門出!
CIMG2624.jpg
CIMG2622.jpg
CIMG2626.jpg
今週でもう1月も終りますねぇ~!
あっという間の1カ月が過ぎようとしていますが、
先週の末には、とある方のご長男様の披露宴に出席させて頂きました。

元々この新郎のお父さんとは、もう15年以上のお付き合いがあり、
長女さんは有名な女子プロゴルファーとしてご活躍中で、
この披露宴にも数々の有名人が出席されていましたねぇ~

旬な所でいえば、昨年最後まで石川遼君と賞金王を争った
池田勇太プロや他プロゴルファー27名、元プロ野球監督や

極めつけは歌手の松山千春氏。

お決まりではないのでしょうが、宴の最後には
本当に爆笑トークと感動を与える“歌”(新郎のお父さんの希望で“命”を熱唱)

(さすがプロは、歌も上手いがトークも上手い!)

いやァ、さすがに盛り上がりましたよ!!

結婚披露宴は
新郎・新婦にとっては、一生に1回の晴れ舞台!

最後の挨拶でも、親御様への感謝のお言葉や
また、出席者の方々への感謝のお気持ちを聞くに当たり
本当に多くの方達に支えられているということを
実感されていたのではないでしょうか!

なんか、昔を思い出しましたねぇ。

でも、本当に喜ばしい“門出”というものはいいもんですね。

まあ、今後も生きていく間には
いろいろありますが、この“感動”と“感謝”の気持ちを忘れなけらば
大丈夫ですよね!

また、プラスのエネルギーを頂いて参りました!

今年もこのエネルギーで、頑張って参りますよ!!





大切にする気持ち!
CIMG2618.jpg
写真はとある会員様のご愛車。

今朝、室内から見ていたら下車するや否や
タオルでこの愛車を磨いている光景が目に入った。

この方はこの車以外にも、ドイツの高級乗用車も所有されているのだが、
写真の車には本当に“愛着”があるらしく、
いつも大事に乗られているのである。

その光景を見ながら、
物を大切にする気持ちの大事さを、再確認させて頂いたんですよね。

そういえば、
我が家も“道具”には決まり事があり、
ラウンドや練習から帰ったら、すぐにクラブをグリップ、フェースを
磨かないと翌日から練習禁止で、

これは、私は勿論のこと、長男にも徹底させている。

試合に出れば、助けて頂けるのは“道具”のみで
その道具を蔑ろにしていては、“運”も味方しない!

また、次の試合や練習に向けて、
気持ちを引き締める意味でも大切なことで、
こんなことが結構大切なんじゃあないでしょうか!

トレーニングにも当てはまることは多く、
ダンベルやマシンを置くときに
大きな音を立てて置いたり、乱暴に扱うことは、
この道具のお陰様で、身体を鍛えさせて貰っているという
謙虚な気持ちはなく、

また、ベルトやグローブ、ストラップなどの小物を
忘れて帰る方や置いて帰る方にも、大成した方はおらず、

やはり、必ず終了後はいたわりの気持ちも込めて
手入れをすることは大事であるし、

そこで、この方がどんな気持ちで取り組んでおられるかが
一目で判断されるとなると、結構怖いものなんですよね。

たかが道具、されど道具。

やはり傍目から見ても、道具に愛着を持ち、
大切に扱うことは本当に“大事”なことで、

この会員様より、また貴重なことを学ばせて頂きました。

今日の教訓「道具を笑うものは、運気に泣く」ってか・・












廃刊!?
CIMG2617.jpg
ゴルフメイトが廃刊になるらしい??!というお話を
ある方から聞いたのは、実は昨年末のこと。

その真相を聞こうと、発行人の方(もう、14年以上のお付き合い)に
尋ねると、諸事情により発行したくても発行できないような
事情が発生し、やむなく廃刊にするかも・・・ということ。

いやァ、びっくりしましたね。

なんせ、この雑誌とは創刊まもなくからのお付き合いで、
今、連載させて頂いているコラムも1月号で39回目!

この連載だけで、丸3年以上も掲載させて貰っているので、
名残惜しい気持ちで一杯になったのですが、

どうやら、2月号と3月号は休刊として処置し、
「4月号より再開します」という連絡を受け、
「安心しました」と発行人と会話をしたばかりなのですが、

発行人も「ゆっくりさせて頂くつもりが、また取材で忙しくなりそうです・・」
と大変さをアピールしながらも、
声は喜びを表わしていましたねぇ~!

