素晴らしいと思います<(_ _)>
昨日、ご入会のとある顧客様は
ある道(芸事等)を幼少の頃から続けていて
何とその年数は“60年”(*_*;・・・

半世紀以上に亘って、
一つのことを続けていることになる。

凄いよね(@_@;)

一般に試合に勝つとか負けるとか
とかく勝負の世界に入るとそのことばかりに
思考がいってしまう傾向がある。

まあ、それはそれで悪くはないと思うんですが
もっと勝つことよりも
難しく、大変なことは“続ける”ことだと思う。

誰でも最初は新人!

当然、上手くはいかないし、失敗の連続だ。

しかしながら、そこを乗り越え
日々の努力を怠らなかったら、少しづつではあるが
進歩をいうご褒美が貰える。

でも、多くの方はそのご褒美が貰える前に
その歩みを止める方が多いのではないかな・・

続けることが出来たなら
一番大切なことが身体に身につく。

これは一生の財産にもなる。

だから、一つのことを続けている方の多くは
“魅力”がある。

言葉では表せないが、独特の魅力を感じる!

それが人生というものなのかも知れない・・

やはり、自分磨きの為にも何かを続けて頂きたい。

そうすれば、何かが充実してくるだろうし、
この道50年、いやそれ以上出来たなら
こんな幸せなことはないかも知れない。

続けることの大切さを昨日学ばせて
頂いたことに感謝したいと思う<(_ _)>

半世紀まで後15年・・(*_*;

スポーツジムは広トレ!





気持ちに訴える・・<(_ _)>
27日のこと。

夕刻を過ぎ、忙しくしていると
田村尚之プロが訪れた・・・・

下関GCでの山口県オープンで2位タイに入り、
その脚でその日の内にトレーニングを
当たり前のように遂行する・・・・

先週は日曜まで静岡でのファンケルシニアに出場後
月は移動日、火・水と試合で勿論優勝争いに
加わっているのだから

肉体は勿論のこと、精神的にも
くたびれていても仕方ない・・・なにせ50歳だから(*_*;

でも、その日帰ってすぐに家族と過ごす訳でもなく
すぐにトレーニングを開始する・・・

アマチュアで無敵の頃から
こんな姿勢を見せていた彼だが、プロとして当然?
という意見もあろうが

プロとしての覚悟を持っている選手がどれだけいるだろうか?

ましてや、アマチュアで将来その世界に
飛び込もうとしている若者の中にそんな気概を持った
若手がいるだろうか・・と思うと

残念ながら、ほんの少数だ・・・・

いや、私の周りにも
一人二人位しかいないのが現実だ。

心から応援したくなる追い込みを見せる若者は
今の世相を反映してか、ほんの少数だし
淡泊な若者が多いのも特徴である・・

努力はしない、人に隠れてやる気概もない、
孤独に耐えて黙々・・ってことはしないが
負けたら一人前に口惜しいとは言う・・・

しかし、行動に現れなかったらその言葉を疑う。

この間、昔から知る若者が相談があるって
わざわざ来た。

「今後どうすればよいのか・・」っていう問いに

「最終的に人生の勝者になればいい」と答えた。

例えば、子供の頃から特定のスポーツだけを始めたとする。

当然、上を目指すのは本能だと思うんですが、
誰かは冷静な目で見て(この子は何に向いているんだろう、
何に才能があるんだろう)って少し冷めた目で
観察することが必要だと思うんです。

でも、多くは一番の適任者である親御さんまで
熱くなり、そればかりに熱中する傾向にある・・

だから、ある歳までは夢や希望に満ちているけれど
現実は厳しい・・(抜群の成績が出ない)

実際、その道で活躍・成功するものはほんの少数・・・・

現実は厳しいのである。

でも、もう後には引けない。
なぜなら他の見込みがあった才能を
見過ごしていたのだから・・・
(欧米の選手は他のスポーツも盛んにこなし、
勉学も両立する選手も多数いる)

だから、彼らに伝えたのは「やるんだったら、
後に引けないんだったら自分を変えろ」って・・

みんなそのスポーツで、勝つことがすなわち
すべてだ!人生だ!って考え方の方が多い。

でも、少なくても私の考えは違う。

いろいろ選択肢がある中から
一番自分が生かせる道を最終的に“自分”が選んで、
その道で人生の勝者になることを考えればいいと思う。

でも今さら、後に引けないんだったらやることは分かるよね。

田村プロのような気構えが無いと
この先,どう進むというのか?

人に言われるよりも
自分で冷静に考えることも必要だと思います。

人を感動させるような頑張りを見せる選手には
誰もが応援したくなるってものです。

そんな選手が沢山出たらなら、ツアーももっと活況に
なるような気がしますね(^O^)/

日本オープンには是非、応援に行きたいね(^O^)/

スポーツジムは広トレ!


















