全日本小学生ゴルフトーナメント!
CIMG2535.jpg
CIMG2536.jpg
CIMG2544.jpg
CIMG2549.jpg
いやぁ、何とか無事に戻って参りましたよ。

そう、長男出場の上記大会が開催されるので、福島県・リベラルヒルズに行って参りました。
結果は78ストロークで個人で18位、中国地区代表の団体は2打差足らずに
3位入賞を逃し5位に終わったのですが、

でも、この大会は初めて参加させて頂いたのですが
関係者の皆様の“素晴らしい”歓待を受け、大変感激しております。

前夜祭から始まり、試合終了後には
会場を変えて、パラリンピックの金メダリストの“成田真由美さん”の講演、
その後は立派な表彰式に、

次の日は地元・富岡町の交流会と、子供達にとっては本当に思い出に
残る素晴らしい大会でしたよ。

でも、私の思考は現役を休止して以来、何か“ずれて”いる。
朝、太平洋に広がる水平線の立ち上る見事な“朝日”に感動したり
(今まではそれどころじゃあ、なかったか?)
前夜祭のアトラクションで見事なジャグリングを披露して頂いたプロの方に、
(毎日、どれ位練習をしているのだろう?)とか、

講演では、車椅子の方が止める駐車場に
健常者が堂々と駐車している現実で、(悲しくなったり)とか
こんな美人(んっ?)が集計や周り(問題ある??)にいらっしゃたとか、

本当に、ロープの外に出てからは、今まで気がつかなかったことばかりで、
ゴルフ以外の事ばっかしに胸を打たれ??
大人になったのか?、余裕が出たのか分かりませんが
昔では考えられないことばっかりなんですよね。

本当にいい勉強をさせて頂いていますよ。

でも、本当に気持ちいい引率してをして頂いた、松永ccの井上さんや
三ッ条小学校の林さま、それに日本女子プロゴルフ協会の皆様に
地元・富岡町の皆様、リベラルヒルズの関係者の皆様、
同行して頂いた選手の保護者の皆様に

この場をお借りして、心より御礼申し上げます。

さすがに、長男もこの試合が気にいったようで、
来年6年生最後の年も、「絶対に出たい」といい思い出になったみたいです。

よし、来年はもう一人の同級生(上手いよ)とダブルエースで
1年間成長していけば、優勝も夢じゃないですよ。

来年が楽しみである。



海外遠征!
CIMG2483.jpg
台風一過、皆様はどのようにお過ごしでしょうか!?
そんな中、ヒロトレの会員様にも様々な予定が入られている様子である。

まず、“中年の星”田村尚之氏が、来週は埼玉県での日本オープンに出場。
その2週後には、中国・ミッションヒルズで開催される
“第1回アジアアマチュア選手権”に日本代表として海外遠征。
この試合は、何と優勝すると、あの“マスターズ”に招待されるんですよ!

凄いねェ~!

また、久志岡俊海君は夏の全国高等学校選手権の成績により、
米・ハワイでの選抜戦に来月出場が決まっているし、

加治木憂歌さんは、ジャパンジュニアカップ2位の成績により
これまた、中国で開催される“アーロンバデリー招待”に日本代表として
今月に出場が決まっているのんですよね。

まあ、中年の星はドーハ・アジア大会や台湾でのアジア太平洋選手権、
それに英・全英アマなど海外での試合は珍しいことではないのだが、

ジュニア2人にとっては、初の海外遠征となるんですよね。
でも、今はジュニアでも海外に派遣される試合が増えたり、
私達の頃より、ずっと世界が身近にあるんですよね。

本当に羨ましい限りですが、これを単なる経験にせずに
貴重な“何か”を掴んできて貰いたいものですね。

ところで、海外遠征となると、移動は勿論“飛行機”になる?のだが、
ちなみに私は、何故かこれが“苦手”で
写真のような風景を見ていると、不安で一杯になってしまうのである。

この土曜日より、今度は“福島県”に行かなければならないのであるが、
また、こんな風景が目の前に広がると思うと・・・・

まあ、死ぬ気で行って参りますよ(大げさな・・)

でも、今年は本当に群馬・新潟・栃木に福島と○○○○クな県に
行かせて頂いていますが、自分なりに何かを勉強して参りますよ。

無事に帰れることを願い、行って参ります!




効果への実感!
CIMG2524.jpg
CIMG2517.jpg
先週、大雨の中を苦労の末、搬入した新マシンが好評である。

今回は特に“体幹”の強化並びにシェイプアップを目的に
導入しただけに、顧客様が「効きます」とか「凄いです~」などと

呻きに(笑)に近い、賞賛のお言葉を頂き、大変嬉しく思っております。

特にアブドミナルマシンは、普通のマシンでは上体を屈曲するだけの
動きだけなんですが、
今回厳選したマシンは下肢も一緒に持ち上げられ、腹直筋をダイレクトに
刺激できる優れものなんですねェ!

また、トルソーも下肢が固定できる為(普通は固定できないマシンが多い)
外・内腹斜筋に、これまたもの凄い刺激が加わり、
使用感も抜群ですね。

また、ローアーバックも脊柱起立筋や大殿筋にダイレクトに効き、
過去最高の“体幹”が出来そうですよ!

