広トレ-ブログ

広島トレーニングセンター&プロショップの気になる出来事、情報、トレーニング論、管理人日記、監督のぼやき(-_-メ)(笑)・・・などを随時更新いたします。
にいがた国体を振り返って!②
CIMG2490.jpg
この2日間、私は広島県代表のジュニア選手に付いて戦況を見守っていた。

初日は九州を代表するトップジュニア、2日目は今や日本を代表する
トップジュニアと幸運にも、組み合わせが一緒だったので
じっくりと見させて頂いたのだが、

まず最初に感じたのは“ショット力”に格段の差があること。

勿論、それぞれが県を代表する選手なのだから、
一発だけを比べると、さほど遜色はない。

しかしながら、そのショットが続くということになると
完全に差が開いているのである。

この要因の一つに“ミスを引きずらない”というか、
心の底から、自分のフォームや技術を信じきっているものを彼らから感じたのである。

そう、自分のゴルフに“信念”というか、“自信”がみなぎっているのが
ありありと伝わってきたのだ。

ここは、前回にも書いたことではあるのだが、
日本のトップジュニア達は、ミスショットに動じないし、
リアクションや表情があまり変わらないことに気がついた。

それに比べ、明らかにオーバーアクションで、表情や仕草に落胆を
感じさせる選手は、その後のショットに悪影響を及ぼしていたのである。

普段の練習から、自分を確立させて、
試合に臨まないからいざという時“不安”になる。
その自信の無さや不安が、表情や態度に表れ、
ボールを曲げている要因になっているように見受けられるのだ。

彼らの一人は、日本ジュニアでトップ10に入賞していたり、
日本アマでもベスト16という成績を残しており、

また、もう一人は中部アマ優勝、日本アマ3位、アジア太平洋アマ個人8位と
両者とも、まだ高1ながら堂々たる表情や仕草に“大人”を感じさせた。

これは、勿論これだけの実績を残してきているのだから、
自信があって当然かもしれないが、
決してそれだけでは無いのではないだろうか?

ローカルで強い選手と大試合で強い選手の違いは
やはり、普段から“自分はこうすれば、こんな球がでる”ということを
徹底的に追求し、はっきり言って“お世辞にも”華麗なフォームでは
ないのだが、誰にも負けない“信念”が篭っている。

この2人も“中年の星”も、自分のスタイルを決して崩さない。
そう、誰がなんと言おうと“自分はこのファーム”で大丈夫というような
ものを作り上げてきているのではないだろうか。

普段の練習を妥協せず、自分を徹底的に追い込んで
確立したスタイルを貫く日々を送っていることが勝敗を分ける気がします。

普段の練習は只、球を打つだけ、
球数さえ打てば終了とか、限界まで追い込むような姿勢を見せない練習は
最後に勝負を決める“心の戦い”に負けるように思えるのです。

これは、ロープの中に入るときは感じなかったのですが、
ロープの外に出て、初めて気が付いた“確信”のようなことなのですよ。

技術に負けたのでは無く、普段の練習のクオリティや生活態度、
並びに求道を貫く姿勢が、彼らに負けているのではないでしょうか?!

選手諸君よ。今一度、自分を見つめなおす機会にして貰い、
来年こそは、悲願の優勝に繋げて貰いたいものである。










permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
にいがた国体を振り返って!
CIMG2494.jpg
CIMG2489.jpg
結果から、申し上げましょう。
我が広島県・少年男子は昨年の6位入賞から、残念ながら13位に後退。
前評判を覆し、入賞にも届かなかった結果に終わった。

これには、いろいろな要因があるが、
一番は“心”の戦いに敗れたことが挙げられる。

一例をあげると、今回我が広島県選手はとにかくグリーン上に泣かされた。

上に付けると、下りのパットが非常に早く、簡単に3パットしてしまうのだが、
これは言い訳に過ぎず、少年のトップは-7(67・70)、2位は-5(69・70)と
ナショナルチームクラスの選手は、難なく攻略していることになる。

では、なぜそこまで差が開いてしまうのかというと
勿論、技術的な違いは少しはあるとはいえ、それよりも
ミスした後の“表情”や“態度”、つまり心の持ちようが
決定的に違いがあるのである。

もちろん、誰でもミスをした後は、悔しいし、頭も“カッカ”してしまうのは
致し方ない。
しかしながら、あまりにもリアクションが大きい場合、

当然の事ながら、普段と違う精神状態になり、
身体の変化からいえば、心拍数は上がり、それにより身体リズムが
狂ってしまうことになる。

ゴルフというゲームは、止まっているボールを
自分の間合いやリズムによって、“繰り返し”“同じ動作”を続けていくことが
必要になる。

例えば、平均点が50点であっても、(100点・0点)の50点では
ゴルフの場合、スコアには繫がらない。

つまり、平均点以上をいかに続けるかということが、要求されるゲームであるのだが、
あまりにも、感情の起伏が激しい場合、
平均点以上のショットを繰り返すことは、困難なことになるのだ。

では、それを保つにはどうすればいいのか?

