早熟?大器晩成?!
お客様の中に東大を卒業後、エリート官僚として現在活躍中の
息子さんを持つお母さんがいる。

東大に入るぐらいだから、さぞかし小学生の頃より成績がよかったのですか?と
質問したのだが、以外や、宿題もほとんどしていかなかったそうだ。
これはお母さんが子供が毎日、学校に通うのが可哀相で?(母心)
あまりガミガミ言わなかったらしい。

俄然、本人が本気で取り組み始めたのは、高校に入ってかららしい。
お母さん談「小・中学のとき、1番であった子でもそのまま伸びていない子も
見てきている」「ゴムは早く伸ばさないほうがよい」という意見である。

また「遊びをしっかりやることが大切」1番大切であると。
小さいうちからスパルタで詰め込むと、ある程度までは早くレベルが上がり、
親としては気分はいいかも知れないが
「人生は総合力」ということも考えれば、子供らしい遊びの中で学ぶ経験も必要かと思う。

スポーツの世界でも子供の頃より、神童と呼ばれそのまま伸びているウッズみたいな
例もあれば、噂を聞かなくなった有望な子供もいるのも事実。
ただ、才能がある子供は頭角を現してくるのも早いのは間違いなく、
私が全国大会に初出場した高2の日本ジュニアには、ひとりの小学生が出場していた。

組合せを見た時、宮久保小?んッ、そう、そこには丸山茂樹と書いてあった。
当時、高校生中心の日本ジュニアにただ1人、彼が出場していた。

まあ、早熟もよし、大器晩成もいいのではないでしょうか?
大事なのは子供の特性や好きなことを優先して、導くことかなと思う今日この頃である。

スポーツクラブはヒロトレ!

積極的休息とは?
皆さんはトレーニング終了後やラウンド後、または翌日に身体に疲れを感じた
ことがありますか?また、普段疲労を感じた時にどのように対処されているでしょうか?

休息には安静休息と積極的休息(アクティブレスト)の2通りが存在します。
安静休息というのは運動終了後、いすに座ったり、横になって身体を休めたりするもので
逆に積極的休息とは運動後などに、軽い運動を行い、運動で発生した老廃物などを
早く除去することを言います。

激しい運動や筋トレ後には筋や血液中に乳酸(運動によってグリコーゲンや
ブドウ糖などが使われる時に同時に生成される老廃物)が蓄積し、
普段は中性に保たれている筋肉や体液が酸性に傾き、
疲労の原因になるといわれています。

そこで運動終了後に軽いジョギングや固定式自転車などを漕ぐと乳酸の除去速度を
著しく早めます。
例えば運動終了後に上記のようなクーリングダウンを行うと、安静休息している場合に
比べて1/3の時間で血中乳酸濃度が早くなるのです。

血中乳酸濃度を半分に減少させるには、安静で約25分程度、積極的休息を取り入れた
場合は約10分程度で済んでしまうのです。
準備運動を行う方は多いですが、今後は整理運動(クーリングダウン)も取り入れて
頂きたいと思います。

スポーツ競技力アップはヒロトレで!

一番大切なこと
昨日の中国新聞「この人」の欄に高橋善正氏が
中央大学の野球部監督に就任したいう記事が目に入った。
高橋氏が中大時代やプロの世界で新人王に輝いたという活躍を
知ったのは数日前であった。

それはちょうど日曜日に娘と書店にいった時、
ある本を購入した。その本の内容に高橋氏の実績や活躍が書かれていたからである。
その本とは約30年の間、プロ野球の打撃コーチを務め、
数々のタイトルホルダーを育成した、伝説の打撃コーチ 高畠導宏氏の生涯に
ついての内容であった。

高畠氏は非凡なバッティングセンスで一躍、中大、社会人で活躍、
南海ホークスに入団した。当時、南海の本拠地は大阪球場であった。
私は今から10年位前、なんばにあった大阪球場の中に入ったことがあった。
その当時は住宅展示場になっていたが、
グランドとスタンドが凄く近いので、ファンの声援を一番身近に感じられる
球場で、狭いながらもプロ冥利に尽きる球場だなと感じたことを思い出す。

高畠氏が打撃コーチに転任したのは、入団1年目に肩を脱臼したことが
その才能を開花させることなく、短い現役生活を終えることになる。
怪我が原因であった。

また話は違うが、荒廃していた当時の伏見工ラグビー部を1年で京都一、
5年で全国優勝に導いた私の尊敬する山口良治氏もインタビューで在任中、
子供達を親御さんが悲しませるような怪我や事故に合わせていないことが
一番喜ばしいことであると語られていたのである。

そう、やはり“怪我をしない”ということが大切なことであると再確認させられた。
今日もジムであるプロゴルファーとトレーニング最中の会話で、
ツアーに出ていると、環境がいいのでついつい練習をしすぎる傾向があるという。
それにより故障の危険性が高くなるそうだ。

やはり丈夫な身体が一番の宝なのだと感じさせられた。

広島トレーニングセンターは貴方の希望を叶えるスポーツジムです!



筋の働きを知っていますか?
筋(筋肉)は大きく分けて4つの役割(働き)を持っています。
今回は皆様にご理解して頂くよう、分かりやすい表現で文章にしてみます。
まず1つ目に運動や身体活動の中心になります。すなわち活動中、筋は力を入れたり、
抜いたりして運動や姿勢をコントロールしています。

2つ目は筋は熱を発生させるということです。筋は量が多いほど熱を多く発生させます。
筋量(筋肉量)が多いと延いては基礎代謝量がアップし、身体に無駄な体脂肪を
つけにくくしたり、体脂肪を分解する能力が増大します。

3つ目は身体の循環を促進します。筋は圧力が加わると、一時的に血液等などが
その筋より放出され、弛緩(ゆるむ)ことにより元にもどりやすくなります。
ですから筋は血行の促進にも影響を与えます。
循環障害の代表的な肩こり腰痛等などは、筋運動が普段より行なわれない為、
血行障害が原因になっていることも多く見受けられます。

4つ目は骨や関節を保護し、理想的な位置に保ちます。
すなわち体型の維持をすることです。
中年以降お腹が出っ張ったり、猫背ぎみになるのは体脂肪の増加もありますが
筋肉が衰え、本来あるべき位置に保てないことが挙げられます。
また、筋は衝撃吸収の役割も行い、衝撃やねじれから関節や骨を守ってくれるのです。

これらのことをご理解していただくと、普段より筋(筋肉)を使うことの重要性が
分かるのでは無いでしょうか!

腰痛はどこへ行く!
腰痛に苦しんでいる方が多い。
痛みにもいろいろあるが、内蔵の異常で痛みがある場合を除いて
運動療法が有効である。

今月初旬に腰痛改善を目的にご入会されたKさん(29歳)の場合。
今まで腰痛を発症するたびに、病院や整体に通っていたそうだ!
しかし、一時的に緩和はするらしが、相変わらず再発を繰り返す日々。

思い余ってヒロトレにご相談にこられた。
ご入会後、腰痛体操と筋力強化運動、効果的なストレッチングを指導した。
ただいま2週間余り、すごぶる調子がいいらしい。

方法としてはまずはハムストリングスの緊張緩和を第1に考え、
それから様子を見ながら腰部周辺の筋肉を作り直す。

この作業を地道に続ければ、かなりの確率で調子が良くなる。
要は肩こりも腰痛も一種の生活習慣病であると認識されたほうがよい。
筋の改善・再生なくして再発は避けられないだろうと思う。

腰痛はジムで解消するのが、最も利に叶っていると思うのだが!
一度お試しあれ!

腰痛解消は広島トレーニングセンターで!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265