夢を叶えるには!
CIMG1170.jpg
写真はヒロトレで夢に向かって頑張っている2人である。
今、ヒロトレには十数名の小学生が通っているが、
今回は龍(小6)と正寛(小5)を紹介します!

それぞれ将来の夢はプロ野球選手とプロゴルファーになることである。
龍はこの間、生まれて初めてホームラン(ランニング)を打ったと
嬉しそうに報告してきた。また、ある試合で2死満塁で監督に「誰か行くか」と
選手に問いかけた時、自ら立候補して代打で登場!

見事ヒットを放ち、自信を深めた。
50m走もトレーニングのおかげで、タイムが縮まったとやる気を倍増させている。
正寛もゴルフの練習の合間を見ながら、熱心にジムに通っている。

ゴルフの練習もよく熱心に通い、雨の中でもカッパを着てラウンド練習に勤しんでいる。
この間、積極的に攻めていかなけばとラウンドの途中にハッパをかけたのだが、
そのあと、3ホール続けて消極的になっていた。

可愛そうではあったが、同じ攻め方をしていた2人に坂道ダッシュを命じた。
攻めなければ夢は叶わない!
やはり行動も練習も自ら率先して行い、自分自身をアピールしてほしいものである。

タイガーウッズの父親、アールウッズ氏の著書に
「子供の才能は練習しなければ、フルに発揮されることはない」とある。
夢を叶えるために、やることは一つである。




サプリメントの考え方②!
CIMG0420.jpg
昨日お話した通り、サプリは手軽に必要な栄養素を補給できる優れものなのである。
しかしながら、皆さんの中には誤解をされている方が多いのも事実である。

その証拠にアミノ酸というとアミノ○○と書かれている、ジュース類を飲んでいれば
大丈夫と思い込んでいる方がいらっしゃるが、中には2000mgとか4000mgなど効果が
実感できる量が含有されている商品もあるが、ほとんどが効果が表れない程度の
含有量に過ぎない。

またあまり気にせずに、プロテインだからとかメーカーだけで選ばれる方も多いが
自分に合った商品を選ぶことがものすごく重要なのである。
 
この間、外部のお客様がサプリメントについて教えて頂きたいと尋ねて来られた。
筋量を増やしたいということで、ドラックストアで勧められたホエイプロテインを
愛用しているのだが、下痢や腹痛を頻繁に起こし、筋肉もあまり変わっていないような
感じがするというものであった。

話を聞き、この方にはプロテインの成分(原料)が体質に合っていないことが
推測でき、原材料の違う種類のプロテインや摂取のタイミングも見直した。
以外と自分に本当にあっているサプリに出会っている方は少なく、
ただ何も考えずに購入されている方が多い。

ゴルフクラブでも今はフィッティングといってデータを計って、自分に合ったクラブを
選ぶ時代である。
であるなら、自分の体質や希望する目的に合わせて、サプリのフィッティングを
するべきではないのだろうか?

このように幾ら高価な品でも自分にあったものでないと、効果を実感できない場合や
逆に損をすることになるのである。
店員が本当にすべての商品を飲んで吟味したわけでもなく、
飲むタイミングも一般的なタイミングを勧めるだけでは??ではないのだろうか。

やはり口に入れるものだから、納得し、自分に最適な品物を購入することを
お薦めをいたします。

サプリメントはヒロトレで!

サプリメントの考え方!
CIMG0420.jpg
ある高校球児のお父さんより相談を受けた。
4月より高校の野球部に入部し、好きな野球に打ち込むための準備は整った。

しかしながら、入部してもう3kgも体重が減少して身体に負担が出るのではないか?
というご相談であった。体重が落ちるのは単純に摂取カロリーより消費カロリーが
ある期間続けて下回ることにより起こる減少である。

であるならば、摂取カロリーを増やせばいいのであるが、ここでのポイントは
太りにくい体質と普段より食が細いらしいのである。
この落ちた3kgが体脂肪なら問題はないのだが、こういう体質の方は過度な練習で
まず筋肉が分解してしまいやすいと言えます。

