“スピードスター健在・・・(;_:)
激闘に終わった中国アマの最終日、
監督並びにタムちゃんのお父上は、前出のように東児が丘に向かった。

でも、この移動はそんな生易しいものではない・・・(-_-;)

スピード狂として、知る人も知る“廿日市のスピードスター”
お父上の運転だからである。

とにかく、何でも最初が肝心という思いで、朝一に必死の説得も虚し、
やっぱ、ハンドルを握られてしまい(;_:)でもひょっとすると・・・
(もうお父上も高齢だから(失礼)もう飛ばさなくなっているかも)

という期待は、高速に入るや否や・・見事に裏切られた・・(;_:)

いや、実際はもっとスケールアップしているではないか(@_@;)

人は恐怖を感じると“無口”になることがはっきり分かった。
言葉が出ない「・・・・・・」
とにかく言葉が出ないのである。

ここでお父上「何か具合が悪いの・・・静かだけど?」

「・・・・・・」言葉が出ない・・(;_:)

ここで、田村マジックの秘密が分かった。
3歳からゴルフを始めたというのは、結構早い方だと思うんですが、
もっと秘密があった。

ここで問題!

A:フェアウェイ幅が10ヤードで、左右がすぐOBのホールをドライバーで打つこと
B:タムちゃんのお父上の助手席に座る

この2つの内、どちらかを選べと言われたら
何の躊躇もなく、監督はAを選ぶ!!!!!

そう、幼少の頃より
あの恐怖に慣れていれば、狭いホールにドライバーで打つことなんかは
朝飯前・・・である(;_:)(命まで取られないもんね・・・)

まあ、死ぬ思いはしたが、秘密が分かっただけでも収穫はあった・・・

熱戦終了後、今度はハンドルを握ることが出来(^O^)/
2時間半の間、喋りまくった!

(人間は恐怖を感じると無口になり、プレッシャーから解放されると
普段と同じようによく喋ることがよく理解できた)

メンタルが原因で崩れるプレーヤーの皆様。

一度、タムちゃんのお父上の助手席に乗るといい。

命の有難さが心から感じることだろう(笑)

CIMG0625.jpg
追伸:命が辛うじて繋がった監督は
昨日マツダスタジアムにて、ソフトバンク戦を観戦した。
(何でソフトバンクかというと、監督は生まれ変われるなら
ヨン様か今田竜二プロか川崎宗則選手に生まれたい(笑))

8連敗中のカープはの先発は“ジオ”
その発表時に長男にこう予言した。

「今日は9連敗で、スミ一(1-0)で負ける」と

「何で?」「だって背番号91だもんね」「まさか(笑)」

結果は1-0でカープの9連敗! 

命を繋いだ監督の野生の勘は益々冴えわたる(笑)

間違いなく国体も優勝すると確信した(笑)











親御さんの思いに・・・
CIMG0618.jpg
本日、最終日を迎えた第41回中国アマチュアゴルフ選手権は
最終組の4人による激闘の末に、
石徳俊樹選手が大会連覇を果たしました(^O^)

本当に素晴らしい熱戦で、スタート時では同スコアの展開が
ハーフ終了時には3打の差がつき、

また、12番終了時には
3名が首位に並ぶという試合展開は、見ていたギャラリーにも
満足する試合内容で本当に見ごたえがありましたね。

でも、その白熱する混戦を抜け出したのは
4名の中で、一番パットのミスが少なかった俊君に
少しばかり流れが傾いたような気がします・・

でも、このミスの少なかったパットには
実はこんな秘密があったんですよね・・・・

数日前に岡山に入っていた石徳親子は
とあるゴルフ量販店に入店。

偶々、中古パターを売っているコーナーに入り
「もし、気にいったパターがあったら買ってもいいよ」と親御さん。

当然、俊君は様々なパターを物色する。

ここで親御さんの一言は
「値段は見なくていいから、気にいったのを選びなさい」と・・・

そこで、俊君は1本のパターを選び
このパターを本大会で使用。見事に親御さんの期待に応え
連覇を達成したんですが、

私はこの話を聞いた時に、思わず“親のありがたみ”を身にしみるほど
感じた・・・・(;_:)(実際に涙が出そうだった・・・)