まあ、地方紙とはいえ、
大会の情報や結果などを詳細にわたり
掲載しているので、ここに名前を載せることを
目標に頑張っているゴルファーも多いので

この雑誌の存続は、多くのゴルファーにとって喜ばしいことに
なることは間違いなく、
本当によかったと思いますね。

でも、発行人もあまりに忙しいので、
私が出した原稿をそのまま打ってくれればいいものを、
わざわざ誤字脱字にして(笑)(変換間違い)

私がアホに思われるようにするのだけは
勘弁してくださいね(笑)

まあ、発行人は憎めない天然キャラですから、
仕方ありませんですがね。

ゴルフメイトファンの皆様、ご安心ください。
また、4月号より雑誌は再開されます。

ゴルフメイトを今後とも、よろしくお願いいたします。











人生勉強!?
CIMG2616.jpg
ヒロトレ会員の野球少年D君(中1)。
ご覧のように、坊主頭が似合う彼なのであるが、

昨日、ある事を相談してきた。
「肩が悪いらしいので、下半身中心のメニューを教えてほしい」のですがと・・

「痛めたの?」
「いや、全く痛くないんですが・・」「んっ・・・」

実は数日前、とある方に「君は今のままでは、肩を痛める。
それが証拠にこうやると、腕が挙がらないだろうと・・」

確かに挙がらない彼は、そのまま彼の言うことを信じ、
それ以来、ボールを投げることを控えているみたいであるのだが、

よくよく聞くと、
「私は触らなくても、見ただけですぐに故障個所が分かり、
2回目までは無料でいいが、今後は定期的に通いなさいと・」

「ところで、投げても全く痛くないんだろう・・?」
「全然痛くないです??はい・・」

「いやァ~!お前ラッキーだなァ~、早い時期にそんな〇〇師に会えて」
(こういう表現はどうかと思うが?)

でもねぇ、ここは健常人でもそこを押さえたら
挙がらない個所で、それで「肩を痛めているとは」ねぇ(困)

多分、そんな手口で未成年者や高齢者などにも
同じようなことで、勧誘しているのではないかと思いますがねえ。

この方は医師ではなく、トレーナーと名乗っているらしいのですが・

勿論、投げ方や走り方などで、
痛めやすいフォームの方は存在するのは分かりますが、
違和感も無く、なおかつ普通どうりにプレーできる子供に
「痛めている」と断言し、

野球の練習を休ませて、通わせようとするのはどんなんでしょうかね・・

まあ、これも彼にとっては早い時期に
胡散臭い方に出会えたというのは、ある意味“貴重”?である。

世の中、すべてがいい方ばかりじゃあ(困ったことに)ないのが
現実ですからね。

でも、この土日も練習を休まなくてよかったよね~
それでなくても、熾烈なレギュラー争いがあるんだから、
しっかりと元気なプレーを見せて、監督にアピールして貰いたいものである。

今日の格言「ちょっと待て、甘い言葉とアリ地獄」ってか・・




涙の告白!
昨日のニュースで、元米大リーグ選手のマーク・マグワイア氏が
テレビで涙ながらに、アナボリックステロイドの使用を告白する
模様が映し出されていましたが、
何かいまさらというような、感じを受けたのは私だけでしょうか?

マグワイア氏は現役時代、ホームランキングをあのソーサ選手と争い、
一躍有名になった選手なのですが、

当時、彼が使用していたことで有名になったものは
“アンドロステンジオン”という男女の体内に生成される副腎ホルモンで
これは、肝臓で筋肉合成に使われるテストステロン(男性ホルモン)に変化し、
目的は筋肉増強作用をさせるために使用したと思われるのですが、

困ったことに、その当時オリンピックや米フットボールでは禁止されていたのですが、
米野球界では認められており、
一時的に“有名”になった物質なんですねぇ。

ところが、この告白によると
それではなく、本物のステロイドを使用していたことになりますよね。

実は、彼の現役時代の姿は、ユニフォームの上からも見ても分かるくらい、
僧帽筋が異常に発達しており、
これはステロイドユーザーに特徴的な身体つきで、
昔でいえば、プロレスのザ・ロードウォーリヤーズなど
一目で??と分かるような身体特徴があり、

これは、僧帽筋には
男性ホルモンの受容体の数が多いために、もしそんな薬物を使用すると
異常に発達することが推測され、
今でも、ステロイドを使用している選手は
肩や僧帽筋の発達が不自然な選手が多いのはこの為なのであるんですよ。

こんな話題が起こると、
一番不安になるのは、一般の方はサプリメントとステロイドを
一緒と思われている誤解(結構多くの方々が)が、益々蔓延することで、

ここで皆様にご理解頂きたいのは、サプリメントとステロイド(薬物)は
全く違うものであるということを
誤解しないようにしてくださいね。

でも、彼が今までの自らの記録を
台無しにしてしまう告白をすることには、大変勇気が入り、
潔さは認めるが、やってはいけないことを
やってしまった罪は一生消えないことになり、

今後は今でもステロイドを使用する若い選手に
戒めのような影響が与えられればよいと思うのですが・・

どちらにしても、ステロイドを使用する選手を
スターとして扱うことには、タブーであり、
この一件で、今一度考え直すきっかけになって貰いたいと思います。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265