目撃したことになる。

しかし、松山選手は首位と7打差あるのですから、
相当な追い上げで、なおかつトップ選手が
崩れるという展開にならない限り、
目指す“メジャー制覇”は無いのですから、
若干、一か八かというプレーになるのは仕方ないのですが、

31年前の場合は1打差ですから
まだまだ蛮回の余地があったとは思うでしょうが、
ゴルフって我慢できる時は我慢できるんですが、
どんなに気持ちを切り替えても
どうしようもない時ってあるんですよね・・・

当時32歳。その後はメジャーで勝てませんでしたから
そのチャンスを逃してしまったことは
残念だったと思いますね・・・

でもね、世界ランクのトップ選手が
準備も万端にし、右を警戒しながらでも
OBを打ってしまうなんて・・・

やはりゴルフというのは“難しい”ということを
今さらながら感じましたね・・

スタートホールというのは
誰でも思うことなんですが、
何か独特の緊張感もありますし、
バーディとはいかなくても、せめて無難にパーで
通過したいという気持ちなんですよね。

そのスタートでいきなりダブルボギー以上というのは
これは心も慌てますし、
その後に気持ちを切り替えることに
相当なエネルギーを必要になるんですよね。
(この間、経験したばかりです(-_-;)w)

さあ、次戦は8月の全米プロですね!
(前も言いましたがこの試合で勝つような気がします)

ランガー選手も出ると思いますので、
頑張って貰いたいですね!

やはり、ゴルフは上手くいかなくても
やめられませんね(+_+)w

スポーツジムは広トレ!















permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
俺は武蔵では無かった・・w
今年の3試合初めて試したことがあった。

(宮本武蔵は練習ラウンドしない)w

剣豪"武蔵"は数々の果し合いや決闘により
剣の道を極めた!

その闘う相手と
事前に練習をしないだろうという勝手な思い込みによりw
今年は練習ラウンド無し、すべてぶっつけ本番!で
挑むことにしたんです。。
(休んで顧客様に迷惑かけたくないのも大きい)

それも生涯一度も廻っていないコースを
敢えて廻ってみたのですが

スコアは初戦72、二戦目77、三戦目79と
尻下がりにwスコアは下がる一方。

その理由を解説すると距離やレイアウトに
自信が持てないので
心に躊躇が起き、それで失敗すると
段々と疑いが強くなり、

少しづつ体の動きに思い切りが無くなっていき
結果、ボールに表れるということなんです。

まだ初戦と二戦目は名門コースで
打つべき個所が確認出来るレイアウトだったのですが、

三戦目はアップダウンがあり、
スタイミーなレイアウトは距離感やレイアウトに
疑いが大きく、

スタートいきなり躊躇してダボ。
4ホール目には打ち下ろしのホールで
多分、池に入らないだろうと思って打って、
行ってみるとボールが無い。

フォアキャディさんいたんですが、見てなくて
池に入った確認出来てないから、打ち直しに戻って
なんやかんやでミドルで9(T_T)

なんと。。4ホール終了時で7オーバー。。

後はなんとか堪えましたけど
そのミスは取り戻せませんでした。。(T_T)

これはやはり練習ラウンドをやって
事前に距離を測っていたら防げるミスだと
つくづく感じました(T_T)

まあ、色々と試しながら
10年のブランクを取り戻し、さらに旨くなれるように
精進するしかありませんね!

ハッキリと分かったことは
私は武蔵では無いこととw
ゴルフを舐めてはいけませんよと言われた思いです!

さらに謙虚に精進いたします(+_+)

スポーツジムは広トレ!

permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274