親というのは、子の為には自分がもし食べるものが無くても、
食べ物の子供に譲る。

これは親の勤め、いや親の本能だと思う。

でも、これを本当にありがたいと感じている若い子が何人いることだろう・・・

中国アマは15000円、日本アマに出るにしても、エントリーフィは26000円も掛かる。
いったい誰が出してくれるのだろう。。

旅費、宿泊費、食費、ラウンドフィー、いったい誰が出してくれるのだろう。

出してくれるのが、当たり前だと思ったことはないだろうか・・?

いや、実際は違うんだ。
君達の為に、親御さん達は自分のしたいこと、やりたいことを
我慢してまで、君達の夢の実現の為に支払ってくれているんだ。

今日もこの暑い中を
君達のラウンドに1Rついて周る、お父さん、お母さん、兄弟、親戚
知りあい、応援者などは本当にありがたい存在である。

それを感じて貰いたい・・・!

たかが一本のパターだと感じるか、
有難い、有難いと感じるかが、少しばかり味方したような気がする。

前にも言いましたが、勝負は時の運!

その時に誰かの頭上に、勝利の女神が微笑むだけ・・・

でも、感謝する心がある人には、多く微笑むような気がする・・

もう一度、考えてみたらいい。

誰がいるから、自分はゴルフが出来るのだろうって・・・

そんな気持ちでまた、明日から頑張って貰いたいと思う。

今日は素晴らしい熱戦を見せて頂き有難いと同時に
一番大切なことを再確認させられた。

親って、本当に有難いことを・・・・



追伸:今度、一度長男に「好きなパターを選べっていってみようかな」
「じゃあこれ」
スコッティーキャメロン??「これ何よ?キャラメル?¥350000(*_*;」

「多分、これお前には合わないと思う・・・・(-_-;)」(笑)
CIMG0620.jpg
これがあの有名な“遼君の奇跡のチップインバーディバンカーです”よ!

戦いは他にも・・・(-_-;)
CIMG0612.jpg
日曜日に開催したプラコン“広トレオープン”は
台風2号が接近し、それこそ水浸しに・・&大風の中無事に(-_-;)
(本当に無事か・・)終了した。

今回は昨年の中四国オープン優勝の“砂入雅之プロ”を特別ゲストで招き、
参加者の皆様にさらなるレベルアップを図って貰う思いとは裏腹に
それどころ(笑)ではない、悪天候下の中で命辛々に
なんとか完走いたしましたよ(*_*;

でこの中、見事に優勝を飾ったのはSさん(53歳)!
2回目の出場ながら見事に初Ⅴを飾られました\(^o^)/

今年に入り、ご入会されたSさんが取り組んできたのは
小鹿からの脱出?(これは弱点を2人だけに分かる表現で表したもの(笑))
を筋トレ並びに素振りをやってきた成果が結果として出たことで、

本人の喜びは大変大きいものでしたね(^O^)

残念ながら、コースを背景にしての恒例のスナップは
ド台風の中、危険とみなし室内での模様になったのですが、
とにかく優勝おめでとうございました(^O^)

また、参加者の皆様、砂入プロ、本当にお疲れ様でした<(_ _)>

でも、一緒に周ったIさん(75歳)のお先には
今まで見たこともない光景でしたね。

一様、コンペだからOKは存在しないんですが、
片方の手のひらをカップの中に入れ、もう片方の手でパターでボールを打ち
カップの底にボールを落とす前に手で拾うという

離れ業?(本当はホールインではないが・・・(笑))この熟練の技を
見せて頂いただけでも、台風の中周った甲斐があった・・・(@_@;)

ところで、土曜日に中アマ観戦に出かけるのはこの間言ったばかりなんですが、
私がお供させて頂くのが
タムちゃん(田村君)のお父上・・・

もう相当な高齢者(失礼)でありながらも異名は“スピードスター”(;_:)

