自分に打ち勝つ!
CIMG1599.jpg
昨日、“長い”ボディビル選手権が無事終了したのであるが、
長いというのは選手がそれぞれ食事制限をし、食べたいものを我慢して頑張ってきた
準備期間が長いため、当分ゆっくり休んでという意味でのことである。

しかしながら、今日も数名の出場選手が早速、来年に向かって練習を開始した。
気分よく練習が出来た選手もいれば、悔しさを感じながら練習したものもいるだろう。

数年前、こんな出来事が起こった。
ヒロトレ会長と私の子供2人が夏休みを利用して1泊2日の旅に出た。
行き先は“別府温泉”

実は会長の新婚旅行は“別府・血の池巡り”で、その思い出ではないのだろうが、
3人で別府に旅立った。きっと他界した母も現地で合流していたのでは?!
楽しい旅行を終え、

2日後の夕刻、子供達を家に送り届け、ヒロトレに会長は帰ってきたのだが、
会長の気を使う性格(子供に万が一起こらないため)を一番よく知る、
(何といっても43年の付き合い??)

私はきっと疲れているだろうと思い、「帰って休んだら」と声をかけ、
「分かった」と返事をした会長。

それから新規会員の指導をしていた私は、数分後に衝撃を受けた。
何と会長が“ぶら下がって”いるではないか?
そう、早速背中の種目“チンニング”をしているのだ。

この時直感的に感じた。
(日本一になるというのは、こんなにも大変なことなのか)
当然、心身とも疲れはピークに達していたと思うのだが、
ライバルに勝つ前にまず“自分に勝つ”そんなことを

本当に“背中”で教えて頂いた。

引退しない限り、また次の試合が待っているのだから、
がっかりしている暇は無い。すぐ練習、さっそく練習あるのみである。

今日は数名の選手にそんな思い出を再確認させて頂いた。
でも、今日から始動する選手は来年はもっと活躍するだろうという期待と
“夢が叶う”ことを心より願うのであった。

それにしても写真は昨日の会長のゲストポーズの一コマであるが、
恐るべし“72歳”である。
いつものように今日も“ぶら下がって”いたのであった。

スポーツジムはヒロトレ!






ボディビル選手権!
CIMG1584.jpg
5日のブログでお知らせの通り、本日、広島県ボディビル選手権を開催した。
結果は総合優勝は河村秀美選手(広島トレーニングセンタ-)がクラス別70kg超級、
マスターズ40の部と合わせて、3部門を制し完全優勝を果たした。

バルク、ディフィニッションとも他を圧倒しての優勝であったが、
優勝後も元々の控えめな性格の為、人当りのよい態度や他の方への接し方など、
紳士的な対応に多くの方が好感を持たれたのではないだろうか。

今から2ヶ月前、自分自身でこんな仕上がりで大丈夫と思い込み、
1ヶ月位減量を停滞させていたことがあった。

ちょうど、その頃仕上がり具合のチェックをした時、
「今の調整では全然甘すぎる」と指摘し、本人に残り1ヶ月半で、
メイチの勝負駆け(全力で調整する)をしないと間に合わないと忠告。

それからは目の色を変えて調整し、何とか間に合ったようで、
試合後、「見てもらって良かった」と安堵の言葉に2人でホッとしたのであった。

まあ、今回は10年ぶり出場した選手が、“男の意地”を見せて、
3位入賞とクラス別を制したり、また、生まれて初めてトロフィーを獲得し、
感激していた選手あり、お孫さんと表彰台で2ショット記念写真を
撮れたベテラン選手あり、それぞれがいい大会だったのではないかと思う。

やっぱり、スポーツで全力を尽くして戦った後には、
見ている方もやっている方も“爽快な”気分になり、
その頑張りに胸を撃たれるものである。

やっぱりスポーツは素晴らしいということを、再確認できただけでも
今回の大会は非常にいい大会であったと自負できるのであった。
来年も選手の皆さんの頑張りに期待したいものである。