そう、顧客様のご希望や思いを“結果”に表すために
導入したマシンが、お褒めに預かれば、
何事にも変えられない嬉しさがあるもんです。

これによって、過去最高の体幹やスタイルが完成すること、又ドライバーの
飛距離アップ20ヤードを達成することを切に願っておりますよ。

早速、今日ご入会の新規会員3名様にも
使用して頂きました。(最初にしては“刺激”が強いか?)

多分、明日は“筋肉痛”だと思いますが
皆様、筋肉痛は“栄光への架け橋”である(どっかで聞いたフレーズだが?)


新マシン納入!
CIMG2497.jpg
CIMG2499.jpg
CIMG2502.jpg
CIMG2503.jpg
先日、お知らせのように今日は“ヒロトレ”に新しいマシンの
納入日だったのですが、なんせ広島地方はこの所、梅雨のような天候が続き、
嫌~な予感が的中、この日は特にもの凄い雨に見舞われてしまいました(悲)

ところが、この雨にも係わらず、
多くの皆さんに助けて頂き、何とか無事に納入することができました(感謝)

しかし、本当に今日つくづく感じたのは、
仕事というのは、本当に大変なんだなということを実感させて頂きましたよ。

この雨の中、マシンを運んで頂いた運転手さんは、何と“女性”で
雨の中、ユニックを操作しながらマシンを操る姿には
本当に“プロ”の厳しさを見せて頂きましたよ。

また、様々な七つ道具を巧みに使い、
重~いマシンを巧みに運ぶ、納入業者様もプロの働きを見せて頂きました。

それと本当に、いつも嫌な顔もせず、
助けて頂いている会員様のNさん、Kさん、Mさんには
この場をお借りして、御礼を申し上げます。誠に有難うございました。

まあ、本当に多くの皆様のお陰さまで、
無事に終了させて頂きましたよ。

このマシンにより、多くの顧客様の身体が“劇的な変貌”を
遂げることを切に願っております。

さあ、肉体改造を目指す皆様、ダイエットをしたい方々
ヒロトレは皆様のお越しをお待ちしております。

ところで、やっぱり今日のMVPは、あの運転手さんだな!
本当に“プロ”の仕事を見せて頂き、有難うございました。
“凄かった”です!!







にいがた国体を振り返って!②
CIMG2490.jpg
この2日間、私は広島県代表のジュニア選手に付いて戦況を見守っていた。

初日は九州を代表するトップジュニア、2日目は今や日本を代表する
トップジュニアと幸運にも、組み合わせが一緒だったので
じっくりと見させて頂いたのだが、

まず最初に感じたのは“ショット力”に格段の差があること。

勿論、それぞれが県を代表する選手なのだから、
一発だけを比べると、さほど遜色はない。

しかしながら、そのショットが続くということになると
完全に差が開いているのである。

この要因の一つに“ミスを引きずらない”というか、
心の底から、自分のフォームや技術を信じきっているものを彼らから感じたのである。

そう、自分のゴルフに“信念”というか、“自信”がみなぎっているのが
ありありと伝わってきたのだ。

ここは、前回にも書いたことではあるのだが、
日本のトップジュニア達は、ミスショットに動じないし、
リアクションや表情があまり変わらないことに気がついた。

それに比べ、明らかにオーバーアクションで、表情や仕草に落胆を
感じさせる選手は、その後のショットに悪影響を及ぼしていたのである。

普段の練習から、自分を確立させて、
試合に臨まないからいざという時“不安”になる。
その自信の無さや不安が、表情や態度に表れ、
ボールを曲げている要因になっているように見受けられるのだ。

彼らの一人は、日本ジュニアでトップ10に入賞していたり、
日本アマでもベスト16という成績を残しており、

また、もう一人は中部アマ優勝、日本アマ3位、アジア太平洋アマ個人8位と
両者とも、まだ高1ながら堂々たる表情や仕草に“大人”を感じさせた。

これは、勿論これだけの実績を残してきているのだから、
自信があって当然かもしれないが、
決してそれだけでは無いのではないだろうか?

ローカルで強い選手と大試合で強い選手の違いは
やはり、普段から“自分はこうすれば、こんな球がでる”ということを
徹底的に追求し、はっきり言って“お世辞にも”華麗なフォームでは
ないのだが、誰にも負けない“信念”が篭っている。

この2人も“中年の星”も、自分のスタイルを決して崩さない。
そう、誰がなんと言おうと“自分はこのファーム”で大丈夫というような
ものを作り上げてきているのではないだろうか。

普段の練習を妥協せず、自分を徹底的に追い込んで
確立したスタイルを貫く日々を送っていることが勝敗を分ける気がします。

普段の練習は只、球を打つだけ、
球数さえ打てば終了とか、限界まで追い込むような姿勢を見せない練習は
最後に勝負を決める“心の戦い”に負けるように思えるのです。

これは、ロープの中に入るときは感じなかったのですが、
ロープの外に出て、初めて気が付いた“確信”のようなことなのですよ。

技術に負けたのでは無く、普段の練習のクオリティや生活態度、
並びに求道を貫く姿勢が、彼らに負けているのではないでしょうか?!

選手諸君よ。今一度、自分を見つめなおす機会にして貰い、
来年こそは、悲願の優勝に繋げて貰いたいものである。











1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284