そこで練習の前と直後に必要な栄養素を補給するサプリメントを提案した。
これにより3度の食事に加え、他に2回栄養素を補給できることになり、食が細い方でも
しっかりと栄養素を吸収できる。

この場合、普通はプロテインを考えられると思うが、このケースでは糖質をうまく使い
分けることが重要である。運動前に適量の糖質とタンパク質を補給すれば、
そのエネルギーで筋肉を守ることが可能になり、
一般にはトレーニング後はプロテインを摂取される方が多いと思うが、
まずは消費された炭水化物を素早く補給し、その後タンパク質を補給することに
より筋肉作りに役立つのである。

サプリメントは薬??と誤解されている方が多いと聞くが、
これは間違った認識であくまでも“栄養補助食品”といって3度の食事で
補えない不足分をインスタントになおかつ、いつでも携帯できるといった特徴が
スポーツ選手には最適であると言えるのです。

明日もサプリメントを検証いたします。



スポーツ心理学
昨日夜、遼君の結果を知るためにビデオを見たが、その時にはすでにイーブン
までに、スコアを崩していたので残念と思いながらチャンネルを変えた。

ちょうどプロ野球広島ー巨人戦が行われていた。
7回を終わり、5-2でカープがリードしていたが、8回から好投のルイスに変えて
横山が出てきた。

先頭のゴンザレスがヒットで出塁し、続く古城が2ランホームラン。
一挙に1点差まで巨人が追い上げた。代打谷がしぶとくライト前にヒットで続き、
坂本の時には、キャッチャーからの送球をショート梵が後逸、ノーアウト1、2塁で
絶好のチャンスを向かえた。

この場面で気になる出来事が起こった。
セオリーならば送りバントで、1アウト2、3塁で外野フライで同点、1ヒットで
逆転の場面。

ここで原監督が次打者の亀井にかなり長い時間をかけてアドバイスを送っていたが、
ここはバントのサイン一つで済ますのが定石である。
なぜならば、それで無くても野球をやっている選手ならば、ここが大変重要な局面で
あることは誰でもわかる。

そこで必要以上に選手にアドバイスすることは、逆にプレッシャーを増幅するだけだ。
仮に局面によってはバスターを入れるのであれば、理解できるが100%バントの局面で
不必要な采配であった。結果はキャッチャーへの凡フライで最悪の結果になった。

結局、このまま5ー4で広島が逃げ切るのであるが、
本当に心理学とは重要なのである。
心の戦いに勝てなければ、勝者にはなれないという興味深い出来事であった。

ちょうどその頃、私も夫婦喧嘩の真っ只中であったが
こんなことを分析しながら、行っていたのでいつもどうり敗れ去った。
今まで勝ったことがないのも心理学の差か??






期待に応える!
本日、東建ホームメイトカップで期待の遼君がトップに立った。
明日は最終組でプロ転向後、ツアー2勝目を狙うのである。

本当にすごいの一言に尽きる。
あれだけ高額の契約を結び、やはり少しはその重みというか、
多くの人の期待やプレッシャーがあるのかと思ったが
この選手には当てはまらないらしい。

まだ16歳、高校2年生である。
自分がジュニアの頃は川岸君が期待の星として、注目されていたが
高校生の良兼が北国オープンでジャンボをオーバードライブしたなどと注目されて
いたが、飛ばしでジャンボに勝ったとか負けたとかで記事になっていた。

もちろんスコアでは怪物もプロには敵わず、スケールの大きさで注目されていた時代が、
今や高校生がプロのツアーに勝つ時代である。

思えば本当に早熟というか、すごい時代になったものだとつくづく感じる。
それにしても遼君はすごいものである。
こうなれば明日も勝ってもらって、男子ツアーが再び盛り上がることを
期待したいものである。

ジムの会員のあるプロゴルファーが今日、このように語っていた。
これで少しは再びブームが訪れて、「こっちにも回ってくるかも」と
そうプロも彼に期待しているのである。

その期待に応えることができるのか?
明日が楽しみである。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269