広島県ボディビル選手権
優勝 河村 秀美(広島トレーニングセンター)
2位 新谷 良信(音戸)
3位 川西 毅 (広島トレーニングセンター)
4位 鈴木 康仁(エイブル)
5位 早田 憲法(広島トレーニングセンター)
6位 平田 清士(広島トレーニングセンター)

新人
優勝 鈴木 康仁(エイブル)
2位 平田 清士(広島トレーニングセンター)
3位 田中 博 (オオメイカン)

マスターズ40歳以上
優勝 河村 秀美(広島トレーニングセンター)
2位 川西 毅 (広島トレーニングセンター)
3位 江頭 義信(呉スポ)

マスターズ60歳
優勝 田中 博 (オオメイカン)
2位 野原 雅吉(広島トレーニングセンター)
3位 宮本 近生(広島トレーニングセンター)

呉選手権
優勝 宮本 近生(広島トレーニングセンター)

広島県クラス別
60kg級
優勝 松枝 信孝(win)
2位 田中 慎一(広島トレーニングセンター)
3位 岩田 博和(広島トレーニングセンター)

65kg級
優勝 川西 毅(広島トレーニングセンター)
2位 早田 憲法(広島トレーニングセンター)
3位 平田 清士(広島トレーニングセンター)
70kg超級
優勝 河村 秀美(広島トレーニングセンター)
2位 新谷 良信(音戸)
3位 江頭 義信(呉スポ)

ご来場された皆様、並びに関係者の皆様に心より御礼申し上げます。







いざ臨戦態勢!
CIMG1581.jpg
昨日は県体協のおおいた国体結団式、壮行会が行われ、
体協の理事様から激励のお言葉を頂き、選手ならびに首脳陣にも
県を代表して、大分の地で戦えることを誇りに思い、また
胸を張って帰れるような成績を収めることを目標に掲げ、全力で頑張ろうと
思えるような式典であったのだが、

今年は少年男子にとって、躍進のきっかけとなるような活躍を期待したい。
来年度からは、多くの力のある選手すべてにチャンスを与えられることになるし、
戦力的にも充実することは明らかで、それこそ全国制覇も夢ではないと思っている。

であるなら、今年は最終年となるキャプテンの意地と、立派にエースに成長したものに、
今年躍進したニューカマーなど、それぞれの力を出しきれれば、上位入賞は
十分可能で、密かに期待しているのである。
出発は10日で、12~13日まで2日間競技で争う。選手の頑張りに期待する。

この日曜日には、県ボディビル選手権が開催される。
写真は新人賞と総合にエントリーする選手の直前の身体の状態であるが、

ボディビルダーは、コンテストコンディションに仕上げるには、
かなりの減量が必須で数十kg落とすものもいれば、中には60kgを切る選手が多い中、
60kg半ばで仕上げられたことは、食事の内容やサプリメントを徹底して
管理した賜物で、本当によく頑張った。
初出場の割りには、筋肉を残せた仕上がりに本人も"納得”している様子。

彼は昨年のコンテストを観戦して出場を決心し、まだボ歴11ヶ月ながら
1年間よく頑張り抜いたものである。

何でもすぐに結果が出ればそれに越したことはないが、
何年も出場している“ツワモノ”も多く、本人もすぐには勝てるとは思っていない。
でも数年後には優勝を狙っている様子。

でも一番大切なことは、自分が納得するだけ頑張ることが人生には
必要なことではないのだろうか。

今回も60歳を超えた“高齢者ビルダー??”(尊敬しています)も3名も参加するし、
ゲストの一人は72歳である。(もう一人はドーハアジア大会銅メダリストです)
本当に人間ドラマが多く見れていいですよ~!