区切りはつきましたが(笑)
昨日、会長(金澤利翼)がミスター日本2度、
そして日本マスターズで8度目の優勝を飾り、
節目となる“10度目”の日本一を達成した!

前から目標にはしてきたことですが、
多分、これでトーンダウンすることは無く(笑)
益々、次なる目標に対して
今日から“練習”を開始すると思います。

一口に10回と言っても、昔はミスター全日本とか
ミスター浜寺とか大きな大会も制しているんだから
多分、正式に数えたら
当に10度は達成していたとは思うんですが

本人が言うんだから、それはそれでいいと思います(笑)

しかしながら、努力もさることながら
親から頂いた才能っていうものも感謝しなければならないと
思いますね・・大きな病気もしたことないし、
それを考えると感謝しかありませんね。
(墓参りに励んでいる成果かも知れません)

勿論、会長の場合はそれに人並み外れた摂生に
強い精神力がプラスされ、さらに磨きを掛けているんだけれども

昨日のゴルフの倉本昌弘氏も、
会長就任でそれこそほとんど練習できない状況でありながらも
昨日は最後まで優勝争い・・・

才覚って・・というのを肌で感じた一日でありました。

でも、いくら才覚があったって
やはり人一倍の努力や摂生がなければ、到底辿りつけない
領域なんですから、それはこの歳になっても
それが出来るっていう“気持ち”が凄いなって思います。

次戦は10月のグアムか、来年になるかは
分かりませんがまた、人一倍努力することでしょう!

これも、様々な方のご支援やご協力の賜物。
本人に代わり、厚く御礼申し上げます。

大変、ありがとうございました。

スポーツジムは広トレ!














やるしかないよね!
プロゴルフ資格認定テストが昨日終了した。

よく言う“プロテスト”っていうものなんですけども
この合格者の中に、私が国体の県少年男子チームの
コーチになった初年度のレギュラーメンバーだった
立花亮君が見事合格を果たした。

彼にとっては、この最終テストは今現在修錬をしている
ゴルフ場開催だけに、有利な半面、地元という
プレッシャーもあり、大変な状況だったと推測できますし
運気が来てるってことも、
逃してはならないチャンスだったと思いますが

4日間トータル3オーバーで、
合格ラインの5オーバーをクリアしたことより
プロライセンスを獲得したことになり、

そう考えると、よく頑張ったと思いますね(^O^)/

只ね、おめでたいことなんですけども
ここからが本当の勝負だと考えると
後10年後位に本当の意味の“おめでとう”なのか
“・・・・”なのかが分かるんじゃあないんですかね。

本人の努力と才覚、それに勝負運等々の様々な
要因が求められるし、
これからQT、ツアーでの活躍、それを何十年もというと

もの凄い大変だということは覚悟しておかないと
いけないだろうと思います。

合格した直後なのに、辛い話や厳しい話をするようですが
本人にもメールで祝福と現実的な文面も送りました。

それはどの分野に進むにせよ
これに慢心せずに、ここからが本当に勝負なんだ!と
いうことは、どこの親御さんだって言うと思います。

誰も保障してくれないし
活躍するか、しないかなんて誰にも分からない・・・

只、後で後悔して貰いたくはないですからね!

人にはそれぞれ自分を生かせる道があると思う。
スポーツしかり、ビジネスしかり、政界しかり、
医学界しかり・・・

その中で、自分が選んだ道なんだから
全力でやって、自分を追い込んで貰いたいですね。

目指していたのはプロだったけれども、
プロという将棋の駒にはなった。

でも、なりたいのは“王将”だったはず。

そこを忘れて貰わず
日々、精進して貰いたいですね(^O^)/



















お悔み申し上げます
ニュースで報道の通り
広島市では、本当に痛ましい大災害に
見舞われてしまいました。

まだ幼い子供さんから高齢者様まで
お亡くなりになられた方々に心よりお悔み申し上げます。

この度、多くの遠方の方々からのご連絡を頂き
幸いにも被害に遭わなかったことをお伝えしたのですが

災害に見舞われた前夜の午後7時頃からの雨は
雷鳴と共にもの凄いもので、入り口付近の道路は冠水し
水が入り口周辺に入って掻き出しすのにも
一時大変な有様でした・・・

広島は海と山に囲まれ
自然に満ちた素晴らしい街なんですが
元々平野部分が少ない為に、山を造成し
宅地を切り開いていかなけらばならなかったことも
一因にあるでしょうし、

近年はゲリラ豪雨というんでしょうか
特に雨の勢いが凄いとは感じていて
先月も確か台風の時に、冠水しそうになったことも
ありました。

こればかりは、自然のものなので
どうしようもないことなのですが
やはり危機管理と言いますか、
普段から
もし、そんなことになったなら・・って

他人事だとは思わずに
今一度自分に目を向けて一考することの
重要性をも感じました。

本当に行方不明者様もまだ多く
一刻も早く救出されることを祈ると同時に

不幸にも被害に遭われた方々に
お悔みを申しあげます。








1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269