そう、結構やばい(;_:)・・・

とにかく朝から戦いが始まる
「お父さん、ゆっくりしていって下さい。私が運転しますから(-_-;)」
「いや、大丈夫」(大丈夫じゃないから言っているのに(;_:))

「いや、いや、私がやりますから」といって怒らせないように
運転を変わるのが作戦である。でも運転していても隣で

「もっと遠慮せず、飛ばしなさい」
(高校時代ならいざしらず、筋トレを始めて以来ゴルフ場で“飛ばせ”なんて
アドバイスは貰ったことが無いので、この言葉には免疫がない)

「もっと、踏まんか(-_-メ)(-_-メ)」
(この人、本田巡査??)

でも、最近は監督が国体町で捕まり、合宿では私が同乗していた車を
某高校の先生が、一気に捲くった所を白バイに御用(;_:)

また、ハッセイのお父上まで連鎖反応で捕まっている現状で
右足がシビレテ伸びない(これをイップスと呼ぶ・・)

まあ、とにかくハンドルキーパーは私がやりますから、
お父上は大人しく寝ていて下さいね。

戦いはもう始っている(-_-;)幸運を祈りたい・・・・・




志を高くもって!
今週の水曜日から、私も非常に関心を持つ
中国アマチュア選手権が岡山の東児が丘マリンヒルズで開催される。

東児が丘といえば、
そう、あの遼君が史上最年少プロツアー優勝を飾った場所なのである。

この試合は国体の少年男子選考会の一つとして
取り上げている試合だから、当然監督としても気になるんですよね(-_-;)

普段の試合と違い、4日間の長丁場。

実力を計るには絶好の舞台になります。

でも、いつものことなんですが、
この中国アマでは気になる光景があるんですよね(-_-)・・・

アマチュアの試合は、県を勝ちあがって地区アマ(関東・関西・中国アマ等)に
それを勝ちあがると“日本アマ”と勝ちあがり方式になっているんですが、

“トッププロを目指す”ジュニア、学生の中には、最終日に日本アマに
出場できることが決まると、順位はそっちのけで?・・・喜んでいる光景を
幾度も見てきているんですが、これが本当に違和感を感じる・・・・

確かに日本アマに出場するのは、名誉なことだし、嬉しい気持ちも分かる。
(初出場ならね)

でも、それは社会人アマにとっては最高峰試合だから、それは分かるんです・・

しかしながら、プロを目指すものにとっては、あくまでも通過点に過ぎず
もっと“この試合に勝てなかった”という
思いが前面に出てもいいのではないかと思う。

昨年、こんな光景があったんです。

最後まで優勝争いをし、堂々たる順位を獲ったにも関わらず
そのジュニア選手は試合後、泣いていたと・・・

そう、この選手の“志”他のジュニアや学生よりも高く
目標だった“●●選手に勝って優勝する”を出来なかった口惜しさが
こんな行動に表れたのである。

それ以降、この選手はもの凄い活躍をみせ、
今やトップジュニアに君臨している。

これは、間違いなく“志”の違い。

日本アマに出ることを
素直に喜んでいいのは社会人アマだけでいいと思う。

昨年から監督になり
選手に明確に目標を与えたいために、シーズン前にいつもこう言っているんです。

「どこのコースでも、パープレーで周ってくること」

2日間なら144、4日間なら288・・でね。

これはアマチュアの最高レベルの技量なんです。

例えば、昨日終わった男子のダイヤモンドカップ。
千葉㏄梅郷コースの優勝スコアは-16。

数年前、関東アマチュアが開催された梅郷コースの優勝スコアが285(-3)(薗田選手)
その時、遼君は+9で8位。

実際、これがプロとアマの差なんですが、
(勿論、セッティングには違いがあるが)

アマの時に288で周れる自力がついていれば、プロになって
経験と自覚を持ったなら、二桁アンダーを出せる可能性は高いんです。

だから、パープレーを目指せと・・

中国、いや日本でもトップアマの田村尚之君がこの数年
中国アマで出している成績。
292(+4)・290(+2)・291(+3)で優勝、優勝、2位(プレーオフ)。

それこそ、勉強そっちのけで練習している学生(失礼)と違い
練習量は断然低い。

それでこのスコアをマークしているのだから、アマでは勿論最高レベル。

プロになったら、それこそ2桁アンダーを出せる力を
発揮できるレベルだからこそ、50になったらプロを薦めているんです。

だから、出るからには
“優勝”を目指し、目標は“288"!

