玄米 最強説!?②
前回の続きをお話しいたします。
広岡氏は今まで肉食中心だった野球界に自然食の重要性を唱え、選手に実践させ
又、ヤクルト時代には偏見されていたウエイトトレーニングを取り入れ、
ヤクルト・西武をそれぞれ日本一にした手腕は高く評価していいと思いますし、
私はその考え方に感銘を受けました。いまでは他の方が玄米や自然食を推奨し、
その食事法が30年たった今日、注目されているのですから食事・トレーニング共に
先見の明があったと言わざるを得ません。名監督です!
しかしながら、前回お話した反発とは!なにか?
実は選手には徹底した管理を強要したのですが、本人は選手と監督は別という
考え方で、肉食を続けていたという話なのです。
監督の晩年には痛風を患っていたという。
但し、痛風は遺伝的要素も含まれているのですから、一概にはいえませんが
美食や肉食中心の方に多いのも事実です。ここがこの話のオチです?!
こういう話をある会員さんに話したところ、次のような例えを述べられた。
(ジムにいってダイエットしようと思ったところ、ジムのオーナー(指導者)が
腹が出ていた!)
「痩せなきゃダメですよ」と言われても、言っている本人が胸より腹が出ている。
といった具合ですか。反発されても仕方ないよな。
「トレーニング界にはバルクアップといった体のいい言葉があり、
筋肉を大きくしている途中だから、多少は脂肪が付くのは仕方ないという
甘い考えがある。ある意味では正論ではあるが指導者の立場からすると?
またパワー系の選手なら理解できるが、少なくても指導者と名乗るので
あれば、年間を通して腹が出っ歯らないようにしないと。
いくら胸や肩・腕が大きくても、腹が出ていたら
ただのデブよ。」とさすがベテランの会員のお言葉!
そういえば先週のブロードキャスターに廣田夫妻が出ていた。
真冬の動物園で2人で動物の前でポーズをとっていたが、さすがよく絞れていた!
指導者は責任のある仕事、日々の精進を怠ってはいけないと感じました。
玄米を食べてて良かった!

スポーツクラブ選びはヒロトレに!

玄米 最強説!?
今回は野球の話題です。
77年、ヤクルト監督2年目の広岡達朗氏はチームに早速、麻雀やゴルフ禁止令を出し
飲食や喫煙にも制限を加えた。反発もあったものの翌年、チームは日本一に輝いた。
また82年、創立4年目の西武ライオンズは優勝請負人として広岡氏を
監督に就任させ、早速「肉は腐った食べ物である。牛乳も農薬のかかった牧草を
食べた牛から搾るので“毒”を飲んでいるもの」と主食は玄米食、肉の摂取量を
制限させた。
当時、日本ハムの監督の“カッだ”で有名な大沢啓二氏は「草の葉を食べている
ヤギさんチームに負けるわけにいかない」と挑発したが、プレーオフで西武に
1勝3敗で敗れ、西武は就任1年目から日本一に輝いたのである。
 昨年、「病気にならない生き方」という本がバカ売れした。私も3巻全部
読まして頂いたが、大変興味深い内容であった。
「白米は死んだ米である。体によいとされてきた乳製品も日本人の腸には合わず
肉食も同等である」と。また野菜、果物やよい水を摂取することを薦めている。
実は私も何年も前から100%の玄米を食べている。
もちろん家族も一緒である。
食べ初めてまず実感できたのは、体重が増えにくくなった。結構、おかずとか
食べるですが太らないのと腸の働きがよくなり、変な話し便の状態が
全然違う。食べるだけで痩せるイメージである。
但し、美味しくない。たまにゴルフ場の昼飯で白米を食べると
(こんな美味しいものを毎日、食べている奴に負けてたまるか)とか
子供達もたまに白米を食べると“うまい”と唸る(白米で幸せを感じるのは
安上がりでよい)
実はヤクルトも西武の選手もこの“反発心”で日本一になったらしいのです。
但し、この反発心には実はある別の意味があったらしいのですが、
これは次回にお話します。
育成にいく時間なので今日はタイムアップです。
ごめんなさい。

広島のスポーツジムはヒロトレ!