皆さんもお暇なら、7日(日)、県民文化センター(紙屋町デオデオ裏)に
12時半に来てくださいね。当日券は¥2,500ですが、“ヒロトレブログ”読んだ方に
限り、¥2,000で販売いたします。(差額は私が連盟にポケットマネーで支払います)

必ず“ヒロトレブログ”読みましたと受付に申し出て頂いた方限定ですので、
ご了承ください。
当日お待ちしております。




難攻不落!
CIMG1542.jpg
本日、ある契約を交わした。
これは先週、とある営業マンがヒロトレに飛び込み営業にやって来た。
ここまではよくあることであるのだが、いつもは丁重にお断りを言い、
諦めて帰るというのが、いつものパターンであるのだが、

その理由の大半が忙しい時だったり、また本音を言わせてもらえば、はっきり言って
(たいぎい)※広島弁。意味はめんどくさい。のが本音なのである。

ところが今回は、ちょうど仕事が一段落した時でもあったし、
顔を見ていたら、なんか知らないが少し話を聞いてみたのである。

なぜ?理由は“鉄仮面”。
普通、営業マンは愛想笑顔で訪問するのが常道なのに、
このお兄さん、笑顔は全く無いのだが、的確に売り込みと
独特のしゃべり口で自分のペースに持ち込んでいくのである。

実は私も“鉄仮面”で今までの写真なんか、ほとんど笑顔のスナップは見当たらないし、
写真は実に“苦手”で「ハイ、チーズ」の掛け声を聞くと、本能的に急に顔が強張るのだ。
もし、犯罪者になれば、その時の顔写真は万全で、

多くの方が「やっぱり悪そうな顔をしてるなあー」と納得するであろう??
(別に自慢しているわけではないが)
そんなことで、「分かった、今と今後で違いを数字で説明して」と次回の約束をし、

今日、再訪の日を向かえたのだが、来たタイミングが
ちょうどスクワットの最終セットが終わったところで、やっぱりタイミン“グー”が
いいのである。(トレーニーはセットの合間だったら、誰でも少しムッとするが)

そう、営業は“タイミング”と人とは違う“個性”(鉄仮面か??)を持つことが
契約に繫がるのであった。

"鉄仮面vs鉄仮面”の駆け引きは、見事に寄り切られてしまったが、
本当になにが幸いするか、分からないのが人生の醍醐味であるのかな?!と
切に思っているのであった。

スポーツジムはヒロトレ!



ゴルフとGOLF!
先日、北京オリンピックで金メダルを獲得した石井慧選手の特集を見た。
石井選手の柔道は、1本勝ちに拘らず、勝つことに徹している柔道で、
例えば指導や反則で得たポイントを死守することに切り替えたり、
これが柔道というように技に拘らず、日本の砦を守ったともいえる。

これには、石井選手が実際に海外で、他国の強豪を稽古や実践を通して、
世界は“柔道”ではなく、“JUDO”(ジェイ、ユー、ディー、オー)であることを
認識し、それに対応できるような“JUDO”に変化できたことが金に繫がったのである。

本来、日本の柔道は井上康生選手や鈴木桂治選手に代表されるように、
きっちり組んで、1本を狙う柔道であるのだが、JUDOは変則的な組み手や
ほとんどレスリングのような、脚を取りに行ったり、タックルをしたりと、
それが今の世界の柔道なのである。

実際、オーストリア国際では優勝はしたものの、あわや1本を取られても
不思議ではない技を掛けられていたのである。

ようするに世界の柔道レベルはどんどん上がっているというより、
日本で教えてもらう柔道とは、全く違った武道が存在するのと一緒で、
考え方や取り組み方を全く考え直さないと
世界でメダルすら遠い道になりそうである。

最近、ゴルフ界でも日本選手の海外メジャーでの惨敗が続いているのだが、
数年前はそれこそ丸ちゃんが、全英で1ストローク差でプレーオフに残れなかったり、
していたものだが、最近では日本選手が予選さえ通過しない状況が続いている。

これは“ゴルフ”ではなく、“GOLF”なのでは無かろうか??
絶対的な飛距離の違いやラフからのショットなど、
世界では今までと違った“GOLF”が存在することを認識しなけらばならないのか!

とすると、本当に成長段階や根本的な身体づくりから見直して、
取り組まないと手遅れになる事態がやってきているのかもしれない。
そう、今回はそんな手がかりを石井選手のことで気づかせて頂いた。

もっと研究を重ね、さらなるレベルアップの手助けができるように
指導者としてやらねばならないことが、明確になって一層頑張るつもりであります。
未来ある若者のためにも。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284