この位の“志”を持って挑んで貰いたいと思っています。

今年は予定としては、最終日に会場に行きたいと思っています。

その時には、また様々なことを学ばせて頂きたいと思う。

参加選手のご健闘を祈る!











一からやり直す!
CIMG0610.jpg
昨日のこと。
広島は梅雨に入り、昨日も雨が降り続けていた。

知人と約束があったので、目的地まで車を走らせていると
とある文字が目に入った。

“日本一●●”?(監督は今年、全国優勝をしたいのでこの文字に反応する(笑))

そう、この雨の中を自転車に乗り、走り続けている若者らしき自転車を発見。

まあ、その時はその横を通過したんですが、
何か気になって、その先で車を停め
その自転車を待つことにした。

しばらくすると、自転車が迫ってきたので、
窓から手を挙げ「ちょっといいですか?」と自転車を停めさせて
話かけてみた。

「ところで、何をしているの?」
「実は・・」

なんでも、福島から福岡まで自転車で行って
また福岡から福島を目指す途中らしいのだ。

彼の話によると「東日本大震災で家も仕事も失った多くの方は
また一から再出発をしなけらばならないですよね(;_:)」

「まあ、僕は福島に住んでいましたが
幸い被害は無く・・でも僕も一から立ちあがろうと
仕事も辞め、福島から福岡に自転車で旅をしよう」と決意したらしい。

「泊まる所は?」「公園などのテントを張ったり、ベンチなどで」
「飯は?」「何とか・・・・」
「・・・・・」
(確かに痩せとるな)

その時間、3分位の短い話だったんですが、
(約束の時間に間に合わないため)

まあ、仕事を辞めてまで、こんな旅をするということは
もちろん、震災のあった方達に対する励ましや思いはあるのでしょうが、

多分、少しばかりは人生の岐路に起っていたのかも知れませんよね。

人間関係や仕事・・家族や恋愛等
様々な思いや悩みを抱えて、人生は過ぎていくもんです。

でも、どんなに苦しくても、せつなくても
必ず助けや味方になって頂ける方はいるもんで、
そんな方がいらっしゃるからこそ、人は生きていけるのかも知れませんよね。

私は彼のやっている行動については
様々な意見が人それぞれあると思うんですが、仕事を失ったわけでもないのだから
そこまですることはないのでは・・・とか

甘いとか思われる方も、いらっしゃるのではないかと思うんですが、
なんか、陰ながら努力(努力?)するとか
誰もが出来ない行動を行う勇気というのは、私は評価してあげたいんですよね。

自分探しの旅って
誰もが出来るわけでは、ありませんよね。

だから、彼には何かを伝えたかったので
別れ際に旅の足しにしてくれ、と言って
小額ながら志を差し出した。

彼は最初は遠慮していたんですが、私が
「何か、やっぱ一生懸命に努力していたり、陰に隠れて懸命に生きていると
誰かは必ず見ていてくれるものだし、それがいずれは“信頼”とか“信用”を
勝ち取り、次第に認めてくれると思う。それまで頑張れと・・・」と

まあ、まだ27歳。
時間はたっぷりとある。

旅の思い出に、広島に変わったオジサンおったなあ・・と思ってくれるだけでもいい

おせっかいかも知れないけれども、
人生は捨てたもんでもないからね。

誰かは必ず見てくれるものだからね・・・・

頑張ってやれよ(^O^)/なあ!




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284