広トレ-ブログ

広島トレーニングセンター&プロショップの気になる出来事、情報、トレーニング論、管理人日記、監督のぼやき(-_-メ)(笑)・・・などを随時更新いたします。
体質も関係あります・・
真夏の炎天下で
幼少の子供達や高齢者様に熱中症という
危険が迫っているんですが、

よく言う水分の補給をすれば大丈夫という
問題ではないことがあるんです。

例えば、幾ら塩分の含む水分を摂ったとしても
身体の熱を下げるために体質により
考えられない位の汗をかく方もおられ、

飲んでも飲んでも排出すれば
これでも熱中症の症状が出てしまうんです・・

だから、水分摂っていれば
大丈夫ということではないということなんです。

勿論、高齢者様は若い頃に
水分を摂る生活をしていないために
(運動中にも水飲ませて貰えなかった)
油断による熱中症ということも多いんですが、

これにより命に係われば
元も子もありませんよね・・

だから、自分の体質をもう一度確認して
汗をかきやすいのであれば
その対応をしないといけませんし、

逆に汗をかきにくい方は
熱が籠りやすいので
普段から発汗に対する感心を持つ必要があると
いうことなんです。

もう少しで夏も終わりますが
気を抜かずにお過ごしくださることを
願っております🙇

スポーツジムは広トレ!

permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
頭が下がる🙇
女子ソフトボールの世界選手権にて
日本は惜しくも2位に終わったんですが

その中で同日の準決勝に投げ、
その3時間半後の決勝も一人で投げ抜いたU投手に
心より拍手を贈りたい🙇

U投手と言えば
08年の北京オリンピック金メダル時から
不動のエースで

36歳になった今でも
日本代表のエースというのは
本当に頭が下がる思いです🙇

後、2年後の東京五輪を視野に入れ、
日々の努力や節制を続けていることは
本当に凄いことですが、

そろそろU投手をサポート出来る若い投手が育ち、
休ませながら継投やらという策が
取れるようになることが

東京五輪での金メダルに繋がるような
思いがいたします!

何にしましても
U投手には東京まで頑張って貰いたいのと
そのモチベーションの維持、節制を
心から讃えたいと思っております🙇

スポーツジムは広トレ!
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
こんなことあり?(+_+)
ボクシング連盟の内紛も
一応の決着が出てきた感がありますが、
また別のことで?って思うことがありました・・・

何でもプロの世界王者に4度も君臨した選手が
アマに復帰し、東京五輪に出場を目指していると
いうことを情報で知りました・・

当然、そんな実績がある選手なんですから
東京五輪では金メダルを狙う目的なんでしょうが・・

只ね、プロの頂点まで登り詰めた選手が、
何でいまさら五輪?っていう疑問を感じました(+_+)

普通の図式なら
アマの舞台で活躍し、五輪でメダルを獲って
それでプロに転向し、プロの世界チャンピオンを目指すってことが
ごく普通だと思われるんですが、

その最終頂点に立ったことのある方が
なぜ?アマに復帰し
いまさら金メダルに固執するのかというのが
不可解でなりません・・

まあ、ルール的には問題は無い?のでしょうが
自分のやってきたプロという世界王者を
軽んじているような思いがします・・

誰が考えても、アマよりプロの方が
相対的なレベルは高いですし、
そのエリートが集まった中でのプロの世界一というのは

その上にあるのは
例えば”統一王者”(6団体が乱立していて
ある意味世界王者が6名存在することになる)とか
防衛回数とか何階級制覇以外に無いと感じます・・

ですから、もし五輪に出たとしても
メダルを獲ったとしても
?という感は否めません・・・

勿論、自分の人生ですから
ルールに則って行動を起こせば問題は無いのかも知れませんが

他の世界王者らにも配慮し敬意を持ち、
プロの世界王者が”頂点”なんだ!という気概は
持ってもいいとは思いますが?!

様々な考え方があるということですね(+_+)?














permalink | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
子供に付き合う‼
子供を東大に合格させるには
幼少時から子供の遊びに
親が徹底的に付き合うという
お話を林先生が語られていました。

例えばトランプの神経衰弱!

これを子供が「もう止める」というまで付き合うとか、
何かそんなことが有効らしい・・

林先生曰く、子供に集中力が無い場合は大抵その親も
集中力が無いらしい・・・

つまり、親が子供に付き合い、
我慢できるからこそ、その影響で子供に集中力が
身に付くという理論であったのだ!

そう言われると我々親子には朝練があったことを思い出す!

小学校の頃から真冬でも真夏でも
早朝5時からコースまで行って朝練していた・・(+_+)

足首骨折してても、おぶってコースの練習場で
椅子に座らせて球を打たせていたこともありました・・
それも早朝(T_T)w

決してプロにさせたいのではなく、
(どうせやるんなら上手い方がいい!
どうせ勉強するんなら出来る方がいい!
どうせ試合に出るんなら優勝した方がいい!)

という考えは昔から全く変わらない・・

ましてや、我が子ならその思いは数倍だ!

(試合に出た時、
一番最初に名前を呼ばれたらこいつは
どんなに気持ちいいか!)その一心でしたね。

今考えるとよく出来たな(+_+)と感心するんですが
男と男の意地もあったと感じる・・

もし、一回でも長男が「寒い、辛い、眠い」っていったら
その時点で朝練は中止にしようと思っていたが
全く言わなかった(+_+)

(何故だ?何故なんだ(T_T))

だとしたら親父が「寒い、辛い、眠い」って言ったら
これまた親父の威厳が地に落ちるw
(本音はかなりつらかった(>_<)
なにせ毎日睡眠時間4時間だったから)

でも、私は子供に最後まで付き合った(+_+)

この話のように親が徹底的に付き合った!
(軍配は両者意地のフルタイムドローw)

だから集中力が身に付いたかは分かりませんが、
そんな理論を聞くと少しは彼のお力になったのかと思うと
感慨深いものがありますね(^o^)

今、もう一度やれ!って言われても
もう自信はありませんがw
私のよき思い出であることは間違いありませんね(^o^)

何せ○○だからw

スポーツジムは広トレ!




permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
空気を読める・・(+_+)
例えばね、キツい口調でものを言われても
気心しれている相手ならば
本心は解るわけなんですから

相手は全く問題にもしませんし、その言葉の裏側にある
本音まで解るわけですよね・・
(言葉、表現は汚くても、
叱咤激励の意味合いは感ずるし
認めているからこその表現もある)

それは長年かけた信頼関係であったり
(師匠と弟子など)
また、その方の性格を知っているからこそ、
それがブラックジョークなんか、
はたまた本音かも瞬時に解ることなんです・・

でも、そんな間柄を知らない方は
その言葉の深い意味も分からずに勝手に自分なりに反応する。

まあ、それが空気の読めない方のやることだと思う。

空気が読めないというか
多分、人と対して係わっていないから
その見極めが悲しいけれど出来ないのだろうと思うこともある。

でもね、それは多くの方がそういう評価をされていたり
やはり同じ考えを持たれている方がいるってことは
自分が損をしていることに
気がついていないのだろう・・

この間の某番組で
友達は少ない方がいいって発言されていた方がいましたが
上辺だけの付き合いが幾ら多くても
その通りであまり意味はなく、

その方をちゃんと理解して
接してくれる方(親友、仲間)が少数だとしても
浅い付き合いの方が沢山いる方よりも幸せと感じる!

上辺だけで常にお世辞言ってもらう相手より
敢えて厳しいこと言ってくれる方の方がどんなに有り難いか!

そううけ取って貰うことを心から願いたいね!

スポーツジムは広トレ!






permalink | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292