フットサルメンバー募集!
CIMG1794.jpg
フットサルに興味のある方集合!
この度、ヒロトレではフットサルメンバーを募集いたします。
今もチームは存在するのですが、第二、第三チームに拡大する為に
広くメンバーを募集いたします。

経験者でも初めての方でも技量は問いません。
興味がある方、やってみたい方、小学生から女性まで、
お一人でのエントリー大歓迎!
どうぞ一回、フットサルを体験してみませんか?

勝負には拘らず、楽しむことを第一にやって参りますので、
お気軽にご連絡ください。
チーム名は“チームヒロトレ”
皆様のご連絡をお持ちしております。

詳細やご質問、メンバー希望はメールにてご連絡下さい。

予定としては、来年1月10日(土)夜7時より、試合に出場いたします。

嫁入り娘!
CIMG1793.jpg
この写真はマイボール。
右が今年からのネーミングで、左がそれ以前(5年位)のネーミングである。

ところが、最近よく練習場でマイボールが現れるそうである。
約1ヶ月前、亮(たすく)が「練習場でボールが出てきましたけど」といって
返しに来たのだが、

昨日も憂歌がまた練習場でマイボールを発見。
でも、この2人が通っている練習場はここ何年も行っていないのに、
どういうことなのであろう。

たぶん推測すると、我がOBボールを業者が回収。
ロストボールとして販売し、それを買った方が練習場で、
打った球が巡り巡って、我が手元に戻ってきたというところか?

でも、このボールは嫁入りしたボール(親元を離れた?)なので、
いくら元の持ち主だといっても、心情的には受け取れなかったのである。
(いろいろと苦労した??のだろうと思うと)涙が出る。(バカじゃなかろうか)

ちなみに左のボールは出回っているみたいだが、
右の現在のボールは今年は試合も出ていないし、ラウンドも少なかった為、
ほとんど無いといっていいだろう。

ということは、このボールが出てきた方はフロントに持っていくと
1万円のプリカと交換(絶対にありえないが)してくれるかも?

何にしても、我が娘が出戻ったような複雑な気持ちになった出来事であったのだ。

追伸、
来月の忘年会は、お蔭様でリミット一杯の56名に達しましたので、
受付を終了させて頂きます。
多くの皆様のエントリーを頂き、誠にありがとうございました。

当日は皆様に心より御もてなしをご提供させて頂きますので、
宜しくお願いいたします。








再入会!
CIMG1789.jpg
この2日間のうちに、元会員さんが2人も再入会をして頂いた。
一人は姓が変わり、子供さんの出産を終えての再入会。

もう一人は2年前、アメリカに単身渡米した住ちゃん。
語学の勉強に勤しみ、日本に帰ってきたばかりなのに、
「食事が油ばっかりだったので、大急ぎでダイエットします」とのこと。

嬉しいことである。

再入会されたことは、勿論2人とも目的(ダイエット)があることなのだが、
再び“ヒロトレ”を選んで頂いたことに心より感謝する次第であります。

新規でご入会されるお客様のご来店は、また新しい出会いがあるため、
嬉しい気持ちで一杯なのですが、一度ご入会され、又再びご入会して頂くお客様には
また違う意味で嬉しさがあり、感じられた雰囲気や対応などが評価されたことに
本当に感激というか、本当に感謝を申し上げます。

話は変わって、今日開催された中国ジュニア新人戦で
俊海は昨年度、中学生の部に続いての2連覇。

中学生の部は隆寛が優勝と、今年度の国体県代表の2人が頑張った。
この2人、ブロック大会でタカ&トシではなく、“トシ&タカ”と名づけたのだが、
期待に応えて、アベック優勝を決めた。