尊敬する82歳!
画像 005.jpg
私の尊敬する人物の一人をご紹介します。御歳82歳の田村氏です。
田村!?。そうあの中年の星、日本代表の田村尚之君さんのお父さんで、
今から6年前にヒロトレでトレーニングを初めて以来、今も週2回のペースで
通われています。
特に感心するのは毎日、朝の散歩(1~2時間)や週2回のジム通いを欠かさず
また週に1回はラウンドをされていることです。(普通は続きませんよ~!)
お父さんを見ていると元気でいられるというのは、決して運とかではなく
努力の賜物だといつも感じさせてくれます。
また紳士であれだけすごい息子さんがいるのに、自慢することなくいつも穏やかで
謙虚な姿勢は感心いたします。
楽しみは息子さんがオープン競技に出場する時に、現地に応援にいったり、
観戦に行かないときはインターネットの速報で一喜一憂しているのです。
しかし、今年はいつも応援にいく日本オープンに行かなくて、私は気になっていました。
11月に兵庫県で日本ミッドアマが開催されました。もちろん田村くんも3度目の優勝を
狙って出場します。
「お父さん、最終日に私が運転しますから、応援にいきましょう」と私。
「いってくれるかね」とお父さん。1週間前に即決しました。
最終日の前日、15時頃お父さんより℡あり「今日は崩れて今、10位くらいじゃが」
「いや行きましょう」と私。
その10分後、また℡あり
「だめじゃ。もう優勝はない、なにをしとるんかのォ(by広島弁)、わしゃいかん」
とのこと。「そういわずに」との説得もむなしく"怒"状態!
この気持ちは親であればいやというほど分かる。
ひいきがゆえの歯がゆさ、いつも温厚なお父さんでもなんとか勝たせたいという思い。
いつまでたっても親は親で、いくつになっても子供は子供なんですよね~。
まあ、お父さん!今年も応援にいきましょう!
私はきび団子をもらわなくてもいつでもお供いたしますよ。

広島のスポーツクラブは広島トレーニングセンターです!

見違える身体に!
年始の誓いの一つに今年こそはダイエットとか
男性は逆三角形の引き締まった身体を作ろうと決意した方もいると思います。
スタイルをよくするコツは必要な筋肉は肥大させ、無駄な体脂肪を燃焼させるに
つきると思いますが、まずは筋肉づくりを優先すべきです。
逆三角形のシルエットの基本は肩・背中の筋肉を肥大させることが鍵になります。
筋肉には瞬発的な動きに主に働く「速筋」と持久力に優れた「遅筋」という
2つの筋肉に大きく分けられ、一般的には肥大させるのにターゲットにする筋は
「速筋」を刺激することが適切であると言われています。
速筋を刺激するトレーニングとしては筋トレ(レジスタンストレ)やダッシュの
ような「無酸素運動」が有効です。その逆にウォーキングに代表されるような運動は
「有酸素運動」と言われ、体脂肪を燃焼させるには非常に効果的ですが、
筋肉を肥大させるには効果は薄いといえます。
ですからまず筋肉を肥大させる筋トレを優先させ、筋を少しづつ肥大させていきましょう。
筋量(筋肉の容量)が増えると基礎代謝が上昇します。
車に例えるとエンジンの排気量になります。5000CCの車は2000CCの車より
ガソリンの消費は多いはずです。車はハイブリッドが人気がありますが
人間はハイブリッドの方が多くなって、なおかつ美味しいガソリンを大量に給油するので
(星が3つやら5つやら?!、庶民にはそんなの関係ねェ!)
メタボが危惧されるのも理解できるのではないでしょか?
筋トレは正しいフォームやテンポ、負荷(抵抗)の設定をすれば
年齢にかかわらず効果が見込めます。
今年こそと思っておられる方、まず筋トレから行ってください。
3~6ヶ月後を楽しみに!

広島スポーツクラブならヒロトレ!

成人式
今日は成人式ですね。
本人はさほど感激はないかも知れませんが、親御さんにはいろいろな
思いがよぎるのではないでしょうか!
ちなみに私は式には部活で出席しなかったのですが、当時、住所があった平塚市は
記念講演としてガッツ石松氏を呼んでいた記憶があります。
成人式といえばある出来事が思い浮かびますが、
その2ヶ月前、ちょうど20歳の誕生日の日に、静岡・伊豆スカイラインという場所で
車の転落事故に巻き込まれました。
巻き込まれたというよりも実際に転落した車の後部座席に同乗していたのです。
7~8m位の谷に回転しながら、転落していった感覚はいまでもはっきり覚えています。
運転者は部の先輩、ちょうど1日合宿で現場に向かっていた途中、後ろの先輩の
車とカーチェイスみたいなことが始まり、私は後ろの席で
「やめましょうよ。先輩」といい続けていたとたん、
カーブを曲がりきれずに谷に転落していきました。
運良く何回転したところで止まったのですが、当時、西部警察というドラマを
高校の時によく見ていたので、すぐ車が炎上すると思い、
先輩達の(あと3名)顔を踏み台にして、自分だけ車外に飛び出ました。
命の危機になれば先輩もありません。(但し、不慮の事故ならそんなことはしないと思う?)
はっきり言って激怒り!
あれだけやめてくれと懇願したのに、冗談じゃない。
と思い怒りは収まらなかった記憶が蘇ります。
その日は20の誕生日。もし死んでいたらこれだけ親不幸はありませんよね。
成人式になると思い出します。
ただ、一度死んだと思えばOBの一発や二発くらいと思うのですが
まだ修行が足りません!

広島スポーツジムならヒロトレ!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265