それは、普段の生活態度から“我慢”を覚えることが必要になってくるのである。

特に“自分を心から信じる”ために、普段の練習を取り組んでいかなければ
ならないのである。

次回に続く。
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
いざ!にいがた国体へ!
CIMG2026.jpg
さあ、今週の25日から“ときめき”新潟国体ゴルフ競技が
新潟県内3会場で開催される。

種別は成年男子・女子に、我が少年男子と3部門に分かれるのだが、
各部門とも最低、前年を上回る成績を目指したいものである。

少年男子は、松本靖二君(‘09中国ジュニア優勝)、
久志岡俊海君(‘08大分国体個人3位)に長谷川祥平君(‘08日本ジュニア3位)という
メンバーで、それぞれが各人の力を出し切れば、充分に優勝も狙える。

但し、5月の強化合宿で、会場の中条CCを周った感想は要所を締めれば
結構ハイレベルなスコアで争うことが予想されるので、
初日をまずまずのスコアで周ると精神的に楽になるのだが、
出遅れれば“苦しい”展開になりそうである。

この意味は、この中条CCは距離の短いドックレッグホールがあり、
スコアを崩していると、レイアップをせず、
狙ってしまうとコースの罠にはまったことが、練習ラウンドで見受けられた。

もう一度、公式練習日に選手には、再確認しなければいけない。

まあ、天気の予想では週末は、新潟地方は“晴れ”そうなので、
何とか“風”の影響は受けそうにないのであるが、
シーサイドコースだけに、風も要チェックである。

しかし、昨年の大分国体から、もう一年が経ってしまったのかと思うと
時の過ぎるスピードは、早いもんですねェ~!

さあ、今年は選手により一層、頑張って頂きましょう!

ということで、暫くの間
新潟に行って参りますので、宜しくお願いいたします。


permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
テーマは“体幹”!
シルバーウィーク真っ只中ですが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

ヒロトレでは、休みなく営業しておりますが、
皆様にお知らせがございます。
来月2日に、“第一弾”のマシンの入れ換えをいたします。

来年のテーマは“体幹”

そう、身体の部位で皆様が、一番気にする“部位”が
お腹周りではないでしょうか?

そのお腹周りを引き締め、また各種スポーツで一番の要となるのが
その“体幹”です。

そこで、ヒロトレでは来年こそは、出っ張ったお腹を引っ込め、
ゴルフなどで飛距離アップを狙う皆様のご期待に答えるために
かねてより、計画しておりましたマシンを導入いたします。

サイベックス、テクノジム、ライフフィットネスなど
トレーニングマシンの各社ブランドの中より
実際に使い易く、効き応えのあるマシンを厳選しております。

今後はさらに、数回に分けて随時“リニューアル”を計画をしております。

皆様のご要望やご期待にお答えするために
さらなる計画を進めております。

さあ、お腹周りが気になる男性、女性の方、
ゴルフで飛距離アップや技量向上を目指す方

ヒロトレでは、そんな皆様に最適なトレーニングを
今後もご提案し、ご指導いたします。

本気で身体を変えるなら、“ヒロトレ”がお待ちしております。





permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
JJGA全国大会③!
CIMG2464.jpg
CIMG2467.jpg
既報どうり、最終日は朝からご覧のような“濃霧”により、
スタート時間は3時間以上も遅れ、結局ハーフ競技に短縮された。
結果は1ボギーの37(+1)で周り、

初日、38位タイから25位タイまで順位を上げ、何とか○きて帰れることになった?

さあ、これから広島まで帰らないといけないのであったが、
まだ新幹線の出発時間まで余裕があったので、
パターの練習をしっかりとやった後、レンタカーに乗り込んだ。

ちょうど営業所の、目の前の踏切に差し掛かったところで、
出発時間まで30分。
営業所から、駅まで車で3分という状況だったので、
何一つ“不安”材料は無かったのであったが・・

何と?? 踏切が上がらないのである・・?
5分、10分・・・
一度も列車さえ、通過しないのに、全く開かない。

15分経過したとき、我慢できなくなった私はレンタカーの営業所に℡。
「何で、開かんの??」
「いやぁ、貨物が通過するんですが、結構開かないんですよ」と

「あんたら、これをいつも我慢しているの???」
「まあ・・」

時計を見ると、もう20分も経過していて、
出発時間まで、残り10分ではないか!!!

「おどりらゃ・・」(何で宇都宮ではいつも・・)
怒りで最前列からホイルスピンで逆走!
こうならば“野生のナビ”で適当に路地を走っていると

何と、地下道があるではないか!
(おお!神よ、我を見放さなかった!)
本当に奇跡的に営業所に入り、支払いもそこそこに??駅へ到着!

何と出発2分前で、改札、階段を上り切ると
すでにサイレンが鳴り響いていて、ギリギリセーフ!
本当に肝を冷やしたのであった。

でもさあ、宇都宮市民の皆様、
“JR”とか“市役所”とかに行って、改善しようや~!??

まあ、宇都宮、栃木県民様は、本当に“我慢強い”なぁ~??
どうなってんのかなぁ~????

まあ、皆さんも宇都宮の踏切には、ご注意下さいませ!

くれぐれも、私の二の舞にならないようにね(笑)




permalink | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290