残念ながら、来年は同じチームで競いあうことは出来ないが、
今後も頑張って、自分の決めた道で精進して貰いたいと思っている。

若いということは素晴らしい。
来年も2人の活躍を心より期待したいものである。







辛い時こそ!
CIMG1787.jpg
このブログは全国各地の方にも読まれていると思うので、
今の広島の様子をお見せいたしましょう。

朝焼けの中、写真の右上に見える島は、これが“安芸の宮島”
そう、日本三景の一つで朱色の鳥居が有名な厳島神社がある島である。

また、瀬戸内海の景色と右下の公園には色づいた木々が秋の訪れを
物語っているのであるが、気温の方もすっかり冬が近いという思いがする
寒さを感じさせている。

そういえば、注文していた年賀状も届き、来月は“師走”
今年は忘年会の幹事を3つばかり引き受けているので、いろいろと段取りで
気を揉んでいるところである。

そんな折、ある方から相談を受けた。
内容は個人の悩みの為、ここでは伏せさせて頂くが、
かなりショックな内容であった。

一通り話しを聞き、私も一緒に悩ませて頂いたのだが、
この方はでも自分は絶対に頑張るといい、
悔しさや悲しさを見せない表情をされたのである。

人間、誰もが悲しい時は悲しい表情や態度になる。
しかしながらそんな時こそ、逆に明るく振舞うことができる方こそ、
厳しい世の中を生き抜いていけるのではないだろうか!

苦しいことや辛いことがあった時、
自分を試されていると思い、逆に明るく振舞える人になった時こそ、
人として成長をしたといえるのではないだろうかと、つくづく感じさせて頂いた。

メンタルタフネス。
これをより一層、学ばなければならないと感じた今日であった。







無駄な時間は存在しない!
最近、℡で会話している方が「風邪をひかれましたか?」ということが多かった。
原因は鼻づまり。
何に反応しているかは定かではないのだが、季節はずれの花粉症とでもいうべきか?

でも、自分も苦しいし、他の方からみても聞き苦しいのである耳鼻科を受診した。
ここは有名なアレルギー科がある耳鼻科なので、案の定多くの患者でごった返して
いたのだが、それとは別に看護婦さんの数も半端じゃない。

正確に数えた訳ではないが、20名近くいるようであった。
名前を呼ばれ、診察室に入るまでに30分、ようやく入ったと思ったら
そこでも10名位が待っているではないか!

まあ、しょうがねえな~と思いつつ、
診察室の模様を何の気なしに見ていると、そこにはまさに“大奥”のような
光景が目に入ってきた。

それぞれが役割分担された任務をこなしているのだが、
先生の傍には“大奥取締り役”らしき看護婦さんの姿が。
見るからに切れ者で、率なく仕事をこなしている雰囲気である。

診察の順番になり、症状を先生に伝えていると、
先生は治療法を説明し始めた。
すると、先生が右手を挙げると、その手にその説明と治療法が載っている本が
そのページが開いた状態で完璧に差し出された。(お見事と思わず声を上げそうになった)

そう、大奥取締り役の看護婦さんの絶妙なアシストだ。
「スコープ」と先生がいうと、これまた絶妙なタイミングで手渡す、
さすが、この人数の中で取り締まりを努めるだけの完璧な先生の“右腕”なのであった。

そのポストを虎視眈々と狙って??いるのが、これまたその傍にいる
切れ者(単純に見た目だが)がここぞとばかりのタイミングを計っていたのである。

いやァ、勉強になった。
受付してから終了するまで、かなりの時間があったのだが、
病院にいって全く退屈するどころか、絶妙なプロのアシストを見せて頂いただけでも

有意義な時間を過ごせたのであった。
でも、それぞれの看護婦さんに役割があるのだが、それ方の雰囲気に似合った仕事が
割り振られているのは、気のせいではない。

適材適所とはよくいったもので、人の上に立つものには、
それ相応の雰囲気や面構えは、重要であると再確認させられたのであった。

人生すべて勉強!
無駄な時間は存在しないのだ。

それにしても、最後の鼻の洗浄の苦しいのには参ったな。
これも人生修行の一つである。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265